オプトアウトとは?オプトアウトの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、オプトアウトの意味を解説していきます。

オプトアウトとは、ユーザーに対して許可を取ることなく
宣伝や広告をメルマガなどの手段を用いて送ることを指す
マーケティングの用語です。

また、1度許可した宣伝広告の受け取りを
ユーザーが拒否する意思を示すこともオプトアウトと言います。

たとえば、1度メルマガ受信を許可する意思を示し、
オプトイン状態にあったユーザーが企業に対し
メルマガ受信の拒否をする場合もオプトアウトと言います。

つまり、メーリングリストから除外すること、
メルマガの配信停止のこともオプトアウトと言います。

オプトアウトを英語で表記する場合は「Opt Out」や「Opt-out」と表記し
「会員からの脱退」を意味する言葉になります。

メルマガを配信してメールで宣伝・広告をする場合、
たとえ1度メルマガなどで宣伝や広告を受け取る意思を示した
ユーザーに配信をする場合でも、
情報の発信元は必ずオプトアウトの手続きができるように
メルマガの本文中に退会手続きのページへのリンクなどを
掲載しておくことが
特電法(特定電子メール法、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)によって
義務づけられています。

電子メールを使って宣伝広告を行う場合には必ずオプトアウトの方法を明記する必要がある

メルマガなど、電子メールを利用して宣伝・広告を行う場合、
企業・個人問わず、いつでもユーザーが自由に
メルマガの配信を停止、拒否できるように
オプトアウトできる状態で配信をする必要があります。

また、オプトアウトをする方法を
必ずメールの本文中に明記しておく必要もあります。

オプトアウトできない状態でのメルマガ配信、
またはオプトアウトの方法を明記しないでメルマガを配信したり、
許可、つまりオプトインを取らないでメルマガを配信した場合、
顧客からの信頼低下を招いてしまう恐れがあります。

それどころか、そもそもオプトアウト状態でのメルマガ配信は
特電法(特定電子メール法、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律)で
罰せられる対象になります。

オプトアウトを規制する「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」

日本ではオプトアウト状態でのメルマガの配信を規制するために
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」、
つまり、特電法・特定電子メール法という法律が存在します。

「迷惑メール法」とも呼ばれるこの法律は
2002年に施行され、その後2008年に改正・施行された際に
オプトアウト状態でのメルマガ配信が規制されました。

つまり、

ユーザー本人の許可無く手に入れた
メールアドレスに対して広告・宣伝の含まれたメルマガを配信する
オプトアウト状態でのメルマガ配信

広告・宣伝の含まれたメルマガを受信するユーザーが
いつでもメルマガを配信停止、拒否できない
オプトアウトできない、オプトアウト方法を明記しないメルマガ配信

これらのオプトアウト状態のメルマガ配信行為が
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律によって
規制されているということになります。

オプトアウトとオプトイン

オプトアウトとは逆に、
ユーザーが宣伝・広告を含んだメルマガを受信することを
許可・承諾している状態のことをオプトインと言います。

または、メルマガ登録の手続きなどで
宣伝・広告を含んだメルマガの受信を許可・承諾する
意思を示すこともオプトインと呼びます。

つまり、宣伝・広告を含んだメルマガを配信する場合には、
あらかじめユーザーのオプトインを得ておき、
さらにいつでもオプトアウトの
手続きができる状態にしておくことが必要になります。

オプトイン状態のユーザーがメルマガの配信を停止したい、
拒否したいと思った場合には
メルマガ本文中に明記してある方法で
発信者に対してオプトアウトの意思を示すことになります。

ユーザーにメルマガ配信を停止・拒否する意思を示す
オプトアウトの手続き・意思表示を受けた場合、
「オプトイン規制」という状態になります。

オプトアウトによってオプトイン規制の状態になった場合、
メルマガの発信者はメルマガの配信をすることができなくなります。

まとめ:必ずオプトアウトできる状態でのメルマガ配信を行うこと

メルマガを利用してWebマーケティングを行う場合には、
メルマガを受信するユーザーが
いつでもオプトアウトできる状態に
しておくことが必要になります。

また、オプトアウト状態でのメルマガ配信も
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律で
規制されている行為になります。

オプトアウトに関する法律・ルールを守らない場合、
顧客からの信頼を失うどころか、
そもそも違法行為となってしまいます。

オプトアウト状態のメルマガを配信しても、
ユーザーに取っては「迷惑メール」でしかないので、
マーケティングにおける宣伝・広告には
全くと言っていいほど効果がありません。

必ずオプトアウトに関する法律・ルールを守った上で
メルマガの配信を行うようにしていってください。

以上が、マーケティングの用語、オプトアウトの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP