データベースマーケティングとは?データベースマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、データベースマーケティングの意味を解説していきます。

データベースマーケティングとは、
データベースに蓄積された顧客の属性、購買履歴などを参照し、
そのデータに基づいたアプローチを行う
マーケティングの手法になります。

それぞれの顧客の個人情報、購買履歴といった
データを分析することによって、
マーケティングの施策を導き出す手法になります。

データベースマーケティングは
CRM(顧客関係管理)と似ていると思われがちですが、
CRMがマーケティング戦略の構築ではなく
顧客との関係を維持することに重点を置いていて、
データベースマーケティングはCRMによって得られたデータを利用し、
マーケティング戦略を構築していくことにフォーカスしています。

主に個人をベースとしたデータを利用して
データベースマーケティングは戦略を構築します。

ただ、データベースマーケティングによって
新しく生み出される戦略は必ずしも個人を対象とした
ダイレクトマーケティングになるとは限りません。

データベースマーケティングでは
マスマーケティングのような戦略が導き出されることもあります。

データベースマーケティングは新規顧客の獲得よりも既存顧客との関係性維持が目的

顧客の属性に関する情報、アンケートの回答結果、
購買履歴などのあらゆる顧客に関するデータを
データベース化することによって戦略を構築するのが
データベースマーケティングです。

ターゲットセグメンテーションによってグループ分けされた
それぞれの顧客に対して適切なサービスを提供していく
マーケティングの手法のひとつです。

そのため、データベースマーケティングの目的は、
新規顧客の獲得ではなく、
既存顧客との関係性を維持し、
長期的に有効な関係性を構築していくことにあります。

そのため、CRM(顧客関係管理)と似ている点があると考えられます。

たとえば、One To Oneマーケティングを実現するために
データベースマーケティングを利用する場合があります。

顧客情報と趣味や嗜好などをデータベースに管理します。

そして、データベースの内容に基づいて
絞り込んだ顧客に効果がありそうな製品、サービスの
パンフレットや広告を送ります。

それによって得られたレスポンスなどの結果をデータベースに反映させ、
検証した結果を次のプロモーションプログラムで活かしていく、

これがデータベースマーケティングによって
One To Oneマーケティングの
戦略を構築していくためのひとつの例になります。

データベースマーケティングで効率的な販促活動ができるようになる

たとえば、データベースマーケティングによって
どの顧客の購入頻度が高く、また、どの顧客が購入頻度が低いのか、
そのデータを把握することができれば、
効率的なマーケティングを展開することができます。

購入頻度に応じて販売コストを分配し、
購入の可能性の高い顧客にコストを分配することができるからです。

また、データベースマーケティングでは
データベースの情報が多くなるほどに
属性をセグメンテーションする際の制度が高くなり、
マーケティングの効率を上げることができます。

そのため、データベースマーケティングでは
プロモーションを行い、その結果得られたデータを
データベースに蓄積するという活動を
交互に行っていくことが重要になります。

代表的なデータベースマーケティング:ステップメール

では、データベースマーケティングの具体例として、
代表的なステップメールの送付を紹介していきます。

たとえば、ある化粧品を受注した場合、
データベースがあれば、ユーザーが製品を使い終えるタイミングを
計算することができます。

データベースから計算されたタイミングで
同一商品の買い換えをセールするメールを
メルマガのステップメール機能で自動的に送付することによって
継続的な商品の購入を見込むことができます。

これが、データベースマーケティングを利用した
マーケティングを効率化するための具体例になります。

まとめ:データベースマーケティングは重要なマーケティング手法のひとつ

既存顧客との有効な関係を継続するためには、
データベースマーケティングを利用することが効果的です。

IT技術が発展したこともあり、
データベースに蓄積していくことによって
現在では大量のデータも容易に扱うことができます。

そのため、顧客に関するデータを蓄積していくことによって
マーケティングの効率を高めていくことができる
データベースマーケティングも非常にやりやすくなりました。

既存顧客からの利益の獲得は、
企業全体の利益をのばしていくためにも効果的なので、
データベースマーケティングを使って
既存顧客との関係性を維持、利益を生み出すことは
非常に重要なマーケティングの手法であるといえます。

以上が、マーケティングの用語、データベースマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP