ヘビーローテーションとは?ヘビーローテーションの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ヘビーローテーションの意味を解説していきます。

ヘビーローテーションとは
広告宣伝活動やマーケティング活動におけるコミュニケーションを
繰り返し行っていくことを指した言葉です。

ヘビーローテーションを行うことによって
何回目のメッセージで効果がピークを迎えるか、
効果に転じていくのか、
それを見極めることによって、効果的なマーケティング活動が行えます。

ヘビーローテーションにおけるポイント、
動きの波を見極めていくことが大切になります。

ヘビーローテーションはもともとはラジオで同じ曲を何度も流すこと

ヘビーローテーションはもともとはラジオ放送で使われていた用語で、
短期間に何度も同じ楽曲を放送することを指します。

ヘビーローテーションで何度も同じ楽曲を流すことで
ラジオを聴く人に対して楽曲を浸透させる効果を期待します。

ラジオにおいて、同じ楽曲を何度も繰り返すという意味から転じて
他の業界、分野でも同じことを何度も繰り返すことを
ヘビーローテーションと呼ぶようになっています。

たとえば、ファッションにおいてなら、
気に入った洋服を短期間で何度も繰り返し着用することを
ヘビーローテーションと呼びます。

マーケティングにおいては
同じ広告宣伝のメッセージを繰り返し流したり、
何度もコミュニケーションを繰り返すことによって
消費者・見込み客に伝えたいメッセージを
擦り込んでいくことをヘビーローテーションと呼びます。

ヘビーローテーションとメッセージインテグレーション

企業が同じメッセージを発信し、
ターゲットの意識の中にそのメッセージを積み重ねていく手法を
メッセージインテグレーションと呼びます。

ヘビーローテーションはこの
メッセージインテグレーションを行うための手法の1つとなります。

一定の期間を定め、特定のターゲット集団に対して
表現の方法や媒体・チャネルを変えながら
繰り返しメッセージを発信していきます。

複数のメディアを活用してヘビーローテーションを行う場合には
クロスメディアコミュニケーション、
メディアミックスコミュニケーション、
クロスチャネルキャンペーンなどと呼ばれることもあります。

ターゲットによって異なるヘビーローテーションの手法

ヘビーローテーションの手法・戦略は
ターゲットによっても異なってきます。

マスメディアを多く利用し、一般消費者をターゲットとする
B to Cマーケティング、
ターゲットを細かく設定して、ダイレクトマーケティングを行う
B to Bマーケティングでそれぞれ手法・戦略が異なるのです。

それぞれのヘビーローテーションについて解説をしていきます。

B to Cでのヘビーローテーション

B to Cではマスメディアを主に利用して
広告宣伝活動を行っていきます。

分かりやすい具体例を出すとするなら、
テレビコマーシャルがあります。

新製品の発表、モデルチェンジなどをメーカーが行う際、
多くのテレビチャンネルで同じメーカーの同じCMが流れることがあります。

どのチャンネルを見ても同じCMを目にするため、
CMの製品やサービスが私たちの意識に擦り込まれていきます。

これがB to Cビジネスにおける主な
ヘビーローテーションの手法・戦略ということになります。

B to Bでのヘビーローテーション

次に、B to Bにおけるヘビーローテーションです。

B to Bでは基本的にターゲットを絞って
広告宣伝やマーケティング活動を行うので、
マスメディアを利用したメッセージの発信は行われません。

そのため、B to Bでヘビーローテーションを行う場合には、
「同じターゲットに対して」というのが前提の条件になります。

また、B to Bでは1つのメディアで繰り返しメッセージを発信するのではなく、
複数のメディアを組み合わせることによって
ヘビーローテーションを行っていきます。

たとえば、メールマガジン(メルマガ)だけで同じメッセージを
発信していくのではなく、
FAXやテレマーケティングなど、メディアを変えて
同じメッセージを発信していくのが
B to Bでのヘビーローテーションとなります。

まとめ:ヘビーローテーションは短期間にポジショニングを行える戦略

マーケティングにおいて重要な仕事の1つが「ポジショニング」をして
ターゲットとなる消費者・見込み客の中で
自社のポジションを明確に確立しておくことになります。

ヘビーローテーションを使うことによって
自社の製品やサービスを短期間でターゲットの意識に刷り込めるので
効率的にポジショニングを行っていくことができるのです。

また、特にB to Bにおけるヘビーローテーションでは、
何回目の、どの媒体からのメッセージ発信でレスポンスがあったかなど、
効果を測定することもできます。

闇雲にメッセージを繰り返すのではなく、分析も行いながら
効果的なメッセージ発信を繰り返していくのが
ヘビーローテーションでは大切になっていきます。

以上が、マーケティングの用語、ヘビーローテーションの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP