マスメディアとは?マスメディアの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、マスメディアの意味を解説していきます。

マスメディアとは少数の一部の人間・団体が
不特定多数に対して情報を発信する情報伝達手段・媒体です。

マスメディアは4マス媒体と呼ばれることもあり、
4マス媒体と呼ばれる場合には
「新聞」「雑誌」「テレビ」「ラジオ」のことを指します。

また、マスメディアを利用したマーケティング手法を
マスマーケティングと呼びます。

マスメディアはマスマーケティング主導の時代に中心となっていたメディア

マスメディアはインターネットが普及する前、
一般個人が情報発信をする手段を持っていなかった時代に
主流となっていたメディア媒体です。

主に4マス媒体と呼ばれる、
「新聞」「雑誌」「テレビ」「ラジオ」をはじめ、
野外広告やつり革広告などを含め、
不特定多数に対して向けられる媒体のことを
総合的にマスメディアと呼びます。

マスメディアを利用した、
一部の企業などから不特定多数の消費者に向けた
一方的な情報発信のことをマスコミュニケーションと呼び、
省略して「マスコミ」と呼ばれています。

そのため、マスコミと言った場合にも
マスメディアのことを指す場合が多くなっています。

インターネット普及前、マスメディアは直接商品の販促に利用されるメディアだった

インターネットが普及し、一般個人でも情報発信ができるようになる前は
マスメディアを利用した情報発信、伝達、コミュニケーションが中心でした。

そのため、以前はマスマーケティングが
主なマーケティング手法であった時代があり、
その時代には、マスメディアが販売促進や広告を行うための媒体として
製品やサービスの告知広告として利用されていました。

しかし、現在ではインターネットの普及によって
それぞれの顧客・消費者に対して直接メッセージを発信できる
「ダイレクトメディア」が普及してきました。

Eメールを使ったメールマガジン(メルマガ)をはじめ、
直接、顧客や消費者個人に対してメッセージを届けられる
ダイレクトメディアを使った販促が中心となってきました。

そのため、現在ではマスメディアは
企業イメージの想像など、
消費者に対して企業や製品を認知させるための媒体として
マーケティングに活用されています。

これまではメッセージの発信はマスメディアのみでしたが、
様々なメディアが普及した現在では、
メディアの多様化、分断化現象が起きていると言われているのです。

マスメディアを利用したマスマーケティングの特徴は大量生産と大量消費

マスメディアを利用したマーケティング手法、マスマーケティングの特徴は、
製品の大量生産、そして大量消費が前提にあります。

大量に生産した製品を、画一的な大量のプロモーションによって、
ターゲットを絞ることなく、
全ての消費者に対してメッセージを届けていきます。

そのため、大量のコストが必要になりますが、
非常に大きな利益を追求できるマーケティング手法になります。

マスメディアを利用したマーケティングでは
「規模の経済」による追求が必要となります。

マスメディアを利用したマーケティングはシェアを獲得するために有効な手法

マスメディアを利用したマスマーケティングでは
製品が大量に売れることにより、大きな売上を期待できますが、
同時に大量のプロモーションのためのコストも必要になります。

そのため、マスメディアを利用したマーケティングでは
特に「シェアの拡大」を狙う場合に有効な戦略と考えられます。

短期間のマスメディアを使った戦略によって
一気に市場のシェアを独占することもできます。

マスメディアを使うマーケティングのデメリット・リスク

ただし、マスメディアを利用して
マーケティング戦略を構築していく場合には
デメリット、リスクがあることを考えておく必要があります。

マスメディアを利用したマーケティングが効果的なのは
成長途中である市場が中心であり、
市場が成熟し、消費者の価値観が多様化している場合には
画一的なマーケティングでは効果が得られない場合も多くなります。

マスメディアを利用するリスクとして、
非常に大きな金銭的な投資をする必要があることも挙げられます。

マスメディアを利用したマスマーケティングで成果が出なければ
企業は非常に大きな損失を背負うことになるのです。

まとめ:マスメディアは今後も強い影響力を持ち続けるメディア

インターネットが普及し、Webメディアやインターネット広告が
マスメディアによる広告費を超える事例が多くなってきました。

しかし、テレビをはじめ、
現在でもマスメディアは津より影響力を持っていて、
一般消費者の関心も非常に大きいメディアです。

これからは、マスメディアとダイレクトメディアなどを
比較するのではなく、「使い分け」をしていくことが
ビジネス・マーケティングを成功させるカギということができます。

マスメディアを使って消費者への認知を高める、
そしてダイレクトメディアを使って販促活動を行うなど、
メディアを使い分けていくことが今後は重要になっていくと考えられます。

以上が、マーケティングの用語、マスメディアの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP