フィーチャーフォンとは?フィーチャーフォンの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
フィーチャーフォンの意味を解説していきます。

フィーチャーフォンとは携帯電話の1種で、
特に高機能な端末の携帯電話のことを指しています。

フィーチャーフォンは通話機能が主要な機能であるものの
他にもカメラ機能やワンセグ機能などを搭載していて、
高機能な携帯端末となっています。

フィーチャーフォンは一般的にはガラケー(ガラパゴスケータイ)と呼ばれる

フィーチャーフォンには携帯電話として主なる「通話機能」以外にも
高精細なカメラ機能やテレビを閲覧できるワンセグ機能、
他にも、電子決済に対応しているおサイフ機能など、
電話機能以外にもさまざまな機能を搭載しています。

一般的にはフィーチャーフォンは
同じような意味を持つ言葉である、
「ガラケー(ガラパゴスケータイ)」という言葉で呼ばれています。

パソコンと同じ様な機能を搭載している
スマホ(スマートフォン)が普及してきたことにより、
その対義の言葉として、
フィーチャーフォンやガラケー(ガラパゴスケータイ)が
使われるようになってきています。

フィーチャーフォンの特徴

フィーチャーフォンの特徴として、
海外の標準規格とは違う、日本独自の進化によって
さまざまな機能が搭載されていることがあります。

そのため、独自の生態系の進化を遂げた
「ガラパゴス諸島」から由来して、
「ガラパゴスケータイ」、省略して「ガラケー」と
呼ばれるようになってきています。

では、フィーチャーフォンの特徴、
つまり、日本独自の携帯電話の機能には
どのような機能があるのかを紹介していきます。

フィーチャーフォンの特徴1:独自のインターネット・メール規格

フィーチャーフォンはパソコンとは違う、
独自の規格によってインターネット通信や
メール機能を利用することができます。

有名なサービスとして、
NTTドコモのi-mode(アイモード)などのサービスが
フィーチャーフォンのインターネット、メールサービスになります。

フィーチャーフォンの特徴2:高性能なカメラ機能

フィーチャーフォンの特徴に
高性能なカメラ機能があります。

現在普及しているスマートフォンにも
高性能、高画質なカメラが搭載されていますが、
日本ではスマートフォンの普及前から
高画質な写真が撮影できるカメラ機能が
フィーチャーフォンに搭載されていました。

フィーチャーフォンの特徴3:ワンセグ機能

外出先でも手軽にテレビが見れる
ワンセグ機能もフィーチャーフォンの特徴の一つです。

海外のスマートフォンなどでは
このワンセグ機能が搭載されているモデルは
ほぼありませんので、
日本独自のフィーチャーフォンの機能と考えられます。

フィーチャーフォンの特徴4:おサイフケータイ機能

携帯電話にICチップを搭載することによって
電子決済や公共交通機関の利用をすることができます。

フィーチャーフォンで広く普及したことから
現在ではスマートフォンに搭載されることも多くなっている機能です。

フィーチャーフォンの特徴5:防水機能、耐衝撃性

さらに、フィーチャーフォンの特徴として
防水機能や耐衝撃性もあります。

ワンセグ機能やカメラ機能が搭載されている
フィーチャーフォンは様々な場面での使用が想定されるので、
濡れても平気、落としても平気に扱える
防水機能や耐衝撃性が求められているのです。

フィーチャーフォンとガラケー(ガラパゴスケータイ)の違い

では、同じような意味で使われるけど、
違う言葉であるフィーチャーフォンとガラケー(ガラパゴスケータイ)、
この2つの言葉には違いはあるのでしょうか?

実は、この2つの言葉には大きな違いはなく、
フィーチャーフォンもガラケー(ガラパゴスケータイ)も
同じような意味で使われることが多くなっています。

もともとガラパゴスケータイという言葉が
スマートフォンとの対比で使われることが多かったのですが、
ガラパゴスという言葉には、
製品やサービスが独自の進化を遂げたことによって
周囲から孤立してしまうことを指す意味があり、
ネガティブな印象のある言葉でした。

そこで、フィーチャーフォンという言葉が注目され、
ガラケー(ガラパゴスケータイ)とともに使われるようになったのです。

ですので、一般的には
ガラケー(ガラパゴスケータイ)もフィーチャーフォンも
同じ意味を持つ言葉として捉えて問題がありません。

まとめ:フィーチャーフォンも見直されている

現在では日本でもスマホ(スマートフォン)が普及しましたが、
バッテリーの容量、使い勝手の観点から
フィーチャーフォンの利用も見直されています。

また、フィーチャーフォンの機能への需要から
スマートフォンにフィーチャーフォンの機能を搭載した
「ガラスマ」と呼ばれるスマートフォンも普及していて、
さまざまな呼称が増えてきています。

それぞれの呼称が何を意味しているのか、
フィーチャーフォンを含め
しっかりとそれぞれの端末の特徴、名称を
抑えておくことも必要になってくるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、フィーチャーフォンの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP