O2Oとは?O2O(オンライントゥーオフライン)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
O2O(オンライントゥーオフライン)の意味を解説していきます。

O2O(オンライントゥーオフライン)とは、
インターネット上、つまり、オンラインでの
情報や活動によって顧客を集め、誘導することで
実店舗、オフラインでの販売機会を増やす仕組みを指す
マーケティングの用語です。

他にも、インターネット上(オンライン)と
実店舗(オフライン)で連携して販売活動をすることも
O2O(オンライントゥーオフライン)に含まれます。

Online to Offline(オンライントゥーオフライン)を省略し
O2Oと呼ばれるようになった
マーケティングの用語です。

そのため、OtoOと表記されることもあります。

O2O(オンライントゥーオフライン)はオンラインとオフラインが相互に影響を及ぼす仕組み

O2O(オンライントゥーオフライン)は
「インターネット上(オンライン)での活動と実店舗(オフライン)が連携し相互に影響を及ぼす」
仕組みのことを指すマーケティングの用語です。

インターネット上(オンライン)の情報が
実店舗(オフライン)での購買活動に影響を与えるなど、
オンラインからオフラインへと消費者の行動を
誘導していくマーケティングの施策を
O2O(オンライントゥーオフライン)といいます。

もともと、O2O(オンライントゥーオフライン)は
EC(電子商取引・インターネットショッピング)の分野で
使われていた用語でしたが、
現在では幅広い分野において用いられている用語です。

O2O(オンライントゥーオフライン)の具体的な例

では、O2O(オンライントゥーオフライン)は
どのような活動、または、消費者の行動を指すのでしょうか?

ここで、O2O(オンライントゥーオフライン)の
具体例を紹介していきます。

例えば、オンラインストアやネットショップで買い物をしたり
アクセスしたユーザーに対して
実店舗(オフライン)で利用できる割引クーポンを発行する
マーケティングはO2O(オンライントゥーオフライン)ということができます。

他にも、顧客がインターネットで情報収集をしてから
実店舗で製品やサービスを購入した場合、
これもO2O(オンライントゥーオフライン)によって
取引が発生したと考えることができます。

このように、実店舗(オフライン)で利用できるクーポンを
オンラインで配布したり、
また、インターネットを利用して
製品やサービスの価格を調べてから店舗を決定する場合を
O2O(オンライントゥーオフライン)の具体例ということができます。

O2O(オンライントゥーオフライン)のメリット

では、O2O(オンライントゥーオフライン)で
マーケティングを展開する場合、
どのようなメリットがあるのでしょうか?

O2O(オンライントゥーオフライン)を利用することの大きなメリットに
マーケティング施策の効果を測定しやすいことがあります。

Webマーケティングを実施した場合、
効果を測定するためには専門的な知識が要求されることがありました。

アクセス解析のコンバージョン設定など、
Webに関する専門的な知識が要求されます。

しかし、O2O(オンライントゥーオフライン)の場合、
たとえばオンラインでクーポンを配るマーケティングの場合、
実際に実店舗(オフライン)にお客さんが持ってきた数を数えるだけなので、
Webに関する専門的な知識を持たなくても
簡単にマーケティングの効果を測定することができるのです。

これが、O2O(オンライントゥーオフライン)のメリットです。

O2O(オンライントゥーオフライン)からO2O2Oへ

また、最近では、インターネットやWebメディアの発展、
そしてスマートフォンやソーシャルメディアが普及したことで
オンラインとオフラインの融合がさらに進んでいると言われています。

そのため、O2O(オンライントゥーオフライン)で
行動が終わるのではなく、さらにその先の、
O2O2Oという行動へ変化している動きも増えてきています。

O2O(オンライントゥーオフライン)では
オンラインでの情報やクーポンが
オフラインでの行動につながりました。

そのオフラインでの行動がソーシャルメディアなどで
オンラインで共有されることで、
新たなオフラインでの行動につながっていくのです。

このような動きのことを
O2O(オンライントゥーオフライン)が発展した
O2O2Oという用語で表すことができるのです。

まとめ:O2O(オンライントゥーオフライン)

インターネット、Webメディアが発展した現代では
O2O(オンライントゥーオフライン)による
オンラインでの活動を組み込むことが
実店舗(オフライン)でのビジネスでも
収益を上げる施策につながっていきます。

そのため、O2O(オンライントゥーオフライン)は
今後も重要な施策の1つとなっていくと考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、
O2O(オンライントゥーオフライン)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP