アイドマ(AIDMA)とは?アイドマ(AIDMA)の意味を丁寧に解説

マーケティング用語、アイドマ(AIDMA)を解説していきます。

アイドマ(AIDMA)、もしくはアイドマ(AIDMA)の法則とは、

Attention(注意)

Interest(興味・関心)

Desire(欲求)

Memory(記憶)

Action(購入・行動)

これら7つの単語の頭文字を取り名付けられた言葉・マーケティング用語で、
消費者が商品やサービスのことを知らない状態から商品やサービスを買う・購入するという
購買行動を起こすまでの心理プロセスを5段階に分けて表したものです。

消費者の心理プロセスがどの段階にあるのか、
それに合わせたマーケティングを組み立てる時に使われます。

アメリカのローランド・ホールが提唱した「消費者行動」のプロセスに関する仮設です。

消費者の行動が、

Attention(注意)、商品やサービスの存在を知り

Interest(興味・関心)、商品やサービスに興味を持ち

Desire(欲求)、欲しいという欲求を抱いて

Memory(記憶)、記憶をして

Action(購入・行動)、商品やサービスを買う、購入する

という心理プロセスを経ているという仮説から生まれたマーケティングの法則です。

さらに、この中でも、

■認知段階
Attention(注意)

■感情段階
Interest(興味・関心)
Desire(欲求)
Memory(記憶)

■行動段階
Action(購入・行動)

という3つの区別ができて、
3つの段階それぞれに合わせて、異なったアプローチ、マーケティングを仕掛ける必要があり、
そのため、狙っている消費者・見込み客・顧客が
どの段階の心理状態かを見極めることが大切になります。

そして、消費者・見込み客・顧客の心理状態に合わせて
適切なアプローチ・マーケティングを仕掛けることができれば、
効果的な広告を出したり、効果的な宣伝効果を得ることが可能になるのです。

そのため、アイドマ(AIDMA)、もしくはアイドマ(AIDMA)の法則を理解し、
消費者の行動心理・心理プロセスに合わせたマーケティングをする必要があるのです。

アイドマ(AIDMA)の法則の購買心理・心理プロセスの各段階を詳しく解説

では、アイドマ(AIDMA)の法則の5つの購買心理、心理プロセスの段階、
Attention(注意)、Interest(興味・関心)、Desire(欲求)、
Memory(記憶)、Action(購入・行動)
それぞれについて、詳しく解説していきます。

Attention(注意)の意味を丁寧に解説

Attention(注意)の段階では、商品やサービスについて知らない、興味のない消費者の注意を引き、
商品やサービスのことを知ってもらう段階になります。

たとえば、ダイエット食品、この商品について知らない消費者に対して
テレビCMや雑誌の広告、インターネット広告で注意を引いて存在を知ってもらいます。

Interest(興味・関心)の意味を丁寧に解説

商品を知ってもらえば、次はより商品について詳しく知ってもらい、
Interest(興味・関心)、興味を持ってもらうことが必要になります。

Interest(興味・関心)の段階でしっかりと商品やサービスに興味を持ってもらうことで
次の段階Desire(欲求)に進むことができます。

Desire(欲求)の意味を丁寧に解説

商品やサービスに消費者がしっかりと興味・関心を持てば、次の段階、
Desire(欲求)にいたります。

テレビCMや広告で商品のことをより詳しく知った消費者が
商品に対して高い評価を抱いた場合、「欲しい」という強い欲求を持つことになります。

Memory(記憶)の意味を丁寧に解説

そして、欲求が強ければ強いほど、消費者の記憶に深く刻まれ、
買い物に出かけたり、インターネットショッピングで商品を見かけた時に
記憶がよみがえり、次の段階、Action(購入・行動)へと移行するのです。

Action(購入・行動)の意味を丁寧に解説

文字通り、商品を購入する、という行動に至るのがAction(購入・行動)の段階です。

Attention(注意)、Interest(興味・関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)
これらの段階で適切なアプローチ、マーケティングを仕掛けることができていれば
消費者は商品を購入するという行動に至ることになります。

これがアイドマ(AIDMA)、もしくはアイドマ(AIDMA)の法則を使ったマーケティングです。

インターネットの普及により、マーケティングの方法も多様化している

近年では、インターネットの普及など、消費者の生活にも変化が出てきていますので、

アイドマ(AIDMA)以外にも、
アイーダ(AIDA)やアイドカ(AIDCA)

他に、インターネットを利用した
アイサス(AISAS)、アイシーズ(AISCEAS)、アイデス(AIDEES)など、
さまざまな心理プロセス、マーケティングの方法があります。

その中でもアイドマ(AIDMA)長い期間使われていて、
効果も確認されている基本的な心理プロセスです。

以上が、マーケティングの用語、アイドマ(AIDMA)についての解説になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP