One to Oneマーケティングとは?One to Oneマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
One to Oneマーケティングの意味を解説していきます。

One to Oneマーケティングとは
顧客ひとりひとりに対して
属性、嗜好、購入履歴、ニーズなど、
顧客別にそれぞれの顧客に合わせて
パーソナライズされた情報を発信・提供し、
マーケティングを展開していく手法です。

One to Oneマーケティングではそれぞれの顧客に対して個別のアクションプランを行う

One to Oneマーケティングでは
顧客データを収集・登録・分析することによって
データベースの構築、セグメンテーションを行うことによって、
それぞれの顧客に対して個別のアクションプランを行うことが
可能になるマーケティング手法です。

属性、嗜好、購入履歴、ニーズなど
それぞれの顧客ひとりひとりに合わせて
マーケティングを展開していきます。

One to Oneマーケティングは新規顧客の開拓ではなく既存顧客との関係構築が目的

One to Oneマーケティングでは
顧客別にパーソナライズされた情報によって対応するので、
マスマーケティングをはじめとした
不特定多数を対象として新規顧客の開拓・獲得を目的としていません。

それぞれの顧客に対して最適な対応を行うことで、
いわゆる「おもてなし」を提供することによって
既存顧客との関係性を構築していくことが目的となる
マーケティングの手法となるのです。

たとえば、One to Oneマーケティングを
インターネットを利用して行う場合、
顧客データを登録し、分析し、顧客データベースを構築します。

そして、その顧客データベースから
それぞれの顧客に対してパーソナライズされた
Webページの表示、メールの配信、
他にもインターネット広告の提供を行います。

これがインターネットを利用した
One to Oneマーケティングとなるのです。

One to Oneマーケティングで顧客別にWebページやメールをカスタマイズする

では、先述したインターネットを利用して
One to Oneマーケティングを行う場合の
顧客別にパーソナライズ、カスタマイズされた
Webページの表示について詳しく解説していきます。

紹介するOne to Oneマーケティングの手法は
Webページを顧客それぞれに合わせて
パーソナライズ、カスタマイズして表示する場合です。

ユーザーがアクセスするきっかけとなった検索キーワード、
他にも、アクセスしている地域などを分析し、
その情報をもとに表示されるコンテンツを変えていきます。

他にも、過去のサイトの閲覧履歴、
また、製品やサービスの購入履歴を参考にすることで
それぞれのユーザーに合わせたおすすめの商品を
表示する方法もあります。

これらが、インターネットを利用して
One to Oneマーケティングを行う場合の
ひとつの手法となるのです。

これらの手法を利用したマーケティングによって
それぞれのユーザーにとって必要な情報を
個別に提供するのがOne to Oneマーケティングです。

そのため、One to Oneマーケティングを利用することで
レスポンス率やCVR(コンバージョン率・成約率)を
高めていくことが期待できるのです。

One to Oneマーケティングは以前から行われていたマーケティングである

実は、One to Oneマーケティングは
目新しいマーケティングの手法、施策というわけではありません。

日本の企業を含め、多くの企業で
One to Oneマーケティングは古くから行われています。

店頭での対話をはじめ、個別で受け付ける苦情への対応など、
多く企業が当たり前のように古くから行っている活動も、
それぞれの顧客へ個別に対応しているという点で、
One to Oneマーケティングの一種なのです。

インターネットによる事例を紹介しましたが、
実はそれ以外にも
実店舗や電話での対応を含め、
One to Oneマーケティングの事例は
以前から数多く存在していたのです。

まとめ:One to Oneマーケティング

これまでは顧客ひとりひとりに
個別の対応をするOne to Oneマーケティングは
難しかったのかもしれません。

しかし、ITの発展、インターネットの普及により、
システムを利用してより簡単に
顧客ひとりひとりに対して
パーソナライズ、カスタマイズされた情報を
発信することが可能となりました。

そのため、現在では
顧客ひとりひとりを対象としたOne to Oneマーケティングも
非常に簡単に行っていくことができるのです。

また、顧客それぞれのニーズが多様化した現在では
それぞれの顧客に対して適切なマーケティングを展開できる
One to Oneマーケティングという手法は
非常に有効であり、重要なマーケティングであると
考えることができるのです。

以上が、マーケティングの用語、One to Oneマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP