HTMLメールとは?HTMLメールの意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、HTMLメールの意味を解説していきます。

HTMLメールとは電子メールの本文を
標準テキストではなく、HTMLで記述したメールのことを指します。

標準テキストのメールではできない
メールの本文中の文字色、文字サイズを変更したり、
画像の埋め込みなどのさまざな表現が
HTMLメールを利用することで可能になります。

ただし、HTMLメールを利用する場合、
メールを送信する側が
HTMLメールに対応しているだけでは不十分で、
メールを受信する側でも
HTMLメールに対応している必要性があります。

また、メルマガをHTMLメールで配信する場合には
HTMLメールでの配信をメルマガ配信とは別で
許可・オプトインをするのが一般的になっています。

また、HTMLメールを作成するためには
HTMLタグなどのHTMLに関する知識が必要になります。

HTMLメールではテキストメールよりも多彩な表現が可能

HTMLメールはメールの本文を
Webページの作成に使用するHTMLを利用して
記述をした電子メールのことを指します。

HTMLを利用することによって、
HTMLメールではテキストメールではできなかった
さまざまな表現をすることが可能になっています。

たとえば、従来のテキストメールでは
フォントカラー(文字色)やフォントサイズ(文字の大きさ)を
変更することができませんでしたが、
HTMLメールではHTMLタグを利用することで
それらを変更し、表現の幅を広げることができます。

他にもメールの本文中に画像を埋め込んだり、
メールの本文中で表を使うなど、
これまでのテキストメールではできなかった
視覚的な表現方法がHTMLメールでは可能になっています。

そのため、HTMLメールには
HTMLタグをはじめ、
HTMLに関する知識が必要になりますが、
企業のメールマガジンなどでは
テキストメールではなく
HTMLメールを利用するケースが増えています。

HTMLメールなら視覚的な情報が多く、
開封率が上がることから利用が増えているのです。

HTMLメールのメリットとデメリットのまとめ

では、HTMLメールを利用することによって
具体的にどのようなメリット、
また、デメリットがあるのでしょうか?

ここで、HTMLメールの特徴を
メリットとデメリットに分けてまとめてみました。

HTMLメールのメリット

最初にHTMLメールを利用するメリットです。

先述したように、HTMLメールを利用することによって
フォントカラー(文字色)やフォントサイズ(文字の大きさ)の変更、
また、本文中で画像や動画を使うことによって
視覚的な訴求をすることができます。

また、本文中のリンクなども
HTMLメールなら
キレイに埋め込むことができます。

また、テキストメールにできないこととして、
HTMLメールならメルマガの開封率を測定することができます。

テキストメールでは本文中のURLのクリック率を
測定することはできましたが、
メールが開封されたかどうかの「開封率」を
測定することはできませんでした。

しかし、HTMLメールなら
HTMLタグをメールに埋め込んでいるため、
メルマガのクリック率だけではなく、
テキストメールでは測定できなかった
開封率まで測定することができるんです。

これらがHTMLメールを利用する
大きなメリットとなります。

HTMLメールを利用するデメリット

次に、HTMLメールを利用することによるデメリットです。

HTMLメールを利用することの一番のデメリットは
メールを作成するために専門的なHTMLの知識が
必要になってくることです。

テキストメールの場合、
日本語の文章を書くことができれば
基本的にメールを作成することができますが、
HTMLメールの場合はそうはいきません。

メールの本文中にHTMLを記述するための
専門的な知識が要求されるのです。

また、HTMLメールの場合、
メールを受信する側の環境が整っていない場合、
正しく表示されなくなってしまったり、
HTMLタグが表示されてしまいます。

送信側だけでなく、受信側の環境も整っていることが
HTMLメールでは必要になるのです。

また、メール本体の容量もテキストメールよりも大きくなるので
受信までに時間がかかってしまったり、
開封してから本文が表示されるまでに時間がかかってしまいます。

これらがHTMLメールを利用するデメリットになります。

まとめ:HTMLメール

画像が使える、メール本文のビジュアルがキレイになるなど、
HTMLメールには多くのメリットが存在します。

しかし、その一方で、
多くのデメリットを抱えていることも理解して、
HTMLメールを使用する必要があります。

メール、メルマガを送信する目的を考え、
その目的のためにHTMLメールを使うのが
必要だと判断した場合にのみ
HTMLメールを利用するのが適切な選択になると思います。

以上が、マーケティングの用語、HTMLメールの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP