マーケティングインテリジェンスとは?マーケティングインテリジェンスの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
マーケティングインテリジェンスの意味を解説していきます。

マーケティングインテリジェンスとは
マーケティングの活動に関する情報を記録・収集し
一括管理するためのシステムを総称した
マーケティングの用語です。

メルマガやメールの配信履歴、
Webページの閲覧履歴、閲覧記録、
他にも現在ではソーシャルメディアを活用することで
消費者・顧客の製品やサービスへの興味度を測るなど
マーケティングに関する情報を記録・収集していきます。

マーケティングインテリジェンスは市場戦略情報

マーケティングインテリジェンスは日本語にした場合
市場戦略情報と訳されます。

市場、消費者・顧客のニーズや嗜好の変化、
他にも動向を測定することによって、
将来の市場規模、その特徴に影響を及ぼしそうな
ビジネス環境の変化を記録・収集して分析し、
体系化したプロセスがマーケティングインテリジェンスです。

つまり、マーケティングインテリジェンスは
マーケット、市場に関する戦略を立てる上で必要な情報、
市場戦略情報ということができるのです。

マーケティングインテリジェンスは企業活動に直結した意思決定の情報

市場戦略情報と訳されるマーケティングインテリジェンスは
単なる情報としてではなく、
より企業活動・ビジネスに直結した
意思決定の戦略的な情報です。

本来、市場情報、つまりマーケットの情報は
市場調査(マーケティングリサーチ)を行うだけでは
十分に情報を得ることはできませんでした。

本当に重要なのはその企業が置かれている
マーケティングの環境であり、
特に競合するライバルの企業の情報を
分析していくことが重要になります。

戦略的な情報を合わせた上で
企業活動に直結した意思決定をしていくのが
マーケティングインテリジェンスの考え方なのです。

ITの発展によってマーケティングインテリジェンスが注目されている

マーケティングインテリジェンス自体は
新しい考え方、概念ではありません。

近年のITやインターネット環境の発展による
情報化社会によって利用可能なデータ量が莫大になったことで
改めてマーケティングインテリジェンスが注目されているのです。

しかし、その一方で、
莫大な情報を処理していく中で
適切な判断が難しくなっていったり、
重要であるはずの情報が大量の情報の中に
埋もれてしまうという事態が生じてきてしまっています。

マーケティングに関連する情報を的確に処理し
マーケティングに利用するためには、
市場調査(マーケティングリサーチ)による
消費者情報の収集や分析だけでは不十分なのです。

企業が置かれているマーケティングの環境、
競合する企業を分析していくことも重要になっています。

一般的な、通常の市場調査(マーケティングリサーチ)に
戦略的な情報を加えた上で意思決定をしていくことも
マーケティングインテリジェンスの考え方になるのです。

マーケティングインテリジェンスを活用するためにも、
情報を一元化してシステム化していく必要があるのです。

マーケティングインテリジェンスの成功事例:日産自動車

マーケティングインテリジェンスの成功事例に
日産自動車が経営危機を乗り越えた事例があります。

世界的にも有名な日本の自動車メーカー
日産自動車ですが、
1990年代に経営危機に陥りました。

その時に経営危機を乗り切る原動力、
キッカケの一つとなったのが
日産自動車の市場調査組織「マーケットインテリジェンス」です。

1990年代、日産自動車の収益が悪化した際
内部では次の5つの問題を抱えていました。

■収益志向が欠如していた

■顧客中心の考え方が欠如していた

■地域間での連携が欠如していた

■危機感が欠如していた

■ビジョン、中期計画の共有が欠如していた

この中でも特に、2番目の「顧客中心の考え方が欠如していた」が
大きな問題の一つでした。

「お客様の望む商品を作り出せない」

「だから商品が売れない」

「売れないから開発予算が絞られる」

「さらに商品力が低下して売れない」

このような悪循環を断ち切るために
単なる市場調査(マーケティングリサーチ)だけでなく
戦略的な情報を収集・分析するための
マーケティングインテリジェンスの組織が設立されました。

日産自動車のマーケティングインテリジェンスの組織
「マーケットインテリジェンス」は
ただ市場調査(マーケティングリサーチ)をするだけではありません。

社内の各部門をカバーできるように
担当者がそれぞれ指名され、
さらに世界各地にも担当者が配置されて
市場調査を実施するなどして情報収集を行い、
市場分析を行っています。

そのため、日産自動車では戦略的な企業の意思決定、
マーケティングインテリジェンスが可能となり、
経営危機を乗り越えることができたのです。

これがマーケティングインテリジェンスの成功事例です。

このように、マーケティングインテリジェンスは
企業活動において非常に重要で、
さらに効果的なマーケティング手法なのです。

以上が、マーケティングの用語、マーケティングインテリジェンスの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP