ABテストとは?ABテストの意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、ABテストの意味を解説していきます。

ABテストとはWebマーケティングにおいて
Webサイトやメールマガジン(メルマガ)において
成約率など、目的の達成率を改善するための
マーケティング手法です。

多くの場合はWebページやメールマガジン(メルマガ)など
Web媒体で使われる手法ですが、
非常にシンプルな方法・やり方で、かつ効果が出やすいので、
紙媒体のDM(ダイレクトメール)などでも
活用されることのあるマーケティング手法です。

今回はABテストの方法・やり方、成功事例を
解説、紹介していきます。

そもそもABテストとは?

ABテストとは、
Webページやメルマガ、DMなどを利用したマーケティングにおいて
デザインやレイアウト、文章による導線などを最適化し、
成約率を改善したり費用対効果を高めるためのマーケティング手法です。

ABテストでは、
内容の異なるWebページやメルマガ、DMを複数パターン用意し、
計測期間やメルマガの配信数など、他の条件は同じにして
最も効果の高いパターンを見つけ出していきます。

たとえば、Webページにおける成約率・コンバージョン率(CVR)を改善するなら、
Webページ内の画像や説明文、レイアウトなどが異なる
複数のパターンのWebページを用意し、
同じ条件でユーザーに対して公開するのがABテストになります。

クリック数や成約率を分析することによって
定量的な結果を得ることができ、
最も効果の高いWebページのパターンを特定することができます。

Webページやメールマガジン(メルマガ)など
インターネットを使った媒体、Webメディアで使われることがほとんどですが、
複雑なシステムやスキルが必要無い手法であることから
DM(ダイレクトメール)などのメディアでも利用されることがあります。

ABテストは別名「スプリット・ラン・テスト」とも呼ばれます。

ABテストのコツ【費用対効果の高いパターンを正確に見つけ出すためには?】

ABテストを行う目的は
最も効果の高い文章や画像のパターンを見つけ出し、最適化することで、
マーケティング活動における目的の達成率を改善していくことです。

そのためにも、ABテストで比較するWebページやメルマガは
全ての要素が全く異なるパターンではなく、一部の要素だけが
異なるパターンを比較するのがコツになります。

たとえば、Webページを使ったABテストの場合、
画像や本文、ページ全体のレイアウト全てが
異なるパターンを試すのではなく、
画像だけを差し替えたパターンを用意し、
最も効果の高かったパターンの画像を使ってみて、
次に本文を変えたパターンを試してみる方法が有効になります。

このようなWebページの細部を変えることで
成約率などを上げていく手法を
「マイクロコピーライティング」と呼びます。

日本のマーケティングでは
Webページ全体の文章をリニューアルする
「セールスコピーライティング」「セールスライティング」が
一般的ですが、
最先端のマーケティングが行われているというアメリカでは
マイクロコピーライティングによるマーケティング活動の
改善や最適化が行われています。

ちなみに、ABテストと呼ばれることから
2パターンだけを試すものだと考えられることがありますが、
実際には3パターン、4パターンなど、
複数のパターンを試すテストを行うこともあります。

Webページの画像を変える場合、
候補の画像が3枚あるのなら、
担当者による予想や考え方で2枚に絞り込んでABテストを行うのではなく、
必ず3パターン全てでABテストを行い結果を得る必要があります。

ABテストの成功事例:アメリカ、オバマ元大統領の寄付金

アメリカの元大統領として知られるバラク・オバマ氏は
Webマーケティングに長けた選挙活動を行ったことでも知られています。

オバマ元大統領は自身のWebサイトの
写真やボタンのパターンを複数用意し、ABテストを行いました。

その結果、メール会員数が288万人増加、
ボランティアの数が28万8000人増加、
さらには寄付金の数も6000万ドル増加したと言われています。

このオバマ元大統領のABテストは
Webページの細部にこだわった、
いわゆるマイクロコピーライティングを利用した
ABテストの成功事例として有名になっています。

まとめ:ABテストは非常に効果の高いマーケティング手法

ABテストは少ない費用で行える上に、
確実にマーケティングによる効果を高めることができる手法です。

日本よりもマーケティング、Webマーケティングが
進んでいると言われているアメリカでは
すでにマーケティングで有効な手法として
ABテストが盛んに利用されています。

マーケティングの世界では「失敗は存在しない」と言われるほど
テストが重要視されます。

今回紹介したABテストは
そんなマーケティングにおけるテストの中でも
非常に有効な手法ということなのです。

Webページやメルマガ(メールマガジン)、DM(ダイレクトメール)で
複数パターンを用意して迷ってしまった場合には、
ABテストを利用して実際に効果を測定するのが有効になります。

以上が、マーケティングの用語、ABテストの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP