行動ターゲティング広告とは?行動ターゲティング広告の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、行動ターゲティング広告の意味を解説していきます。

行動ターゲティング広告とは、
広告主となる企業のWebサイトにアクセスしたことのあるユーザに対して
配信するインターネット広告のことを指すマーケティングの用語です。

主にCookieでユーザーのWebサイト上における行動履歴や検索履歴から、
興味関心やニーズを分析し、最適な広告を選択して表示させる手法です。

行動ターゲティング広告では、
ユーザーが閲覧したWebページの情報、
つまり、Web上での行動履歴をもとに
ユーザーの興味関心でセグメンテーションする広告です。

代表的な行動ターゲティング広告に
リターゲティング広告があります。

リターゲティング広告をはじめ、
行動ターゲティング広告は1度自社のWebサイトに
アクセスしたユーザーに対して広告配信を行うため、
通常のノンターゲティングの広告よりも
コンバージョンレート(CVR)が高くなる効果を
期待することができる広告になっています。

行動ターゲティング広告はマーケティングにおける宣伝広告の手法のひとつ

行動ターゲティング広告はマーケティング戦略において
有効であるとされる宣伝広告の手法のひとつです。

顧客層の分析を行うRFM分析などを行い
優良顧客としてセグメンテーションできたターゲット層に対し
Web上の行動履歴を分析し、
それぞれのユーザーにとって最適と考えられる
情報やコンテンツを広告として配信します。

それぞれのユーザーに対して、
興味・関心のある広告を配信することができるので、
高い宣伝・広告の効果を期待することができる手法です。

そのため、マーケティング戦略においても、
高いROI(リターンオンインベストメント)、
つまり、投資利益効果の期待できる
宣伝・広告の手法として行動ターゲティング広告を利用できます。

行動ターゲティング広告の具体例:ニキビに興味のあるユーザー

では、行動ターゲティング広告の具体例を紹介していきます。

たとえば、ユーザーが直近に検索、表示したWebページが
「ニキビ」に関するWebページの場合、
そのユーザーの興味・関心がニキビにあると
推測することができます。

そのため、ユーザーの検索・表示履歴「ニキビ」に対しての
関連する広告を配信することが行動ターゲティング広告ということになります。

ですので、この場合の行動ターゲティング広告としては、
「ニキビ化粧水」「ニキビクリーム」など、
ニキビを改善するための商品の広告を配信することになります。

行動ターゲティング広告では、
その商品に関するサイトを見ている間、
または、その商品と関係のないサイトを見ている間にも
Web上での行動履歴から興味・関心があると判断したユーザーに
宣伝・広告を配信していきます。

そのため、行動ターゲティング広告では、
ユーザーが高い確率でその広告をクリックすることを
期待することができるのです。

日本における行動ターゲティング広告の具体例

では、日本で利用できる行動ターゲティング広告には
どのような広告があるのでしょうか?

日本でも行動ターゲティング広告を提供しているサービスが
複数存在しているんです。

日本で提供されている行動ターゲティング広告には
ヤフー(オーバーチュア)のインタレストマッチや
マイクロアド、DACのAudience Science / impAct
などの広告があります。

これらのサービスを利用することによって
行動ターゲティング広告を利用することができます。

行動ターゲティング広告の精度を高めるためには行動履歴の積み重ねが大切

行動ターゲティング広告では
ユーザーの行動履歴がそのままターゲティングの精度につながります。

そのため、ユーザーによる製品やサービスの購入、
それだけでなく、Webサイトの閲覧履歴など
ユーザーの行動履歴をデータとして積み重ねて、
蓄積していくことが行動ターゲティング広告の
精度を上げることになっていきます。

また、行動ターゲティング広告の精度が高まることは
ひとりひとりの顧客を相手にする
ワントゥーワンマーケティングの精度も高まるので、
結果的に高い顧客満足度につなげることができます。

個別のユーザーのWebサイトの閲覧履歴、
製品やサービスの購入履歴など、
アクセスの情報が蓄積されていくことで、
行動ターゲティング広告は高い効果を発揮します。

まとめ:行動ターゲティング広告

行動ターゲティング広告はユーザーそれぞれのニーズを重視する
現在のマーケティングの考え方においては
非常に有効な宣伝・広告の手法になります。

行動ターゲティング広告やRFM分析によって
それぞれのユーザーに最適な広告を配信することが
マーケティングにおいては非常に有効です。

Webマーケティング、Webサイト運営を行っている場合、
適切に行動ターゲティング広告を用いることで、
高い宣伝、広告効果を期待することができるのです。

以上が、マーケティングの用語、行動ターゲティング広告の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP