CMSとは?CMS(コンテンツマネジメントシステム)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、
CMS(コンテンツマネジメントシステム)の意味を解説していきます。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは
HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、
簡単にWebサイトを作ることのできるシステムです。

Contents Management System(コンテンツマネジメントシステム)を省略し、
頭文字を取ったCMSという用語が使われるようになっています。

<h2CMS(コンテンツマネジメントシステム)では簡単にWebサイトを作れる

CMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用すれば
HTMLやCSS、プログラミングの知識など、
一般的にWebサイトの作成に必要とされている
専門的な知識がない場合でも、
簡単にWebサイトを作ることができます。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の管理画面から
文章や画像を登録することによって、
HTML言語やCSSのデザインなどが分からなくても
簡単にWebページを作ることができるんです。

ブログシステムなど、一般的に個人が
ブログを開設したりするためのシステムツールも
CMS(コンテンツマネジメントシステム)ということになります。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)が
一般的に普及したと言われているのが2005年頃と言われていて、
その頃は個人ブログが増加した時期と
重なると言われている時期になります。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)でさまざまなWebサイトが作れる

CMS(コンテンツマネジメントシステム)には
汎用的なものをはじめ、一定の目的に特化したものまで
数多くの種類のものが存在します。

多彩な機能を持ったCMS(コンテンツマネジメントシステム)の場合、
Webサイト内のページを期間限定公開にしたり、
限定公開にするための機能、バージョン管理など、
数多くの機能を搭載しているものが多くなります。

そのため、Webページ、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の
品質を保ったまま、複数人で作業ができる
CMS(コンテンツマネジメントシステム)も存在しています。

他にも、ブログに特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)なら
ページの自動生成機能、トラックバック機能など、
さまざまなブログ運営のための機能が搭載されています。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)に共通する特徴

さまざまな種類のあるCMS(コンテンツマネジメントシステム)ですが、
実は共通した特徴もあります。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)に共通する代表的な特徴として

複数の管理者によって操作ができること
Webサイト内での検索が行えること
プラグインなどを利用してシステムを拡張、使える機能を増やすこと
オープンソースとしてGPLを適用すること
デザインカスタマイズにはCSSを利用していること

これらがCMS(コンテンツマネジメントシステム)に
共通している特徴として挙げることができます。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入するメリット

現在ではWebマーケティングが一般的となり、
多くの企業でもWebを利用したマーケティング活動、
宣伝・広告活動が一般的に行われるようになってきています。

しかし、WebマーケティングのためにWebサイトを用意する場合、
HTML言語やCSSのデザインなど、
専門的な知識が必要となり、
本来力を入れるべきマーケティング業務に
集中することができなくなってしまう可能性があります。

そこで、CMS(コンテンツマネジメントシステム)によって
Webサイトの作成や更新をすることで、
業務の効率化をはかることができます。

そのため、本当に集中するべき
マーケティングの業務などに力を注ぐことが
CMS(コンテンツマネジメントシステム)を使うことで
可能になっていくのです。

そのため、多くの企業で現在では
CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入が進んでいます。

まとめ:多くのWebサイトがCMS(コンテンツマネジメントシステム)で作られている

現在では多くのWebサイトが
CMS(コンテンツマネジメントシステム)によって
作成されています。

これまでは、CMS(コンテンツマネジメントシステム)は
大手企業向けのサービスが多かったため、
数百万円単位のものばかりでした。

しかし、現在では、wordpress(ワードプレス)をはじめ、
無料で利用できるCMS(コンテンツマネジメントシステム)や
安価に利用できるCMSも増えてきています。

そのため、個人や中小企業のWebサイトから、
大企業のWebサイトまで、
現在では非常に多くのWebサイトが
CMS(コンテンツマネジメントシステム)によって作成されています。

Webに関する業務の効率化を考えた場合、
CMS(コンテンツマネジメントシステム)は必須のシステムとなるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、
CMS(コンテンツマネジメントシステム)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP