マーケットシェアとは?マーケットシェアの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、マーケットシェアの意味を解説していきます。

マーケットシェアとは企業が販売する製品やサービスの販売量が
特定市場の販売量に対して占める割合のことを指します。

マーケットシェアの他にも
「市場占有率」や「市場占拠率」と呼ばれることもあります。

企業がその市場においてどのくらいの支配力を持っているのか、
市場支配力の指標ともされます。

マーケットシェア(市場占有率)は一定の市場における販売量の割合

企業が提供する製品やサービスが
期間、エリア、商品カテゴリ、業種など、
絞られた一定の市場の範囲でどのくらいの販売量を占めているのか、
それを示す比率・パーセンテージがマーケットシェア(市場占有率)です。

マーケットシェア(市場占有率)が高ければ
その分企業が市場を支配、占拠していると考えられるので、
マーケットシェア(市場占有率)は市場支配力の指標とも呼ばれます。

たとえば、商品カテゴリによって市場を絞り込み、
その絞り込んだ市場における製品の月間販売数が100個だとします。

その時に特定企業の製品が40個の売上を占めているとしたら、
企業のマーケットシェア(市場占有率)は30%であると
表すことができるのです。

この数値、パーセンテージが高ければ高いほど
マーケットシェア(市場占有率)が高くなり、
逆に低くなれば、マーケットシェア(市場占有率)が低いということになります。

消費者の購買プロセスにおいてマーケットシェア(市場占有率)は大きな指標の1つとなる

消費者が製品やサービスの購買を決定する際には
マーケットシェア(市場占有率)が
どのブランドにするのか、どの企業の製品にするのか、
その選択の1つの指標となります。

企業のマーケットシェア(市場占有率)が高ければ
消費者が特定の製品やサービスを購入しようと考えた時に
一番最初にその候補のひとつとして考えられます。

そのため、マーケットシェア(市場占有率)は
企業の売上や収益に直結する指標であることからも
重要視するべき指標のひとつと考えることができます。

高価格帯の製品やサービスほどマーケットシェア(市場占有率)が重視される

一般的には、高価格帯な製品やサービスを購入しようとしている
消費者ほどマーケットシェア(市場占有率)を重要視すると考えられます。

具体的な例で言えば、家電製品や家財道具、自動車、住宅など、
高額でかつ、一度購入したら長期間使い続ける製品です。

高い買い物をしようとする消費者にとって
マーケットシェア(市場占有率)は企業に対する
信頼性の重要な根拠となっているのです。

ですので、家電メーカーや自動車メーカー、
他にも住宅販売会社など、
先ほどあげたような高額な製品やサービスを販売する企業ほど
マーケットシェア(市場占有率)を重視し、
少しでも高めようとしています。

マーケットシェア(市場占有率)を上げるのは大きなメリット

このように、消費者からの信頼を得て、
また企業の売上・収益に直結することからも
マーケットシェア(市場占有率)を高めていくことは
企業にとって大きなメリットとなります。

私たちが消費者として買い物をする際、
特に家電製品などの高額な製品を買おうとした際に
どの製品にしようか迷った場合には、
その製品ジャンルの中でも売れている企業の
製品を候補として考えますよね。

大型テレビを買おうと思ったときに
家電やテレビに詳しくなければどれにしたらいいのか迷います。

そんな時に真っ先に考えるのが
「どのメーカーが一番売れているのか」ということです。

つまり、私たちも自然とマーケットシェア(市場占有率)を意識していて、
製品やサービスの選択において重要な役割を果たしているのです。

マーケットシェア(市場占有率)を高めるための方法

そこで一番気になるのがマーケットシェア(市場占有率)を
高めるための方法、マーケティング戦略ですよね。

マーケットシェア(市場占有率)を高める方法として一般的なのが、
「マーケットイン」と「プロダクトアウト」のバランスを考えることがあります。

少し前までは「商品ありき」「ものがあれば売れる」という
プロダクトアウトの考え方が中心で、
それによって企業は成功を収めてきました。

しかし、現在では「消費者ありき」「ニーズに応える」という
マーケットインの考え方にも注目が集まっていて、
プロダクトアウト、マーケットイン、
これら2つの考え方をバランス良く取り入れることが大切だとされています。

他にも「ブランディング」を行うことも
マーケットシェア(市場占有率)を高めるためには有効です。

ライバルや競合する企業に対して
ブランディングで差を付けることができれば
「この企業なら買う」という消費者心理を作り出せるので、
マーケットシェア(市場占有率)を高めるために有効なのです。

まとめ:マーケットシェア(市場占有率)

企業の収益を伸ばしていくためにも
マーケットシェア(市場占有率)を高めることは非常に重要です。

自社はどのくらいマーケットシェア(市場占有率)を
占めることができているのかを確認し、
収益を上げるために何をしていけばいいのか、
マーケティング戦略を考える必要があるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、マーケットシェア(市場占有率)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP