フリーミアムとは?フリーミアムの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、フリーミアムの意味を解説していきます。

フリーミアムとは「フリー(無料)」と「プレミアム(割増料金)」を
組み合わせて作った造語です。

フリーミアムの意味は、
基本的な製品やサービスについては無料で提供しておき、
その後、高度なサービスや機能を追加で提供する場合に
有料で提供することによって利益を上げていくビジネスモデルです。

フリーミアムは基本的な製品やサービスができればコストがかからずに提供できる

フリーミアムは新しいマーケティングの概念・手法ではなく、
実は古くから存在するマーケティング手法のひとつです。

最初に基本となる製品やサービスを提供するという
フリーミアムの戦略の特徴から、
基本となるサービスが出来上がれば、
後から提供する高度なサービスや機能については
ほとんどコストをかけずに提供することができるという特徴があります。

特にインターネットを使って提供される
Web上のデジタルコンテンツにおいてはこの特徴が顕著なため、
現在ではオンラインゲーム・ソーシャルゲームなどで
フリーミアムが非常に多く利用されています。

フリーミアムをビジネスに取り入れるための条件

フリーミアムをビジネスモデルに取り入れるためには
いくつかの条件を満たしているビジネスであることが
必要になってきます。

フリーミアムをビジネスに取り入れる条件1

まずは、フリーミアムのフリーとなる部分、
無料で提供される製品やサービスが魅力的であり、
ユーザーが利用、導入しやすいということが
ひとつ目の必要条件となります。

フリーミアムの場合、後から有料で提供する
高度なサービス、付加機能によって収益化をするので、
最初に無料の製品やサービスを導入してもらうことが
絶対的な必要条件となるからです。

フリーミアムをビジネスに取り入れる条件2

フリーミアムで最初に提供する無料のサービスが
魅力的で導入しやすいだけではなく、
後から提供する有料のサービスが
無料のサービスと境目がはっきりしている必要があります。

また、必ず有料で提供するサービスや機能が
最初に無料で提供する製品やサービスに対して
優位性がはっきりしていることも必要条件となります。

無料の製品やサービスよりも
有料で提供するサービスが優位でないと
ユーザーはお金を出してサービスを購入しないので、
フリーミアムで収益を上げることができないからです。

フリーミアムではユーザー全てを有料サービスに誘導する必要はない

フリーミアムを成功させるためには、
まずは最初に提供する製品・サービスの敷居を下げることによって
多くのユーザーが触れやすくすることが重要になります。

しかし、そこで集まったユーザー全員を有料のサービスや機能に
誘導して収益化をする必要性はありません。

フリーミアムで特に重要なことは、
ビジネスモデルが成立するために適切な無料ユーザーを集めること、
その中の一部のユーザーを有料のサービスや機能に誘導することなのです。

特にインターネットやWeb上に関しては「5%ルール」という
無料ユーザーと有料ユーザーの割合に関する法則が存在し、
たとえそのコンテンツのユーザーのうち95%が無料ユーザーでも
残りの5%が有料コンテンツ、有料機能を利用すれば
ビジネスが成功するという法則があります。

そのため、フリーミアムにおいては
集めた無料ユーザー全てを有料サービス・有料機能に誘導するのではなく、
その中の一部のユーザーを戦略的に有料ユーザーへと
移行させることが重要とされています。

フリーミアムの成功事例

フリーミアムはWebコンテンツを提供する企業、
ソーシャルゲームを提供する企業など、
さまざまな導入されている
マーケティング手法・マーケティング戦略です。

今回はその中から、フリーミアムの成功事例として
Evernote(エバーノート)を紹介します。

フリーミアムの成功事例:Evernote(エバーノート)

Evernote(エバーノート)はドキュメントやメモ、
他にも音声ファイルや画像、動画など、
さまざまな情報・ファイルを保存して、
クラウドで複数のパソコンやスマートフォンなどで
同期することのできるサービスです。

基本的なサービスはメールアドレスで
アカウントの取得をすれば無料で使えるため、
フリーミアムのサービスということができます。

有料サービス・機能を利用すれば、
1ヶ月間に保存できるデータ量が増えたり、
1回あたりに保存できるデータ量が増えるという特徴があります。

Evernote(エバーノート)では無料で提供されるサービスそのものを
ひたすらに改善することでユーザーの満足度を高め
フリーミアムを成功させることができました。

Evernote(エバーノート)を無料で利用開始したユーザーは
30日後に有料プランに変更する率が0.5%、
6か月で1%、2年後に6%となっています。

全体の5%が有料ユーザーとなればビジネスが成功するという
「5%ルール」の法則からも
Evernote(エバーノート)がフリーミアムで成功していることが分かりますよね。

まとめ:フリーミアム

Evernote(エバーノート)の他にも、
Dropbox(ドロップボックス)やニコニコ動画など、
国内のWeb企業でも多くがフリーミアムを使った
ビジネスモデルで成功を収めています。

今後もフリーミアムはWebマーケティングの重要な戦略のひとつとして
さらに拡大していくでしょう。

以上が、マーケティングの用語、フリーミアムの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP