顧客ニーズとは?顧客ニーズの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、顧客ニーズの意味を解説していきます。

マーケティング活動、ビジネスにおいて
重要だとされている顧客ニーズですが、
しっかりと意味を把握できていない人も多いのではないでしょうか?

マーケティング活動やビジネスで成果を出すためには
顧客ニーズの把握、調査を行い、分析し、
活かしていく必要性があります。

そこで今回は顧客ニーズとは何か、
顧客ニーズの意味や顧客ニーズ調査の方法を解説していきます。

顧客ニーズとは顧客の持っている需要や欲求、要望を指す言葉

マーケティングやビジネスにおける顧客ニーズとは
顧客が持っている需要や欲求、要望などのニーズが
顧客ニーズの意味になります。

具体的に言えば、顧客がどのようなサービスを望んでいるのか、
顧客がどんな製品を欲しがっているのか、ということになります。

つまり、サービスを考えたり、製品開発をしたりする場合には
まずは顧客ニーズの把握を行うことが必要になります。

顧客ニーズを把握することができれば
マーケティング活動においても適切な宣伝広告活動を行い、
顧客に対して適切なメッセージを届けることができます。

結果としてマーケティング活動の効率化にもつながるので、
顧客ニーズの把握はマーケティング活動においても
非常に重要な要素ということになります。

顧客ニーズの重要性に気付いていない企業・担当者も多い

自社の製品やサービスの標的となる市場を把握できていても、
顧客となり得るであろうユーザーの顧客ニーズを把握できていない企業が多いです。

顧客ニーズを把握することは簡単ではなく、
必ずしも顧客自身がニーズを把握できているわけではないからです。

顧客自身が気付かないニーズ、企業が気付いていない市場のニーズ、
まだどの企業も取り組んでいないニーズ、
これらが顧客ニーズであり、これらのニーズを把握することが
企業のサービスや製品の開発、マーケティング戦略の構築に
必要不可欠になるのです。

企業活動・ビジネスを成功させるためには、
顧客ニーズを明確にすることができる市場主導型企業になること、
市場主導型企業を想像することができる市場先導型企業になること、
これらが求められるのです。

顧客ニーズには顕在ニーズ、潜在ニーズが存在する

顧客ニーズには2種類のニーズが存在すると言われています。

顧客自身が、「こんな製品が欲しい」「こんなサービスがあったら嬉しい」と
気付き、理解することができている顕在ニーズ。

そして、先述した、顧客自身もまだ気付くことができていない潜在ニーズです。

モノやサービスが溢れかえっている現在では
顧客の顕在ニーズは少なくなっているため、
いかにして顧客自身も気付いていない「潜在ニーズ」を見つけ出すか、
新しく顧客ニーズを想像するかがビジネスの成功において
重要だと考えられています。

たとえば、セブンイレブンの「セブンゴールド」のブランドをはじめ、
最近のコンビニエンスストアでは
同じジャンルの商品の平均的な価格よりも効果な
高級志向の商品も販売されるようになり、ヒット商品となっています。

しかし、普通に顧客アンケートをとっても、
「コンビニで高級な食べ物が欲しい」という回答を
得ることは難しいはずです。

顧客自身も気付いていない、潜在化した顧客ニーズだからです。

このように、潜在ニーズを引き出すことができれば
ヒット商品を生み出すことも可能になるのです。

顧客ニーズを引き出すための方法・やり方

顧客ニーズ、特に潜在ニーズに関しては、
いかにして顧客から引き出すかの方法・やり方が大切になります。

顧客ニーズを引き出すためには
アンケートスキル・インタビュースキルが必要になります。

顧客は潜在ニーズを抱えてはいますが、
「何となく足りない気がする」など、そのニーズは
漠然としていて具体性のないものなのです。

そのため、企業側も漠然と
「どんな商品が欲しいか」などのアンケートを取ったり、
インタビューをしても具体的な回答を得ることはできないのです。

そこで重要になるのが「アンケートスキル」「インタビュースキル」です。

いかにして顧客から潜在的な顧客ニーズを引き出すか、
そのためのスキルが必要になるのです。

高度なアンケートスキルやインタビュースキルで
潜在的な顧客ニーズの把握をすることができれば
ビジネスやマーケティング活動において
他社との差別化につなげることもできます。

以下にして顧客ニーズを引き出すか、
そのためのアンケートやインタビューの力が
顧客ニーズの把握には重要なのです。

まとめ:顧客ニーズ

製品開発・マーケティング、ともに顧客ニーズあってこそ
正しい方向性で進めることができます。

特に現在は顧客ニーズが多様化しているとも言われていて
企業の一存で製品開発やマーケティング活動を行っても
ビジネスがうまくいくとは限りません。

自社の顧客となりうるユーザーは何を求めているのか、
しっかりと顧客ニーズの把握を行うことが
ビジネス・マーケティング活動の成功へとつながるのです。

以上が、マーケティングの用語、顧客ニーズの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP