スマートフォンとは?スマートフォン(スマホ)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、スマートフォン(スマホ)の意味を解説していきます。

スマートフォン(スマホ)とは
通常の電話機能以外に、パソコンに近い汎用性がある
携帯電話のことを指す言葉です。

スマートフォン(スマホ)は
インターネットの利用や動画・音楽の鑑賞など
比較的大容量なストレージを持ち、
多くの電子ファイルのフォーマットに対応しています。

iOSを搭載したiPhone、Androidを搭載した機種が一般的で、
汎用のOSを搭載していて、
スマートフォン(スマホ)の多くはタッチパネル式での操作になっています。

スマートフォン(スマホ)はパソコンの性能、携帯電話の機能を併せ持っている

スマートフォン(スマホ)の特徴として、
従来の携帯電話、つまり、フィーチャーフォンが持っていた機能、
カメラ機能などを残しつつ、
さらにパソコンと同様の性能を持っていることがあります。

フルブラウザによるWebサイトの閲覧、
大容量データの送受信や保管など、
スマートフォン(スマホ)はパソコンに近い性能を持っています。

たとえば、従来の携帯電話では
基本的にパソコンと同じフルブラウザを利用した
Webサイトの閲覧はできませんでしたが、
スマートフォン(スマホ)ではパソコンと同じ条件で
Webサイトを閲覧することができます。

他にも、スマートフォン(スマホ)の特徴として
汎用性のあるOSを搭載しているため、
従来の携帯電話では扱うことのできなかった
パソコン向けの電子ファイルを閲覧したり、
編集したりできるという特徴があります。

スマートフォン(スマホ)の特徴的な操作方法

スマートフォン(スマホ)はタッチパネルを搭載しているため、
画面と物理的なボタンを使って操作をしていた従来の携帯電話とは
操作性に大きな違いが出てくることがあります。

スマートフォン(スマホ)が普及する前の従来の携帯電話では
折りたたみ式、スライド式といった形状のモデルが多く、
液晶画面、物理ボタンがそれぞれ別に配置されていました。

そのため、物理ボタンを使って操作をするのが一般的でしたが、
スマートフォン(スマホ)ではタッチパネル式の画面を搭載しているので、
画面を直接指で触れて操作をするのが一般的になっています。

タッチパネルの搭載により、スマートフォン(スマホ)では
指で払う動作をするフリックや
2本の指を使るピンチイン・ピンチアウトなど、
従来の携帯電話にはなかった特徴的な操作を持っています。

世界的に主流になっている2種類のスマートフォン(スマホ)

現在スマートフォン(スマホ)で主流になっているのは
Apple社から発売されているiPhone、
また、GoogleがOSを開発し、各社がそれを搭載して
スマートフォン(スマホ)として発売している
Android(アンドロイド)搭載スマートフォン(スマホ)の
2種類が主流になっています。

世界的に主流となっているスマートフォン(スマホ):iPhone

最初に、Apple社がOSからスマートフォン(スマホ)本体までを
開発しているiPhoneです。

iOSというOS(オペレーティングシステム)を搭載していて、
同じApple社から発売されているコンピュータ、
「Mac」との相性がいいとされています。

iPhoneは世界的にも人気のあるスマートフォン(スマホ)ですが、
特に日本では圧倒的なシェアを誇っていることで有名です。

世界的に主流となっているスマートフォン(スマホ):Android(アンドロイド)搭載スマートフォン

次に、Googleがモバイル端末向けに開発を行っている
Android(アンドロイド)というOSを搭載した
スマートフォン(スマホ)です。

iPhoneとAndroidという比較をされることがありますが、
実はAndroidはiPhoneに搭載されている
iOSと同じ、OS(オペレーティングシステム)なのです。

そんため、正確には、iPhoneと同じ
スマートフォン(スマホ)として比較されるのは
XperiaやAQUOSといった
個別のスマートフォン(スマホ)なのです。

日本ではiPhoneがスマートフォン(スマホ)の
圧倒的なシェアを占めていますが、
世界的にスマートフォン(スマホ)の事情を考える場合には
このAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)が
ほとんどのシェアを占めています。

まとめ:パソコンよりもスマートフォン(スマホ)によるインターネットの利用が増加している

現在では場所を問わず、また、本体も小さい
スマートフォン(スマホ)を使って
インターネットやWebコンテンツを利用する
ユーザーの数が増えています。

そのため、Webマーケティングにおいては、
Webサイトのスマートフォン(スマホ)対応をはじめ、
スマートフォン(スマホ)向けのコンテンツの作成など、
パソコンだけではなく、
スマートフォン(スマホ)でも利用しやすい
コンテンツや環境を提供することが大切になっていきます。

以上が、マーケティングの用語、スマートフォン(スマホ)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP