プログラマティックバイイングとは?プログラマティックバイイングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、プログラマティックバイイングの意味を解説していきます。

プログラマティックバイイングとは
広告枠の自動買い付けのことを指すマーケティング用語です。

プログラマティックバイイングではデータに基づいて、
リアルタイムに広告枠の自動買い付けを行います。

プログラマティックバイイングは運用型広告とも呼ばれていて
代表例にDSP(デマインドサイドプラットフォーム)などがあります。

プログラマティックバイイングは従来の広告よりもきめ細やかなコミュニケーションが取れる広告の手法

従来の手法を使った広告ではあらかじめ、
「どこに広告・メッセージを表示するか」を決めてから
1つの広告枠を買い付け、
不特定多数を対象とした単一の広告を表示するという
広告の方式しかありませんでした。

しかし、プログラマティックバイイングを使うことで
状況に応じて、その瞬間にコミュニケーションを取りたい消費者が
閲覧していると考えられる広告の枠を
自動的に入札・買い付けることができます。

そして、入札した広告枠に
指定した広告を表示することができるため、
広告によってメッセージを伝えたい消費者に対して
効果的に、効率的にメッセージを伝えられるのが
プログラマティックバイイングなのです。

プログラマティックバイイングを使うことによって
従来の広告ではできなかった
きめ細やかな消費者とのコミュニケーションが可能になったのです。

そのため、プログラマティックバイイングを使えば
広告を通じてOne to Oneのコミュニケーション、
ひとりひとりの消費者・顧客とのコミュニケーションも
可能にすることができるのです。

プログラマティックバイイングの定義とは?

では、プログラマティックバイイングとは
実際にどのような広告の方式、手法となるのでしょうか?

プログラマティックバイイングの定義として
Rocket Fuel社の例を紹介します。

Rocket Fuel社はプログラマティックバイイングとして
次の3つを定義しています。

プログラマティックバイイングの定義1

広告枠の取引がオークション形式で行われていること。

一定の価格で取引されている広告枠ではなく、
オークション形式で取引されている広告枠である必要があります。

プログラマティックバイイングの定義2

広告枠がリアルタイムで取引されていること。

プログラマティックバイイングでは
リアルタイムで広告枠の買い付けを行うので
広告の取引もリアルタイムで行われている必要があります。

リアルタイムで広告の取引を行うことによって
プログラマティックバイイングでは適切な広告配信が可能になるのです。

プログラマティックバイイングの定義3

ある顧客に向けて、ある特定の状況下で、ある特定の広告を見せる、
これらのニーズに応えることができること。

これらがRocket Fuel社の定義する
プログラマティックバイイングとなります。

プログラマティックバイイングのひとつ:DSP(デマインドサイドプラットフォーム)

では、プログラマティックバイイングの
代表例としてDSP(デマインドサイドプラットフォーム)を
紹介していきます。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)は
広告在庫の買い付けや広告配信、ターゲティングを
一括で行うことができる広告支援ツールで、
プログラマティックバイイングの一種になります。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を使うことで
自社のWebサイトにどのようなユーザーがアクセスしてきているのかを
タグ設置によってリアルタイムに計測することで、
必要な時に、必要な分だけのWeb広告、インターネット広告を
配信することができます。

DSPというプログラマティックバイイングによって効率的な広告配信ができる

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)を使うことで
広告主の目的に合わせた広告配信を一括でコントロールできます。

たとえば、パソコン向けの広告だけでなく、
現在インターネット利用の主流となっている
スマートフォン向けにも効率的な広告配信が行えます。

DSP(デマインドサイドプラットフォーム)、
つまりプログラマティックバイイングを利用することで、
これまでのディスプレイ広告(バナー広告など)における
難点や課題を解決することができるようになるのです。

その結果、伝えたい情報を適切なユーザーに、
しかも、適切なコストによって伝えることができます。

効率的な広告配信を行えることが
DSP(デマインドサイドプラットフォーム)、
つまり、プログラマティックバイイングを
利用する大きなメリットになります。

まとめ:プログラマティックバイイング

プログラマティックバイイングは広告配信の効率化、
さらに、消費者と広告を通じての
One to Oneコミュニケーションを実現することができます。

消費者のニーズが多様化していることからも
それぞれの消費者に最適な広告配信を行うことが求められ、
そのためにプログラマティックバイイングは
最適な手段と考えることができるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、プログラマティックバイイングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP