ビークル(媒体ビークル)とは?ビークル(媒体ビークル)の意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティングの用語、ビークル(媒体ビークル)の意味を解説していきます。

ビークル(媒体ビークル)とは、情報の伝達手段のことを指す
マーケティングの用語です。

単にビークルと呼ばれたり、媒体ビークルと呼ばれることもあります。

マーケティングやビジネスで使われる場合には
ビークル(媒体ビークル)は見込み客や既存の顧客に向けた
コミュニケーションや情報伝達のための手段・メディアを表します。

ビークル(Vehicle)を日本語に翻訳した場合、
「伝達手段」と訳することができます。

そのため、情報の伝達手段を表す場合に
ビークル(媒体ビークル)という言葉で表されるようになるのです。

ビークル(媒体ビークル)はメディア、チャネルと同じ意味で使われる

ビークル(媒体ビークル)とは、情報の伝達手段、
つまり、コミュニケーション手段のことを指す言葉です。

電子メールやWeb(ウェブ)、FAX(ファックス)、
ダイレクトメール(DM)、電話など、
これらコミュニケーションの手段のことをビークル(媒体ビークル)と言います。

日本ではメディア、チャネルなどという呼び方が一般的で浸透していますが、
特に今のアメリカなどではビークル(媒体ビークル)が
コミュニケーション手段のことを指す一般的な呼び方になっています。

アメリカ系など、外資系企業でビークル(媒体ビークル)という言葉が使われたら
メディアやチャネルなど、情報伝達の手段と同じことを指すと考えておけば
混乱せずにすむでしょう。

広告業界でのビークル(媒体ビークル)と媒体タイプ・媒体クラス

広告業界では、広告媒体を分類するための言葉として
ビークル(媒体ビークル)が使われます。

また、ビークル(媒体ビークル)の他にも、
媒体タイプ、媒体クラスという言葉も広告媒体の分類で使われる言葉です。

ここで、ビークル(媒体ビークル)、
媒体タイプ・媒体クラス、
それぞれの意味を解説していきます。

媒体タイプ・媒体クラスとビークル(媒体ビークル):媒体タイプ・媒体クラスの意味

媒体タイプ・媒体クラスは広告媒体の分類のことを表すマーケティングの用語で、
ビークル(媒体ビークル)と比べると、
比較的大きな広告媒体の分類のことを意味しています。

たとえば、テレビや新聞、ラジオ、雑誌、ホームページなど、
このような広告媒体の分類の方法を媒体タイプ・媒体クラスと
広告業界では分類をしていきます。

そして、媒体タイプ・媒体クラスをさらに細分化、分類したものを
ビークル(媒体ビークル)という言葉で表すことになります。

媒体タイプ・媒体クラスとビークル(媒体ビークル):ビークル(媒体ビークル)

媒体タイプ・媒体クラスをさらに細分化した広告媒体がビークル(媒体ビークル)で、
いわゆる広告を掲載する媒体の銘柄のことをビークル(媒体ビークル)といいます。

たとえば、「テレビ」の媒体タイプ・媒体クラスは
「テレビ番組」というビークル(媒体ビークル)に
細分化、分類することができますよね。

つまり、テレビ全体を1つの広告媒体としていうのであれば
媒体タイプ・媒体クラスになりますし、
テレビをテレビ番組まで細分化・分類すれば
ビークル(媒体ビークル)ということになるのです。

他にも具体的な例として、「新聞」のビークル(媒体ビークル)があります。

新聞は媒体タイプ・媒体クラスということになりますが
それを分類していけばビークル(媒体ビークル)になります。

その場合の新聞のビークル(媒体ビークル)にあたるのが、
「日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞、産経新聞」などの
新聞の銘柄ということになるのです。

ビークル(媒体ビークル)は広告媒体において媒体タイプ・媒体クラスの下位概念にあたる

ビークル(媒体ビークル)は
広告業界においてそれぞれの広告媒体の中でも
特定の媒体を意味するマーケティング用語です。

つまり、媒体タイプ・媒体クラスの下位概念が
ビークル(媒体ビークル)ということになるのです。

また、ビークル(媒体ビークル)をさらに細分化、分類した場合、
媒体単位・広告単位という概念で呼ばれるようになります。

つまり、広告媒体を分類した場合、
最初に媒体タイプ・媒体クラスに分類・細分化することができて、
媒体タイプ・媒体クラスを分類、細分化するとビークル(媒体ビークル)になります。

そして、ビークル(媒体ビークル)を分類、細分化した概念が
媒体単位・広告単位ということになるのです。

ビークル(媒体ビークル)についてのまとめ

このように、ビークル(媒体ビークル)は
情報の伝達手段全般を指すメディアやチャネルと同じ意味で使われたり、
広告媒体を分類、細分化したそれぞれの媒体の銘柄を指す場合もあります。

また、ビークル(媒体ビークル)ではなく、
単にビークルと呼ばれたり、媒体とだけ呼ばれたりすることもある
マーケティングの用語になります。

以上が、マーケティングの用語、ビークル(媒体ビークル)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP