LTVとは?LTV(ライフタイムバリュー)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
LTV(ライフタイムバリュー)の意味を解説していきます。

LTVとは、Life Time Value(ライフタイムバリュー)の
頭文字を取って省略したマーケティングの用語で、
Life Time Value(ライフタイムバリュー)を
日本語に訳した場合、顧客生涯価値という意味になります。

企業がひとりの顧客との関係を維持し続ける場合に、
関係が維持されている期間にその顧客が
製品やサービスの購入によって企業にもたらす価値・利益のことを
LTV(ライフタイムバリュー)という言葉で表されます。

このLTV(ライフタイムバリュー)の指標が高い顧客ほど
「優良顧客である」という判断をすることができます。

リピート購入されることが前提となっている製品の場合、
LTV(ライフタイムバリュー)は重要な指標となります。

LTV(ライフタイムバリュー)は顧客生涯価値であり、CRMとの親和性が高い指標である

LTV(ライフタイムバリュー)は
日本語で顧客生涯価値と訳され、
ひとり、または一社の顧客が自社に対して
取引開始から取引終了までの間に
どれだけの利益をもたらすのかを算出した指標です。

また、LTV(ライフタイムバリュー)における
取引開始から取引終了までの期間のことを
「顧客ライフサイクル」という言葉で表せます。

LTV(ライフタイムバリュー)は
顧客との取引開始から取引終了までの
すべての利益を算出することになるので、
顧客との関係性を良好に保つことで
企業の利益を向上させるCRMとの親和性が高いと言われています。

CRMとは
カスタマーリレーションシップマネジメント(Customer Relationship Management)を
省略したマーケティングの用語で、
「顧客関係管理」「顧客関係性マネジメント」と
日本語に訳すことのできるマーケティングの用語です。

一般的にロイヤリティの高い顧客ほど
顧客ライフサイクル内で大きな利益をもたらすと言われていて
LTV(ライフタイムバリュー)が大きくなっていくので、
顧客との関係性を良好に保つことを目的とした
CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)との
親和性が高いと言われているのです。

LTV(ライフタイムバリュー)が重視される理由

新規顧客から利益を得るためには
既存顧客の5倍のコストが必要になるという
1:5の法則をはじめ、
既存顧客を維持し、拡大していくことは
ビジネスにおいて非常に重要とされています。

このように、新規顧客獲得の難しさから
既存顧客維持の重要性が注目された結果として、
LTV(ライフタイムバリュー)の考え方が
注目されるようになってきたのです。

LTV(ライフタイムバリュー)では
顧客ごとに「時間」「利益」という
定量化、数値化できる指標となるので、
既存顧客を維持・拡大するための
判断指標として利用されるようになってきているのです。

LTV(ライフタイムバリュー)の算出・計算方法

では、LTV(ライフタイムバリュー)は
どのような計算をして算出していくのでしょうか?

ここで一般的にLTV(ライフタイムバリュー)を算出するための
計算方法・算出方法を紹介していきます。

LTV(ライフタイムバリュー)を計算・算出するための
一般的・基本的な計算式は

LTV(ライフタイムバリュー)
=年間取引額×収益率×取引継続年数(滞在期間)

このような計算式で算出することができます。

LTV(ライフタイムバリュー)は期間LTV(ライフタイムバリュー)の方が実用的

LTV(ライフタイムバリュー)は
「顧客生涯価値」つまり、顧客ライフサイクルの最初から最後までで
指標を試算、算出していきますが、
実際には期間LTV(ライフタイムバリュー)での試算の方が実用的です。

期間LTV(ライフタイムバリュー)とは
顧客ライフサイクルの最初から最後までではなく、
その中での特定期間(例えば取引開始から3年間など)で
試算をするLTV(ライフタイムバリュー)の一種です。

実際には企業活動では一定期間での利益回収が必要となるので、
「投資したコストを回収するまでにはどのくらいの期間がかかるのか」を
計算・試算することができる期間LTV(ライフタイムバリュー)が
実用的なLTV(ライフタイムバリュー)の指標になるのです。

まとめ:LTV(ライフタイムバリュー)はマーケティングにおいて重要な指標

LTV(ライフタイムバリュー)は
マーケティングにおいて非常に重要な指標になります。

LTV(ライフタイムバリュー)が分かれば
ひとり・一社の見込み客を獲得するために使うことのできる
予算を算出することができるようになるからです。

たとえ見込み客を獲得するための活動で
赤字になってしまっても、
LTV(ライフタイムバリュー)を考えて
黒字になればそのビジネスは利益を生み出していると
考えることができるからです。

以上が、マーケティングの用語、LTV(ライフタイムバリュー)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP