インタラクティブとは?インタラクティブの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、インタラクティブの意味を解説していきます。

インタラクティブとは「双方向」を意味する言葉で
一方的な情報発信ではなく、
相互の情報交換ができるコミュニケーションの形式を指します。

IT業界やマーケティングでは
インタラクティブというと双方向性のある情報発信を指します。

インタラクティブとは一方通行ではなくやり取りを行えること

インタラクティブ(Interactive)には
「双方向」「対話式」という意味があります。

そのため、インタラクティブといった場合には
一方通行ではなく、やり取りができる形式のことを指します。

一般的には情報発信やマーケティングの手法において
企業側が一方的な情報発信を行うのではなく、
消費者・顧客との双方向のコミュニケーションを取れる場合を指します。

ですが、元々のインタラクティブの意味はもっと広義的なものです。

たとえば、あなたがパソコン、キーボードを使い
文字を入力しインターネット検索を行ったとします。

そうすると、あなたが検索に使ったキーワードに対しての
検索結果がパソコンに表示されますよね。

これはあなたの検索キーワードに対して
パソコンがインターネットから検索結果を表示したことになり、
双方向のやり取りを行ったことになります。

実はこのように、一方通行ではなく、
双方向のやり取りや対話のことをインタラクティブと呼ぶのです。

インタラクティブの具体例

では、インタラクティブというと
具体的にどのようなコミュニケーションのことを指すのかを紹介していきます。

インタラクティブの具体例1:テレビにおける情報発信

以前はテレビと言えば、テレビ局が一方的に番組を放送し、
視聴者はそれを見るだけでした。

しかし、地上デジタル放送の開始により、
テレビのリモコンにあるボタンを使うことによって
クイズやアンケートに参加できるようにもなりました。

他にも、テレビとインターネットを接続することによって
番組のコンテンツに参加したり、懸賞に応募するなど、
視聴者側でも何かしらの行動が取れるようになりました。

以前は一方的にテレビ番組を視聴するだけの状態から
インタラクティブな状態になったと考えることができます。

インタラクティブの具体例2:マーケティング

以前はマーケティングと言えば、
企業が一方的に広告などを使って情報発信を行う
マスマーケティングが一般的な手法として用いられていました。

しかし、現在では消費者・顧客のニーズが多様化したことで
一方的な情報発信ではなく、
顧客とのコミュニケーションを重視したマーケティングが中心になっています。

テレビや新聞、ラジオ、雑誌広告など、
企業が一方的に製品やサービスを紹介するマス広告ではなく、
インターネットを利用して
顧客との双方向のコミュニケーションを可能にしています。

このようなマーケティングの手法のことを
インタラクティブマーケティングと呼ぶこともあります。

一方的に企業が売りたい製品やサービスを販売するのではなく、
双方向のコミュニケーションによって
顧客・消費者のニーズを把握し、
それぞれのニーズに合った製品やサービスを開発、
最適な販売手法を行っていくことができます。

インターネットやWebメディアの普及でインタラクティブなコミュニケーションが可能になった

マーケティング分野などで双方向のコミュニケーションを行い
インタラクティブマーケティングが可能となったのは
インターネットの普及、Webメディアの発展も
大きな要因の一つだと考えることができます。

従来のマーケティングでは
情報の伝達方法がマスメディアを使ったマス広告しかなく、
顧客や消費者に対して一方的に企業が情報を発信するだけでした。

しかし、インターネットが普及し、
さまざまなWebメディアが発展したことから
現在では一個人でも簡単に情報を発信できるようになりました。

そのため、インタラクティブマーケティングなど、
双方向のコミュニケーションを利用したマーケティングも
多くの企業で採用されるようになりました。

今後のマーケティング活動においても
インタラクティブというのは重要なキーワードとなり
一方的な情報発信ではなく、
双方向のコミュニケーションをうまく利用して
顧客との関係性を維持していくことが大切になっていきます。

まとめ:インタラクティブとは?

インタラクティブとは、簡単に言えば
何かを言ったら何かが返ってくるなど、
双方向のコミュニケーションや情報の伝達のことを指します。

特にマーケティングの分野の場合には
顧客からの情報を企業が受け取れることを
インタラクティブという言葉で表現したりします。

インターネット・Webメディアが普及し、
今後もインタラクティブな関係性・マーケティングは
非常に重要になっていくと考えることができます。

顧客との関係性がうまく構築できていない場合には
インタラクティブな情報の伝達ができているかどうかを確認し、
マーケティングなどの戦略を構築していく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、インタラクティブの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP