S字カーブモデル(S字曲線)とは?S字カーブモデル(S字曲線)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、S字カーブモデル(S字曲線)の意味を解説していきます。

S字カーブモデル(S字曲線)は
マッキンゼーのコンサルタントであるリチャード・フォスターが提唱した
企業の成長と投資の関係性を表したモデルです。

企業の新しい技術への投資資金や年月など
労力となる要素を横軸に取り、
それによって得られた企業競争力などの成果を縦軸に取り、
グラフを書いていきます。

そうすると、グラフの曲線がS字型になることから、
S字カーブモデル、または、提唱した
リチャード・フォスターの名前を取って
フォスターのS字曲線と呼ばれています。

このS字カーブモデル(S字曲線)は
企業における投資・労力と収益・成果の関係性を
明らかにしたモデルと言われています。

S字カーブモデル(S字曲線)によって新しいテクノロジーを開発する時期を考える

マッキンゼーのコンサルタントであった
リチャード・フォスターが提唱したS字カーブモデル(S字曲線)は
企業が新しい技術やテクノロジーを開発・導入した場合に
その費用や労力と収益、成果との関係性を表している曲線です。

新しい技術やテクノロジーの開発・導入にかかる費用や労力、
そして開発・導入したことによる収益・成果の関係を
グラフにした場合にS字型の曲線になることから
S字カーブモデル、フォスターのS字曲線などと呼ばれています。

企業が新しい技術やテクノロジーを導入・開発した場合、
最初はかけた費用や労力に対して思うように収益や成果が上がりませんが、
費用や労力を費やし続ければ次第に、急激に変化が起き、
一気に収益、成果が上がっていきます。

しかし、新しい技術も最終的には成長のペースが落ちていき、
収益や成果の上昇もゆるやかになっていきます。

これがS字カーブモデル(S字曲線)の特徴です

そして、S字カーブモデル(S字曲線)において
新しい技術やテクノロジーの成長が止まりそうになってきた時点で
さらに新しい技術・テクノロジーの開発を考えていきます。

このように、S字カーブモデル(S字曲線)の考え方によって
新しい技術やテクノロジーを開発・導入するタイミングを
考えていくことができるのです。

S字カーブモデル(S字曲線)を提唱したマッキンゼーのコンサルタント、リチャード・フォスター

では、S字カーブモデル(S字曲線)を提唱した
リチャード・フォスターとはどのような人物なのでしょうか?

リチャード・フォスター(Richard Foster)とは、
アメリカの大手経営コンサルティング会社、
マッキンゼー&カンパニーのコンサルタントです。

S字カーブモデル(S字曲線)を提唱したことからも
マッキンゼー&カンパニーの花形コンサルタントと言われていました。

新しい技術・テクノロジー、つまりイノベーションと
その普及との関係性を明らかにしたE.ロジャーズに対して、
リチャード・フォスターはS字カーブモデル(S字曲線)によって
新しい技術・テクノロジー、イノベーションと
それによる収益や結果、つまり、利益の関係を明らかにした
功績によって有名なコンサルタントです。

そのため、S字カーブモデル(S字曲線)は
S字カーブモデルやS字カーブと呼ばれることもあれば、
リチャード・フォスターの名前をとって
フォスターのS字曲線などとも呼ばれています。

まとめ:S字カーブモデル(S字曲線)

リチャード・フォスターが提唱したS字カーブモデル(S字曲線)において
最も大切なことは、
どんなに革新的な技術・テクノロジーによるイノベーションでも、
最終的には停滞を免れることがでいないということです。

「技術・テクノロジーの進歩は最初は時間がかかるが
途中から一気に加速する、しかし、
最後には再び停滞することを免れることができない」

S字カーブモデル(S字曲線)におけるこの概念が
新しい技術・テクノロジーの開発において、非常に重要になるのです。

開発・導入の当初は費用や労力ばかりがかかってしまいますが、
方向性さえ間違えていなければ、
新しい技術・テクノロジーは必ず急激な成長を遂げる時が来ます。

しかし、その急激な成長が来た時に考えなければならないのは、
その急激な成長にもいつか終わりが来て、停滞し、
既存の技術の発展はこんなんになるということです。

S字カーブモデル(S字曲線)における成長が緩やかになる、
止まりそうになるタイミングでは、
すでに新しい技術やテクノロジーの開発、導入が
済んでいる状態になっているのが理想的だと考えられます。

逆に、新しい技術・テクノロジーを導入して間もない頃は
S字カーブモデル(S字曲線)における
急激な成長、成果が出てくるようになるまで、
その技術・テクノロジーに投資をし続けることが
技術・テクノロジーの成功において大切であると考えることができます。

リチャード・フォスターのS字カーブモデル(S字曲線)を参考にしながら
新しい技術やテクノロジーに関する戦略を組み立てていくことが
大切になっていくのです。

以上が、マーケティングの用語、S字カーブモデル(S字曲線)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP