エコシステム(Ecosystem)とは?エコシステム(Ecosystem)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、エコシステム(Ecosystem)の意味を解説していきます。

本来なら、エコシステム(Ecosystem)という言葉は、
生態系を意味するEcosystemという単語なのですが、
マーケティングの用語として使う場合には、
経営上のアライアンスや協調関係の総称として使われる言葉になります。

つまり、エコシステムとは、複数の企業やサービスが繋がり、
共存していくための仕組みを表すマーケティング用語になります。

特に、アドテク(アドテクノロジー)という広告の分野では、
広告主からパブリッシャーという広告を配信するまでの一連の流れの中で、
数多く企業が多種多様なサービスを提供しています。

これらのサービスが繋がりを持ち、そして、
新たな付加価値を生む構造のことをエコシステムと表現しています。

IT、インターネットの普及によってエコシステム(Ecosystem)が重要になった

マーケティングでエコシステム(Ecosystem)が語られるようになった背景には
1990年代にITやインターネットが急速に普及した歴史があります。

それ以前の時代では、日本国内の企業も、海外の企業も、
大企業が完全セットのサービスを提供する形式が一般的でした。

しかし、急速な技術の発展、ITやインターネットの普及によるグローバル化によって
従来のやり方では競争力を保てなくなってきたのです。

また、インターネットが普及したきっかけの1つ、コンピュータにおいても、
インテル、マイクロソフト、シスコシステムズなど
それぞれが提供するサービスを組み合わせることで、
安く、便利で使いやすいコンピュータが普及している現在のコンピュータの
サービス形態の基盤(プラットフォーム)となっていきました。

そして、インターネットやコンピュータはイノベーション(技術革新)の基盤として、
世界中のさまざまな企業が技術やサービスモデルを持ち寄り、共存共栄、相互作用を繰り返し
現在のインターネットやコンピュータが生まれています。

つまり、インターネットの普及についても、
世界中の企業間のつながり、エコシステムが存在していたのです。

エコシステム(Ecosystem)の事例:Apple(アップル)

では、エコシステム(Ecosystem)の事例として、
iPhoneやiPad、Macで有名なApple(アップル)を紹介していきます。

Apple(アップル)では、端末やアプリなど、
製品やサービスの開発・販売にエコシステム(Ecosystem)の存在があります。

たとえば、人気商品のiPhoneでは、
チップセット(シリコン)、内臓カメラ、スクリーン、組み立て、販売まで
数多くの企業が繋がり、協調関係を持っています。

つまり、Apple(アップル)のiPhoneもエコシステム(Ecosystem)によって
製造、販売され、私たちの元に届けられているのです。

また、音楽配信、管理を行うサービス、iTunesでは、
Apple(アップル)以外の企業が提供するアプリケーションや音楽、映画など、
それらの組み合わせによってエコシステムが形成されています。

iPhone、iTunes、どちらの例にしても、
Apple(アップル)が商品の開発、製造、販売の中心になりながらも、
数多くの企業と協業、分業することによって
多くの消費者の心を掴むエコシステムを形成できているのです。

エコシステム(Ecosystem)の事例:クラウドサービス

インターネットが普及し、データをサーバー上で管理し、
オンラインで他の端末や他人と共有できるクラウドサービスが普及してきました。

実は、このクラウドサービスにもエコシステム(Ecosystem)が形成されています。

クラウドサービスの提供には、
ネットワーク、ハードウエア、OS、ミドルウエア、アプリケーション、仮想化の仕組みなど、
数多くの専門的な技術、サービスが必要になります。

しかも、技術の発展や仕組みの変化が非常に早いので、
多くの企業が協業・分業するエコシステムが必要になってくるのです。

クラウドサービスのエコシステムでは、
インターフェースの決まりに独自性がない、つまり、オープンであればあるほど
エコシステムが広がりやすくなるという特徴があります。

ビジネスにおけるエコシステム(Ecosystem)のまとめ

エコシステム(Ecosystem)が拡大、増殖するかどうかは
市場の規模によっても制約を受けます。

規模の大きな市場では、競争での優位性を求めて、
分業や協業が広がり、その結果、エコシステムが形成されやすくなるのです。

ビジネスでのエコシステムは
協業や分業、イノベーションというキーワードがポイントになります。

そして、エコシステム(Ecosystem)の裏で消えていっている
プレーヤー、企業が存在することも忘れてはいけません。

生態系、つまり、市場の変化を読み取り、
その変化にいかに追従していくことができるのか、
まさにビジネスにおける生態系そのものを表した言葉ということができるでしょう。

以上がマーケティングの用語、エコシステム(Ecosystem)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP