イノベーター理論とは?イノベーター理論の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、イノベーター理論の意味を解説していきます。

イノベーター理論は1962年にアメリカ、スタンフォード大学の社会学者、
エベレット・M・ロジャース教授が提唱した、イノベーション、
つまり、新商品や新サービス、新技術の登場に関する理論です。

新商品や新サービスの購入が早い順に
消費者を5つのグループに分類したのがイノベーター理論です。

イノベーター理論の5つのグループは、新商品、新サービスの購入が早い順に、
「イノベーター」「アーリーアダプター」
「アーリーマジョリティー」「レイトマジョリティー」「ラガード」
これら5つのグループに分類することができます。

では、イノベーター理論の5つのグループ、
「イノベーター」「アーリーアダプター」
「アーリーマジョリティー」「レイトマジョリティー」「ラガード」
これらの意味を詳しく解説していきます。

イノベーター理論の5つの消費者グループの意味

イノベーター(Innovators:革新者)

まずはイノベーターです。

冒険心を持っていて、新しい物、革新的な物を積極的に採用する人々です。

具体的な商品名を出すと、iPhoneというこれまでの携帯電話とは全く違う
新しい革新的な商品が発売された時も、
いち早くiPhoneを購入、採用した人々のことです。

ただし、イノベーターが新商品、新サービスに重視するのは
商品のベネフィット、つまり、商品を買うことでどんな得をするのか、ではなく、
どれだけ革新的な商品かを重視しています。

そのため、イノベーターは市場全体、世間一般と
価値観がずれていることが多いので、が新商品を購入、採用しても
商品やサービスが市場に受け入れられたと判断することはできません。

市場全体に対する消費者ボリュームの割合は2.5%とされています。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)

流行に敏感で、自ら情報収集を行い、また、判断ができるグループです。

イノベーターの次に最新の情報をチェックしていて、
商品の購入や導入に対して前向きな人々のグループになります。

また、イノベーターと違い、商品が革新的というだけで購入を判断せず、
商品のベネフィットについてもしっかりと理解した上で新商品の購入に至りますので、
市場全体の価値観に近いグループだと言われています。

そのため、他の消費者グループへの影響力も大きいため、
「オピニオンリーダー」と呼ばれることもあります。

市場全体に対する消費者ボリュームの割合は13.5%です。

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)

アーリーマジョリティーはレイトマジョリティーとともに
消費者をイノベーター理論でグループに分類した場合に
市場全体の大多数を占めるグループになります。

全体から見れば、平均よりも早く新商品、新サービスを購入しますが、
どちらかといえば慎重派のグループなので、
アーリーアダプターの様子を見て、その動向から
新商品、新サービスの採用を決定する傾向があります。

市場全体に対する消費者ボリュームの割合は34.0%にのぼります。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)

アーリーマジョリティーと同様に、市場全体の大多数を占める
消費者のグループになります。

新商品や新サービスの採用に控えめな傾向があり、
全体の過半数が新商品、新サービスの採用を決めてから、
それについていくように新商品、新サービスの購入、採用をするため
「フォロワーズ」とも呼ばれるグループです。

iPhoneが普及し、スマートフォンが広まってきても
なかなか手を出さなかった人々がこのグループに分類されます。

市場全体に対する消費者ボリュームの割合は、アーリーマジョリティーと同じく、
34.0%になります。

ラガード(Laggards:遅滞者)

世の中の流行や動きに関心が薄く、最も保守的なグループの人々です。

周囲がどれだけ採用、購入を決めたとしても、
自分自身で必要だと判断しない限りは採用を決めないグループです。

イノベーションが伝統化されて、定番、伝統となって
ようやく採用に積極的になるグループです。

そのため、伝統主義者と言われることもあるグループです。

市場全体に対する消費者ボリュームの割合は16.0%です。

イノベーター理論におけるクリティカルマスとキャズム理論

イノベーター理論では、普及率16%を重視する普及率16%の理論「クリティカルマス」
アーリーアダプターからアーリーマジョリティーへの浸透を重視する「キャズム理論」が存在します。

普及率16%の理論「クリティカルマス」では、
商品のベネフィットを重視するアーリーアダプターに商品を浸透させることで、
オピニオンリーダーが他の消費者グループにも商品を広げてくれると考え、
イノベーターとアーリーアダプターを合わせた16%に商品を普及させることを重視しています。

その一方のキャズム理論では、
アーリーアダプターとアーリーマジョリティーの間に深い溝があり、
その溝を乗り越えるのが難しいことを指摘しています。

この溝を「キャズム」と呼ぶことから「キャズム理論」と呼ばれていて、
アーリーマジョリティーに商品を浸透させない限り、
新商品や新サービスの市場規模は小さいまま消えていくと言われている理論です。

新商品や新サービスを売り出す場合には、
イノベーター理論の「クリティカルマス」「キャズム理論」を意識したマーケティングを仕掛けることで
効果的に新商品や新サービスを市場に普及させることができると考えられています。

以上がマーケティングの用語、イノベーター理論の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP