UXとは?UX(ユーザーエクスペリエンス)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、UX(ユーザーエクスペリエンス)の意味を解説していきます。

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは
ある製品やサービスを使用・消費・所有したユーザーが
得ることのできる体験全体のことを指すマーイケティングの用語です。

UXはユーザーエクスペリエンス(User Experience)を省略した用語で、
Experienceには「体験」「経験」などの意味が含まれているので
ユーザーが製品やサービスを通じて得られる
「経験」や「体験」ということになるのです。

UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視することはユーザー中心に設計された製品やサービス

UX(ユーザーエクスペリエンス)は、
UI(ユーザーインターフェース)やユーザビリティーと
同じような意味で捉えられることがあります。

しかし、UI(ユーザーインターフェース)やユーザビリティーは
製品の持つ要素や機能に着目する概念になりますが、
UX(ユーザーエクスペリエンス)の場合には
製品やサービスだけではなく、それを利用するために関連する
販促やアフターサポートなど、様々な要素を含む概念になります。

つまり、製品やサービスの機能や単純な使いやすさだけではなく、
ユーザーが感じる使い心地、感動、印象なども重視されるのが、
UX(ユーザーエクスペリエンス)になるのです。

また、UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視するということは
ユーザーがストレスなく利用できる、
つまり、ユーザー中心に設計された製品やサービスということになります。

UX(ユーザーエクスペリエンス)の具体例

では、UX(ユーザーエクスペリエンス)には具体的に
どのようなことを指すのかを解説します。

具体例として、ホームページのUX(ユーザーエクスペリエンス)です。

ホームページを見た場合にユーザーが感じることには、

「ページ全体のデザインが見やすい」「使われている画像が好き」
「読みやすいフォントを使っている」「ページの読み込み・表示が速い」

このような要素があります。

これらの要素全てがUX(ユーザーエクスペリエンス)となります。

また、UX(ユーザーエクスペリエンス)は
ユーザーの経験や体験を全て含めますので、
ホームページに会員登録のフォームが設置されていたり、
資料請求が目的のWebサイトになる場合、
「入力方法が分かりやすかった」「資料がすぐに届いた」など、
単純にホームページが使いやすいかどうかだけでなく、
サービス全体に関することも含まれています。

UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視するメリット

では、UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視して
製品やサービスの開発を行うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視することによって
現代のマーケティング、ビジネスに関するメリットが3つ存在します。

ここで、これら3つの
UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視するメリットを紹介していきます。

UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視するメリット1:競合との差別化になる

現在では様々な業界において製品やサービスが飽和していて
機能や性能が優れているものが溢れかえっています。

そのため、ユーザーが製品やサービスを選ぶ基準となるのが
製品やサービスによって得られる経験や体験、
つまり、UX(ユーザーエクスペリエンス)となります。

そのため、UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視した
製品やサービスの開発は競合他社との差別化につながります。

UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視するメリット2:デバイスの多様化に対応できる

スマートフォンやタブレットなど、
ユーザーがインターネットに接続するためのデバイスは
多種多様となっています。

それに対応するために必要となるのが
常にユーザーが製品やサービスを利用する場面を想定し、
UX(ユーザーエクスペリエンス)を高めていくことになるのです。

UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視するメリット3:購買プロセスの変化への対応

消費者の製品やサービスの購買プロセスは
以前やAIDA(アイーダ)やAIDMA(アイドマ)が一般的でした。

しかし、インターネットやWebメディアが普及した現在では
AISAS(アイサス)をはじめ、新たな購買プロセスが
提唱されるようになってきました。

特に、SNSなどのソーシャルメディアを使った
Share(共有)のプロセスでは体験や経験が語られるので、
UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視して
ユーザーの体験・経験に着目する必要があります。

まとめ:現代のマーケティングではUX(ユーザーエクスペリエンス)が重視される

GoogleやYahoo!を使ってインターネット検索を行うユーザーは
一般的に検索結果のページに自分の欲しい情報が掲載されているかどうか、
3秒以内に判断していると言われています。

この場合には、表示された情報を確認してから判断しているのではなく、
感覚的に、体験から判断していると言うことができます。

そのため、ユーザーの「体験」「経験」である
UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視することによって
ビジネス・マーケティングにつなげることができると判断できます。

現在の製品開発やマーケティングでは
UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視する必要があるのです。

以上が、マーケティングの用語、UX(ユーザーエクスペリエンス)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP