RSSとは?RSSの意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、RSSの意味を解説していきます。

RSSはXMLというフォーマットで構成されている
Webサイトのタイトルや見出しを記述することができるプログラムです。

Webサイトやブログの運営者がサイトの更新などを行い
それをユーザーに伝えるために多く用いられます。

ユーザーがRSSからブログやサイトの更新情報を受け取るには
RSSリーダーというソフトウェアを利用する必要があります。

ちなみにRSSとはRich Site Summaryの頭文字を取って省略した言葉で、
Webサイトの要約などを意味しています。

RSSはブログをはじめ、インターネット上のさまざまな情報発信に利用されている

RSSではブログやニュースサイトなどをはじめとした
情報発信を行っているWebサイトの更新情報をまとめ、
複数のWebサイトの更新情報をばらばらではなく、
まとまった状態で配信を行うことができる技術です。

複数のWebサイトからの更新情報を
見出し・目次などをまとめて配信するので
ユーザーはお気に入りのWebサイトをRSSに登録しておくことで
1度にまとめて確認することができるようになります。

現在では、ニュースサイトやブログをはじめ、
プレスリリースやサポート情報など、
企業活動におけるさまざまな情報発信にRSSは利用されています。

RSSを利用するにはRSSリーダーが必要になる

RSSを使ってニュースサイトやブログの更新情報を受け取るには
RSSリーダーと呼ばれるソフトウェア・アプリケーションが必要になります。

インターネット上で更新情報を受け取るRSSリーダーがあれば、
パソコンに直接インストールして更新情報を受け取る
ソフトウェアタイプのRSSリーダーもあります。

また、最近ではスマートフォンが普及してきたことから
iPhoneやAndroidスマートフォンの
アプリケーション形式のRSSリーダーもあります。

これらのRSSリーダーを利用することによって
ニュースサイトやブログなど、Webサイトの更新情報を
まとめて受け取ることができるようになります。

RSSを使うメリットとは?

では、RSSを使ってニュースサイトやブログの更新情報を受け取る場合、
どのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

RSSを利用するメリット1:レイアウトが統一され読みやすい

現在ではWordPress(ワードプレス)などのCMSをはじめ
難しいプログラミングを覚えなくても
誰でも簡単にWebサイトやブログをカスタマイズできます。

そのため、記事本文の位置がブログごとに違ったり、
タイトルや見出しの形式、フォントの種類や大きさが
Webサイトによってバラバラになっています。

そのため、必要な情報を探すためにも時間がかかってしまう場合があります。

ですが、RSSを使うことによって
利用しているRSSリーダーの記事の形式に統一して
Webサイトやブログの記事を読むことができます。

そのため、必要な情報やコンテンツを素早く探せて
短時間で情報やコンテンツを収集することができるようになります。

RSSを利用するメリット2:記事の内容を素早く把握することができる

RSSリーダーにはWebサイトの記事タイトル一覧や
記事の内容の要約を表示することができます。

そのため、記事本文を開かなくても
短時間でおおまかな記事の内容を理解することができます。

自分にとって必要な記事かどうか、
必要な情報やコンテンツがある記事なのかどうかが分かるので
これも時間短縮につながるRSSの大きなメリットということになります。

RSSを利用するメリット3:Webサイトにアクセスして更新を確認する必要がなくなる

RSSリーダーを利用することによって、
自分のお気に入りのWebサイト・ブログを登録さえしておけば
更新の通知を受け取ることができます。

お気に入りのWebサイト全てにアクセスして更新の情報を確認する必要がないので
手間や時間を大きく短縮することができます。

Webサイト運営者がRSSを利用するメリット

また、Webサイトの運営者、情報を発信する側にも
RSSを利用するメリットは存在します。

RSSによってWebサイトの更新を通知するようにすれば
より多くのユーザーに情報を届けることができるようになります。

ユーザーの立場からすれば、RSSを利用して
ブログやニュースサイトを購読することは、
メールアドレスの登録などの煩わしさもなく、
手軽に行うことができます。

そのため、情報を発信する側も
RSSを利用することによって
多くのユーザーに記事を配信することができるというメリットがあります。

まとめ:RSSは使ってみることが大切

特に情報収集を行う上では
RSSリーダーは非常に便利なツールということができます。

多くのメリットが存在し、さらに、
RSSを利用する上で大きなデメリットは特に存在しません。

実際に利用してみることによって
RSSの使い方や利便性が分かるため、
実際に利用してみることが最も大切であると言うことができます。

以上が、マーケティングの用語、RSSの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP