メルマガとは?メルマガ(メールマガジン)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、メルマガ(メールマガジン)の意味を解説していきます。

メルマガ(メールマガジン)とは
ユーザーがメールアドレスを登録することによって
自動的に送られてくるようになるメールのことです。

定期的に配信されるメルマガ(メールマガジン)があれば、
不定期で配信されるメルマガ(メールマガジン)もあります。

メルマガ(メールマガジン)は企業と顧客・消費者の重要なコミュニケーションの機会

メルマガ(メールマガジン)とは
顧客や消費者が自分のメールアドレスを登録することによって
自動的に配信者(企業や個人)からメールが届くようになる仕組み、
または届いたメールそのもののを指すマーケティング用語です。

配信者に企業・個人の決まりはなく、
どちらが配信する場合にもメルマガ(メールマガジン)となります。

特に企業が配信する場合には
メルマガ(メールマガジン)は登録している顧客・見込み客に対して
製品やサービスの紹介・販促を能動的に、継続的に行える
重要なコミュニケーションツールの1つとなります。

メルマガ(メールマガジン)のオプトインとオプトアウト

メルマガ(メールマガジン)を発行する場合、
オプトイン・オプトアウトという概念が非常に重要になります。

オプトイン、オプトアウト、ともにメルマガを発行する方法ですが、
オプトインの場合、メルマガ受信を許諾したユーザーのみに配信を行います。

その一方でオプトアウトの場合、
ユーザーの意思に関係なく、配信者が持っているリスト(メールアドレス)に
メルマガ(メールマガジン)を配信していく方法です。

このうち、ユーザーの許諾なくメルマガ配信を行うオプトアウトの場合、
特電法(特定電子メール法)、特商法(特定商取引法)に違反することになり、
現在では禁止されている行為になります。

また、たとえユーザーの同意を得てメルマガ配信をする場合でも
メールの本文中に必ずメルマガ解除(配信停止)の方法を明記し、
いつでもユーザーの意思で配信を停止できる状態にする必要があります。

有料メルマガと無料メルマガ

メルマガ(メールマガジン)には
有料で配信されるものと無料で配信されるもの、2種類があります。

それぞれのメルマガ(メールマガジン)に
どのような特徴があるのか解説していきます。

有料のメルマガ(メールマガジン)

有料のメルマガ(メールマガジン)の場合、
ビジネスにおいて有益な情報や
著名人・有名人の詳細な活動状況などをユーザーに配信します。

有料メルマガの場合、メルマガ配信そのものが収益となるので、
ほとんどがメルマガ購読をしているユーザーにとって
有益な情報やコンテンツを提供していくことになります。

無料のメルマガ(メールマガジン)

無料メルマガの場合、定期的にニュースを配信したり、
企業が製品やサービスの情報配信を行うもの、
さらに個人が日記のように配信するものまで様々な形式があります。

無料メルマガの場合、収益を求めて配信する場合には、
製品やサービスの販促を行ったり、
メルマガにアフィリエイト広告などの広告を掲載することが多くなります。

メルマガ(メールマガジン)を配信する方法

最後に、メルマガ(メールマガジン)を配信する方法です。

メルマガ(メールマガジン)の配信は難しいと考えられることが多いですが、
実はメルマガ配信スタンド、というサービスを使うことで、
専門的な知識がなくても、個人でも簡単にメルマガ配信を始めることができます。

メルマガ配信スタンドにも無料サービス・有料サービスの2種類がありますが、
収益化を目的としていたり、マーケティングの一環で行う場合、
基本的に有料のメルマガ配信スタンドを使うことになります。

無料で使えるメルマガ配信スタンドの場合、
「メルマガの内容に関係なく広告が自動的に挿入される」
「配信先のメールアドレスを取得したり、管理できない」など
さまざまなデメリットがあります。

このデメリットがビジネスやマーケティングが目的の
メルマガ(メールマガジン)では致命的となるため、
無料のメルマガ配信スタンドを使う場合には、
主に個人が趣味で使う場合が中心となります。

有料のメルマガ配信スタンドでも、
配信する読者数や利用するサーバーなどにより
料金プランがそれぞれ異なります。

基本的に、読者数が多くなり、
迷惑メール対策として専用サーバーを契約すると
メルマガ配信スタンドの料金が高額になっていきます。

まとめ:メルマガ(メールマガジン)は低コストで大きな利益が見込めるビジネスモデル

メルマガ(メールマガジン)を使ったビジネスは
低いコストでありながら、高い利益を見込めるビジネスもでるです。

メルマガ配信のために店舗なども必要ありませんし、
導入する際にもメルマガ配信スタンドを契約することで
すぐに始めることができるビジネスモデルです。

Apple(アップル)やMicrosoft(マイクロソフト)、
他にも通信販売大手のAmazon(アマゾン)や楽天でも導入しているように、
メルマガ(メールマガジン)を使ったビジネスは
高い利益をもたらす可能性を秘めているビジネスモデルなのです。

以上が、マーケティングの用語、メルマガ(メールマガジン)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP