リレーショナルデータベースとは?リレーショナルデータベースの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、リレーショナルデータベースの意味を解説していきます。

リレーショナルデータベースとは、
1件のデータをキー項目とし、その項目に対して
複数のデータが関連付けられている状態のデータベース方式です。

リレーショナルデータベースではデータを表形式で扱います。

OracleやMySQLなど、
一般的に使われているデータベースは
基本的にリレーショナルデータベース方式なので、
私たちが普段データベースとして使っているものが
リレーショナルデータベースということになります。

リレーショナルデータベースは現在利用されるデータベースで最も一般的なデータベース

リレーショナルデータベースは現在、中小規模のデータベースの中では
最も一般的なデータベースとして利用されています。

表で関連付けたデータの結合や抽出が簡単にできることから
効率的なデータ管理が可能となるため、
リレーショナルデータベースは一般的に使われています。

リレーショナルデータベースでは、
データの条件指定検索やソートなど高度な検索が可能となっています。

リレーショナルデータベース(Relational Database)を省略して
RDBと省略されたり、関係データベースという言葉で表されることもあります。

リレーショナルデータベースの具体例

私たちが普段耳にするデータベースの種類は
基本的にリレーショナルデータベースであるということができます。

有名なリレーショナルデータベースの例として、

■Oracle

■MySQL

■SQLServer

■PostgreSQL

■MS-ACCESS

■MS-SQL

これらのデータベースが
リレーショナルデータベースということになります。

SQLを利用するデータベースはリレーショナルデータベース

データベースに命令を出したり、操作をする場合に使う言語に
SQLという言語があります。

データベースにデータを追加したり、
保存しているデータを削除したり、また、データを更新する場合に
データベースに対して命令する言語の1つがSQLということです。

そして、リレーショナルデータベースの特徴として、
SQL言語が使えるという特徴があります。

そのため、SQLが使えるデータベースが
リレーショナルデータベースであると考えることもできます。

厳密には「リレーショナルデータベース方式」のデータベース

ただし、厳密にはリレーショナルデータベースは
データベースそのものを指す言葉になるので、
SQLが使えるデータベースがリレーショナルデータベース、ではなく、
SQLを使えるデータベースは「リレーショナルデータベース方式」の
データベースである、ということになります。

つまり、先述した

■Oracle

■MySQL

■SQLServer

■PostgreSQL

■MS-ACCESS

■MS-SQL

これらのデータベースは、
リレーショナルデータベース方式のデータベースということになります。

ただし、リレーショナルデータベースという言葉の定義が
人によって曖昧になっているので、
どちらの捉え方をしても大きな問題はありません。

実際にリレーショナルデータベースの厳密な意味が問われるのは
資格試験などの場だけになりますので、
仕事などでリレーショナルデータベースという言葉が出てきたら、
「データベース」であると考えても大丈夫でしょう。

リレーショナルデータベースマネジメントシステム

リレーショナルデータベースと同時に、
リレーショナルデータベースマネジメントシステム、
という言葉も使われることがあるので解説していきます。

データベースそのもの(データを入れる箱) データベースを操作するデータベースマネジメントシステム(データを操作する道具)
 データベース  データベースマネジメントシステム
 リレーショナルデータベース  リレーショナルデータベースマネジメントシステム

上記の表のように、データベースというのは
データを入れるための箱、ということになります。

そして、リレーショナルデータベースは
このデータベースの中の1つの種類ということになります。

そして、データベースを操作するために、
データベースマネジメントシステムというシステムが存在します。

データベースを操作する場合にサポートをしてくれるシステムとなります。

リレーショナルデータベースマネジメントシステムとは、
このデータベースマネジメントシステムの1種であり、
リレーショナルデータベースを扱うためのシステムなのです。

つまり、「リレーショナルデータベース」と「リレーショナルデータベースマネジメントシステム」は
データを入れる箱、そしてその箱を操作するための道具ということで、
セットで使われると考えることができます。

まとめ:リレーショナルデータベース

さまざまな言葉、定義が出てきましたが、簡単に言えば、

リレーショナルデータベース=データベース

という考え方でも問題ない場面が多くなります。

話の中でリレーショナルデータベースという言葉が出てきた場合には、
データベースと同じ意味、と考えておくことで混乱したりせずに、
スムーズに話を進めることができるでしょう。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP