SSL(Secure Socket Layer)とは?SSL(Secure Socket Layer)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、SSL(Secure Socket Layer)の意味を解説していきます。

SSL(Secure Socket Layer)、またはSSL通信とは、
インターネット上に流れる情報を暗号化して通信をする際に利用される
技術、手順、プロトコルのことを意味しています。

Secure Socket Layerの頭文字を取って省略し、
SSL、もしくはSSL通信という言葉として使われるようになりました。

個人情報やクレジットカード番号、企業秘密など、機密性のある重要な情報を
インターネットを使った通信で送受信、やり取りする際に利用されます。

SSL(Secure Socket Layer)、SSL通信を使うことで防げるリスク

では、実際にSSL(Secure Socket Layer)、SSL通信を行うことで
どのようなインターネット上でのセキュリティのリスクを
防ぐことができるのかを紹介していきます。

SSL(Secure Socket Layer)、SSL通信で防げるリスク1:なりすまし

SSL(Secure Socket Layer)によって防げる1つ目のリスクが、
「なりすまし」による個人情報やクレジットカード情報の不正取得です。

インターネットショッピングや銀行のネットバンキングなど、
サイトの運営者を装った悪意のある者によって
個人情報やクレジットカード番号を不正に取得され、悪用されるリスクを軽減できます。

SSL(Secure Socket Layer)、SSL通信で防げるリスク2:盗聴

インターネットを使ったデータ通信は、他人から盗聴されるリスクを伴います。

悪意のある者によるデータ通信の盗聴を防ぎ、
メールアドレスや住所を不正に収集され、
リストとして販売され、悪用されるリスクを軽減することができます。

SSL(Secure Socket Layer)、SSL通信で防げるリスク3:改ざん

データを改竄(改ざん)されて、
注文内容や発注内容が悪意のある者から改竄されるリスクを防ぎます。

SSL(Secure Socket Layer)で通信が行われているかの確認方法

では、実際にGoogle ChromeやInternet Explorer、EDGE、Safariなど
インターネットを利用する際に使うウェブブラウザで
閲覧しているサイトや現在の通信がSSL(Secure Socket Layer)に対応しているかを
確認する方法・やり方をご紹介します。

ウェブブラウザで閲覧しているサイトがSSLに対応してる場合、
画面の上部に表示されているアドレスバーにカギのアイコン・マークが表示されます。

このカギのアイコン・マークが表示されれば、そのWebサイト、ホームページは
SSLに対応していることになるので、安心して個人情報の送受信も行うことができます。

ウェブブラウザの種類によってはカギのアイコン・マークが表示されないかもしれませんが、
その場合にもSSLに対応しているかどうかを確認する方法があります。

インターネットのアドレスバーに表示されるURLが、
SSLに対応しているホームページ、ウェブサイトの場合、
「http://」に、Secureを表す「s」が付いて、「https://」と表示されます。

SSL(Secure Socket Layer)利用に必要なSSLサーバ証明書とは?

SSL(Secure Socket Layer)、SSL通信を利用するためには、
信頼のおける第三者機関である「認証局」が発酵するSSLサーバ証明書という
電子証明書を導入する必要があります。

SSLサーバ証明書はSSL通信における2つの重要な役割を果たしています。

SSLサーバ証明書のSSL(Secure Socket Layer)における役割1:ウェブサイト所有者の確認

サーバとパソコンが通信を開始する際に、SSLサーバ証明書があれば、
サーバはパソコンにSSLサーバ証明書を送信します。

パソコンがそのSSLサーバ証明書を確認することによって、
ホームページ、ウェブサイトにアクセスしたユーザーは
ウェブサイトの運営者が本当にSSLサーバ証明書に表示された運営者かを確認し、
安全に情報の送受信をすることができます。

SSLサーバ証明書のSSL(Secure Socket Layer)における役割2:通信データの暗号化

SSLサーバ証明書を認証局に申し込むと、同時に「公開鍵」と「秘密鍵」が生成されます。

ホームページ、ウェブサイトにアクセスしたユーザーは
SSLサーバ証明書に含まれている公開鍵を使って情報を暗号化することで、
情報の盗聴を防ぐことができます。

そして、サーバに暗号化された情報が到着したら、
サイト運営者はその暗号化された情報を秘密鍵を使って解読することができるのです。

SSL(Secure Socket Layer)のまとめ

インターネット通信を利用して個人情報の送受信する場合には、
SSL(Secure Socket Layer)を利用した通信が必須になります。

消費者の立場としては、個人情報を入力する前に必ず
そのホームページ、ウェブサイトがSSL通信に対応しているかを確認する必要があります。

逆に、サーバを所有し、ホームページやウェブサイトを管理する立場の場合には
アクセスしてきたユーザーからの信頼を得るためにも
SSL証明書を取得することが必須になってきます。

以上がWebマーケティングの用語、SSL(Secure Socket Layer)、SSL通信の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP