コンバージョンとは?コンバージョン(CV)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、コンバージョン(CV)の意味を解説していきます。

コンバージョン(CV)とは
Webマーケティングにおいて、
Webサイトにアクセスしたユーザーの行動で
サイトごとに目標とする成果が達せされること、
達成されたことを意味するマーケティングの用語です。

または、Webサイトにおける目標とする成果そのものを
コンバージョン(CV)という場合もあります。

コンバージョン(CV)におけるユーザーの行動は主に、
商品購入、資料請求、会員登録などがあります。

コンバージョン(Conversion)はもともと、
変換、転換、交換という意味を持つ英単語で、
Conversionを略してCVという言葉で使われることもあります。

コンバージョン(CV)はユーザーによる利益につながる行動

コンバージョン(CV)はWebサイトにアクセスしたユーザーが
企業にとって何かしらの利益につながるアクションを行うことです。

たとえば、製品やサービスの購入ならば
それ自体が直接企業の利益となりますので、
コンバージョン(CV)ということになります。

また、直接その行動自体が企業の利益にならなくても
最終的に利益につながる行動、たとえば、
資料請求や会員登録、メルマガ登録を行った場合も
コンバージョン(CV)ということになります。

コンバージョン(CV)はWebサイトにおける成果であり、明確な定義は存在しない

コンバージョン(CV)はWebサイトにおける成果、
またはその成果を達成したことを表すマーケティングの用語なので、
サイトの目的によって成果が異なるため、
コンバージョン(CV)が表す指標はサイトごとに異なります。

たとえば、B to Bビジネスのマーケティングに使うWebサイトなら
サイトにアクセスした見込み客が資料請求を行うことなどが目的になるので、
資料請求、もしくはユーザーが資料請求することが
そのWebサイトにおけるコンバージョン(CV)ということになります。

他にも、通販サイトならユーザーによる商品の購入が目的になりますので、
実際にユーザーが商品を購入することがコンバージョン(CV)となります。

また、別の例として、採用サイトならば
エントリーボタンをユーザーに押してもらうことが
Webサイトにおける目的になりますので、
エントリーボタンのクリックが
コンバージョン(CV)ということになります。

このように、Webサイトの目的によって成果の指標は変わるので、
コンバージョン(CV)における明確な定義は存在しないのです。

コンバージョン(CV)はインターネット広告などにおける重要な指標の一つ

コンバージョン(CV)はインターネット広告をはじめ、
Webマーケティングで費用のかかる有料施策の
費用対効果を測るための重要な指標の1つです。

単純に考えた場合でも、
コンバージョン(CV)の数が多くなるほど
そのマーケティング施策は
費用対効果が大きいと考えることができるからです。

また、コンバージョン(CV)を費用対効果を測る指標として使う場合、
コンバージョンレート(コンバージョン率・CVR)を
多くの場合には使うことになります。

コンバージョン(CV)を測るためのコンバージョンレート(コンバージョン率・CVR)とは?

コンバージョンレート(コンバージョン率・CVR)とは
Webサイトにアクセスしたユーザーの中で
コンバージョン(CV)に結びついた割合のことを指します。

たとえば、資料請求の申し込みのWebサイトに
100人のユーザーのアクセスがあり、
そのうち10人がコンバージョン(CV)に結びついた、
この場合だと、資料請求の申し込みをした場合、
コンバージョンレート(コンバージョン率・CVR)は
10%ということになります。

オーガニック検索(ナチュラル検索・自然検索)や
リスティング広告からのアクセスの流入など、
アクセス経路ごとに
コンバージョンレート(コンバージョン率・CVR)を計測することによって
そのサイトにとって最も有効なアクセス経路を判断でき、
効率的な、費用対効果の高い
Webマーケティングの施策を行うことができるのです。

まとめ:コンバージョン(CV)は商品の購入だけではない

ECサイトや商品を販売するセールスレターの場合、
購入がコンバージョン(CV)となりますが、
全てのサイトにおいて購入だけが
コンバージョン(CV)ではありません。

たとえば、高額な製品・サービスの場合、
最初に見込み客を獲得してから
最終的なクロージング、購入までに
複数のプロセスがある場合が多くなります。

その場合には、直接利益となる商品の購入以外にも
資料請求や商品に関する問い合わせも
コンバージョン(CV)ということになります。

何をもってコンバージョン(CV)とするのか、
Webサイトにおけるユーザーのどの行動が
自社にとっての利益となるのか、
をれを考えながら定義することが、
コンバージョン(CV)を考える上では重要になってくるのです。

以上が、マーケティングの用語、コンバージョン(CV)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP