ブランディングとは?ブランディングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ブランディングの意味を解説していきます。

ブランディングとは
マーケティング活動を行うことで
競合他社との差別化を図っていくことです。

企業や製品・サービスが持つ付加価値・イメージ、
つまり、ブランドを向上させることを
目的としたマーケティング活動です。

ブランディングは競合他社との差別化を図るマーケティング手法

ブランディングとは企業自体、または企業の製品やサービスのブランドを
顧客にとって価値のあるものにしていくための
マーケティング戦略・マーケティングの手法になります。

ブランディングを行うことによって
競合他社の製品やサービスとの大きな差別化を図ることができます。

自社の製品やサービスの個性を確立させることで
競合他社との差別化を図っていくのが
ブランディングにおけるマーケティング戦略・手法だからです。

つまり、ブランディングを行う目的は
自社や製品・サービスを競合他社やその製品・サービスと
差別化を行っていくことになり、
また、ブランディングとは、そのための、
マーケティング戦略・手法と言うことができます。

ブランディングの手法と事例

では、実際にブランディングを行う場合には
どのような手法で行えばいいのか、
また、ブランディングの事例にはどのようなものがあるのか、
ブランディングの手法、そして事例を紹介していきます。

最初にブランディングの手法から紹介していきます。

ブランディングの手法

ブランディングの手法として基本的、代表的な手法は
企業が自社の理念や哲学、
そして提供している製品やサービスの価値を明確に提示する手法です。

それらを明確に提示することによって
消費者・ユーザーの関心を集め、ブランドイメージを浸透させ、
製品やサービスのブランドの価値を高めていくことが
ブランディングというマーケティングの手法です。

自社の製品開発へのこだわりや考え方を
消費者・顧客に対して魅力的に伝えていくことが
有効なブランディングの手法の一つです。

これらの手法によってブランディングが成功すれば
結果として「この会社だから買う」「この製品だから買う」
「このサービスだから買う」というブランドの魅力・訴求力が高くなり
競合他社の製品やサービスに対して、
自社製品やサービスが優位に立つことができるのです。

ブランディングの事例・成功事例

次に、ブランディングの成功事例です。

ブランディングの成功事例として、
世界的にも知名度が高く、人気のあるディズニーランドがあります。

日本には数多くのテーマパークがありますが、
中でもユニバーサル・スタジオ・ジャパンは
最新の技術や高い品質のアトラクションによって
世界的にも高い水準のアトラクションを提供しているテーマパークです。

しかし、東京ディズニーランドの場合、
開園時や10年、20年以上前のアトラクションが稼働し、
1世代前、2世代前の技術によるアトラクションも多く存在します。

それでも東京ディズニーランドの来園者数が増えているのは
「ディズニーだから」というブランドがあるから、
つまり、ブランディングに成功しているからなのです。

アトラクションの品質や施設・設備においては
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンも高い水準になっています。

それでも「東京ディズニーランド」に多くの来園者が訪れるのは
「ディズニーだから」というブランディングが成功しているからであり、
分かりやすいブランディングの成功事例と言えるでしょう。

ブランディングを成功させるメリット

ブランディングを成功させることによるメリットは
「この会社だから買う」など、
競合他社に対して優位に立てること以外にも存在します。

自社のブランディングが成功し、顧客に対して認知されることで、
安定した信頼の獲得ができたり、
コモディティ化による価格競争に陥ることから回避できる、
他にも、販促費用を削減することができるなど、
企業にとっての様々なメリットが存在します。

また、ブランディングを成功させることができれば、
製品やサービスの質で購買を決定するのではなく、
企業のイメージ、つまり、ブランドが顧客の意思決定につながります。

そのため、ブランディングを成功させ、ブランドを確率できれば、
企業は継続的に成果を見込みやすくなると考えることができます。

まとめ:ブランディングは現代のマーケティングに必須の手法

現在では多くのジャンル・業界において
コモディティ化(製品やサービス・付加価値による差別化ができない状態)が発生し、
消費者の意思決定の基準が価格になってしまうことが多くなっています。

それを防ぎ、価格ではなく、
ブランドで自社製品やサービスを選んでもらうための戦略・手法が
ブランディングというマーケティング戦略です。

今後も企業のブランド価値を高めるための
さまざまなブランディング戦略・手法によって、
競合他社との差別化やブランドによる消費者の意思決定へと
つなげていくことが大切になっていきます。

以上が、マーケティングの用語、ブランディングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP