RBV(リソースベースドビュー)とは?とは?の意味を丁寧に解説の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、RBV(リソースベースドビュー)の意味を解説していきます。

RBV(リソースベースドビュー)とは
企業のポジショニングに関する考え方の一つです。

企業がポジショニングを行ったり、経営戦略を考える際に、
外部要因などではなく、
企業の持つ固有の経営資源を基にして考えるべきである、
という考え方です。

Resource Based Viewのそれぞれの頭文字を取って
RBVと省略されて使われることのある言葉になります。

また、RBV(リソースベースドビュー)の考え方は
ポーター博士の提唱する
ファイブフォースモデルと比較される理論、考え方としても有名です。

RBV(リソースベースドビュー)では企業の内部的なリソースに着目する

RBV(リソースベースドビュー)は1984年、
B・ワーナーフェルトが提唱した概念で、
その後、1991年にバーニーの研究によって注目されるようになりました。

RBV(リソースベースドビュー)は
企業の外部環境や業界内でのポジショニングに基づく戦略論ではなく、
企業内の経営資源において競争優位の源泉を求める考え方です。

RBV(リソースベースドビュー)における企業内の経営資源の例として
以下の3つを具体的な例として上げることができます。

■生産設備や不動産等の有形資産

■ブランドネームや特許等の無形資産

■顧客対応力等の組織ケイパビリティ(能力)

RBV(リソースベースドビュー)のフレームワーク、VRIO

RBV(リソースベースドビュー)で企業内部の経営資源に注目し
経営戦略を立案していく場合には
VRIOフレームワークを利用することができます。

RBV(リソースベースドビュー)の研究を行ったバーニーは
どの経営資源・リソースが競争優位を構築する上で
有効になるのかを分析するための視点として
以下の4つの視点をあげています。

■経済価値(Value)
■希少性(Rarity)
■模倣困難性(In-imitability)
■組織(Organization)

これら、Value、Rarity、In-imitability、Organizationの
それぞれの頭文字を取って、
RBV(リソースベースドビュー)のフレームワークは
VRIOフレームワークと呼ばれています。

それでは、RBV(リソースベースドビュー)のフレームワーク、
VRIOのそれぞれの視点、
経済価値(Value)、希少性(Rarity)、
模倣困難性(In-imitability)、組織(Organization)、
それぞれの意味を解説していきます。

RBV(リソースベースドビュー)の視点:経済価値(Value)

企業が持っている経営資源がビジネスの機会を活かすことに役立つのか、
直面することのある脅威を打ち消す助けとなるのか、
このような視点からRBV(リソースベースドビュー)における分析を行います。

RBV(リソースベースドビュー)の視点:希少性(Rarity)

RBV(リソースベースドビュー)を考える上で
企業の持つ経営資源が他の多くの企業も所有している場合には
競争優位の獲得につながると考えることはできません。

その一方、他の企業が持っていない経営資源、
つまり、希少性の高い経営資源を持っている場合には
その経営資源を使った戦略によって競争優位を獲得することに
つなげることができます。

RBV(リソースベースドビュー)の視点:模倣困難性(In-imitability)

企業の持つ経営資源が他社に真似されにくいかどうかの視点です。

模倣困難性がない、つまり、他社にもすぐに真似される場合には
RBV(リソースベースドビュー)を考える上で、
短期的な競争優位を築けたとしても
長期的に競争優位を持続させていくことはできません。

RBV(リソースベースドビュー)の視点:組織(Organization)

企業の報酬体系や管理手法など、経営上の各種仕組みという視点です。

自社の内部を知って競争優位を築いていく
RBV(リソースベースドビュー)の考え方の中では、
経営上の仕組みという視点から分析していくことも
RBV(リソースベースドビュー)を考える上で重要になっていきます。

RBV(リソースベースドビュー)のまとめ

VRIOフレームワークを用いることによって
RBV(リソースベースドビュー)の考え方で経営戦略の構築、
そして企業のポジショニングを行っていくことができます。

業界内で競争優位を築きたい場合には、
外部要因だけに視点を置くのではなく、
企業が内部に持っている経営資源に目を向ける、
つまり、RBV(リソースベースドビュー)の考え方も
必要になってきます。

VRIOフレームワークを用いて自社の分析を行い、
どのような経営資源があり、競争優位につながるのか、
それを考えていくことがRBV(リソースベースドビュー)です。

以上が、マーケティングの用語、RBV(リソースベースドビュー)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP