リターゲティング広告とは?リターゲティング広告の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、リターゲティング広告の意味を解説していきます。

リターゲティング広告とは
インターネット広告の一種である行動ターゲティング広告、
その中の広告手法のひとつです。

過去に一度Webサイトにアクセスしたことのあるユーザーに対して
繰り返しバナー広告などを表示させる手法になります。

たとえば、一度パソコンメーカーのホームページにアクセスし、
行動せずに離脱したユーザーがいた場合にも、
そのユーザーが他のWebサイトを見ている場合でも
繰り返しパソコンメーカー関する広告を表示させることができるのが
リターゲティング広告の手法になります。

リターゲティング広告の仕組み

リターゲティング広告では、
検索やバナー広告によって自社サイトにアクセスしたユーザーを追跡し、
繰り返し広告を表示させることができる広告手法になります。

では、リターゲティング広告はどのような仕組みによって
ユーザーに対して繰り返し広告を表示させることができるのでしょうか?

リターゲティング広告では、一度Webサイトにアクセスしたユーザーに対して
Cookieを発行することによってユーザーの訪問履歴を蓄積していきます。

つまり、リターゲティング広告を導入している広告主のWebサイトにアクセスすると
そのユーザーのコンピュータの中にCookieが蓄積されます。

蓄積されたCookieによって
ユーザーが広告主のWebサイトにアクセスしたかどうかが分かるため
リターゲティング広告によって、
アクセス履歴のあるユーザーに対してのみ広告の表示が可能になります。

そのため、リターゲティング広告を利用するためには
広告主のWebサイト内にリターゲティング広告のためのタグを設置し、
ユーザーに対してCookieを蓄積できるようにする必要があります。

リターゲティング広告を利用するメリット

次に、リターゲティング広告を利用するメリットを紹介します。

リターゲティング広告を利用する場合には
様々なメリットが存在するので、具体的なメリットを
1つずつ紹介していきます。

リターゲティング広告のメリット1:成約しなかったユーザーに繰り返し広告を標示できる

Webサイトにアクセスしたユーザーのうち9割ほどは
何かしらの理由でアクションを起こさずに離脱します。

そのユーザーに対してリターゲティング広告を使うと、
1度Webサイトにアクセスしたことがあるために
成約しやすくなり、ユーザーの取りこぼしを防ぐことができます。

リターゲティング広告のメリット2:クリック率や成約率が高くなる

リターゲティング広告を利用することによって
一度アクセスしたWebサイトの広告が表示されるので、
通常のバナー広告やリスティング広告などよりも
クリック率(CTR)や成約率(CVR)が高くなるというメリットがあります。

リターゲティング広告のメリット3:有効期間を設定して効果的な広告配信が設定できる

アクセスしたユーザーのパソコンに蓄積するCookieには
有効期間を定めることができます。

一般的にユーザーのWebサイトへの関心は
アクセスした瞬間から時間が経つごとに下がっていくので、
広告予算を考えながら効果的な広告配信を行うことができます。

リターゲティング広告のメリット4:ターゲットセグメントができる

同じWebサイト内でもターゲットによって
広告(ランディングページ)を分けている場合もあります。

たとえば、スポーツジムなら、
「ハードなトレーニングを重ねて体を鍛えたい男性」
「運動不足を解消して健康を維持したいと考える女性」
それぞれによって宣伝・広告する商品も違いますので、
それぞれに分けた広告を標示することになります。

この場合でも、それぞれのWebページでCookieのタグを分けることで
それぞれの属性に合わせた広告を標示させることができるようになります。

リターゲティング広告のメリット5:リピーターの獲得を狙える

化粧品やサプリメントなどの継続的な利用が見込める商品の場合、
Webサイトにアクセスして離脱したユーザーだけではなく、
1度商品を買ったお客さんに対しても有効な広告になる場合があります。

30日分の容量の化粧品やサプリメントの広告なら
初回の購入から3週間〜4週間経過した頃に広告を表示させるように
Cookieを設定することによって、
高い成約率(CVR)を望むことができるようになります。

まとめ:リターゲティング広告

多くのメリットがあるリターゲティング広告ですが、
その一方でデメリットがあるのも事実です。

何度も繰り返し広告を標示することは、
ユーザーの興味や関心を引く場合もあれば、
「しつこい」などと思われてしまう場合もあります。

そのため、リターゲティング広告を使う場合には
1度アクセスしてきたユーザーに対してなら広告を配信すればいいと考えるのではなく、
広告の表示回数やCookieの期間など、
バランスを考えながら配信していく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、リターゲティング広告の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP