ユビキタス社会とは?ユビキタス社会の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ユビキタス社会の意味を解説していきます。

ユビキタス社会とは、IT技術、インターネットが
社会の中のあらゆる部分組み込まれることで
パソコンやスマートフォンなど、情報端末を
人々が利用する環境のことを意味する言葉です。

ユビキタス社会のユビキタスは「Ubique」というラテン語に由来していて
Ubiqueには「あらゆるところで」という意味があります。

ユビキタス社会では人や物がネットワークによってつながる

ユビキタスには、生活の中のいたるところに
コンピュータや情報端末が存在して、
人間がいつでもネットワークにアクセスできる環境のことを指します。

また、ユビキタスが実現した環境の社会のことを
ユビキタス社会と呼びます。

ユビキタス社会ではIT技術によって生活環境のあらゆる部分が
インターネットなど、ネットワークにつながることで、
物と物と物、人と物、人と人がネットワークにつながります。

その結果、ネットワークを通じて様々なサービスが提供されることによって
人々の生活がより豊かになっていきます。

ユビキタス(ユビキタス社会)の具体例

では、ユビキタス社会、つまり、ユビキタスという環境の
具体例を紹介していきます。

最も分かりやすいのが、パソコンやスマートフォンなど
個人がインターネットアクセスするためのコンピュータがあります。

インターネット環境やコンピュータは急速に普及したために、
現在では個人でも簡単に扱うことができるようになっています。

他にも、スマートフォンに関連して話題になっている
ウェアラブルコンピュータ、つまり、
身に付けることができるコンピュータがあります。

生活環境の中でどこからでもネットワークに
アクセスできるということを考えると、
まさにウェアラブルコンピュータはユビキタス社会を
実現するデバイスであると考えることができます。

ユビキタス社会ではコンピュータ以外もネットワークにつながる

ここまで紹介したパソコンやスマートフォン、
他にもウェアラブルコンピュータ以外でも、
ユビキタス社会では多くの物がネットワークにつながります。

私たちの身近な例で言うならば、
冷蔵庫や電子レンジなどの家電があります。

従来では単純な機能しか持たなかったこれらの家電も、
ユビキタス社会ではネットワークに接続することによって、
たとえば電子レンジなら、自動的にレシピを取得し
材料を入れるだけで調理を行うことができます。

他にも、自動車や自動販売機、駅の券売機など、
ユビキタス社会ではあらゆる物がネットワークにつながることで
人々がいつでもネットワークにアクセスし、
情報を手に入れることができる環境となってきているのです。

SuicaやPASMOをはじめとしたICカードなども
ユビキタス社会が実現した環境であるといえます。

ユビキタス社会のメリット・デメリット

次に、ユビキタス社会のメリット、デメリットについて解説していきます。

ユビキタス社会には大きなメリットもあれば、
逆にデメリットも存在します。

ユビキタス社会のメリット

まずはユビキタス社会のメリットです。

ユビキタス社会が実現していくことによって
人々の生活の利便性が向上していきます。

情報を共有するスピードは増していきますし、
また、ネットワークとの接続や人工知能の搭載によって
これまで人間の手が必要だった作業なども
自動化することができるようになります。

人々の生活が豊かになっていくことが
ユビキタス社会のメリットになります。

ユビキタス社会のデメリット

その一方で、ユビキタス社会を進めていくことには
デメリットも存在します。

それは、犯罪の多様化や誤った情報に関しても
速いスピードで拡散していくことです。

私たちの身の周りのあらゆる物がネットワークにつながる
ユビキタス社会では、
ネットワークを通じてそれらのシステムに侵入、
情報を盗んだり、悪用したりすることができるようになってしまいます。

また、情報の拡散が非常に速いために、
たとえ過った情報が流れたとしても、
その真偽を確かめる前に情報が拡散し、
取り返しの付かないことになる可能性もあります。

これらがユビキタス社会のデメリットということになります。

まとめ:ユビキタス社会

ユビキタス社会という環境は、
「ユビキタス・コンピューティング」や「ユビキタス・ネットワーク社会」、
「パーペイシブ・コンピューティング」と呼ばれることもあります。

以前はネットワークに接続するためにはケーブルを使って
接続をしていましたが、
ユビキタス社会では利便性を重視して、
無線LAN(Wi-Fi)やBluetoothなども利用されています。

ユビキタス社会が良い、悪いと判断するのではなく、
ユビキタス社会が持つメリット・デメリット、
それぞれを理解しながら、
環境の変化に対応していくことが大切になっていくのです。

以上が、マーケティングの用語、ユビキタス社会の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP