パーミッションマーケティングとは?パーミッションマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、パーミッションマーケティングの意味を解説していきます。

パーミッションマーケティングとは
お客様からの許諾を受けた上で行う
マーケティング活動のことを指すマーケティングの用語です。

パーミッションマーケティングのパーミッションには、
「許諾」の意味がありますので、
お客様本人からの許諾を受けた上でコミュニケーションを行うという
マーケティングの考え方であり、
お客様本人から「メールを配信してもいい」などの
マーケティング活動に関する意思表示を得ることを指します。

たとえばB to Bマーケティングの場合、
名刺交換を行ったということは
パーミッション、つまり、マーケティングに関する
コミュニケーションを取ることを許諾した、と考えます。

パーミッションマーケティングを行うことで顧客との信頼関係を築きやすくなる

パーミッションマーケティングを行うことのメリットに
顧客との信頼関係を築きやすくなるというメリットがあります。

パーミッションマーケティングでは、
あらかじめ許諾を得ている顧客に対してのみ
勧誘や販促などのマーケティング活動を行っていきます。

そのため、マーケティングコミュニケーションによる
レスポンス率が高くなり、
かつ、顧客に強引さを感じさせないという特徴があります。

そのため、パーミッションマーケティングを使うことによって
企業と顧客との間で長期的な信頼関係を築いていけるという
大きなメリットがあるのです。

インターネット上でパーミッションマーケティングを
活用する場合には、
電子メールやWebサイトを利用して行われることが
一般的になります。

ここで、電子メールやWebサイトを利用した
パーミッションマーケティングの具体的な例を紹介していきます。

パーミッションマーケティングの具体例:オプトインメール

パーミッションマーケティングの代表的な具体例として
「オプトインメール」があります。

オプトインメールは、
顧客に対してメルマガを配信する前に
メール配信の許諾を得ること、
または、メール配信の許諾を受けている顧客にのみ
メール配信を行うマーケティングです。

つまり、オプトインメールは
あらかじめ顧客からメルマガ配信の許可を得ていることになるので、
パーミッションマーケティングの一つということになります。

メルマガの場合、特定電子メール法によって
オプトイン、つまり、顧客からの許諾を取ることが
義務づけられているので、
パーミッションマーケティングが必須ということになります。

また、顧客はあらかじめ興味のある分野のメルマガに対して
自らメルマガを受信することを許諾しているので、
顧客に送ったメルマガが迷惑メールになることを
防げるというメリットもあります。

パーミッションマーケティングの具体例:Webサイト

メルマガの配信だけでなく、Webマーケティングにおいては、
Webサイトを利用したパーミッションマーケティングもあります。

それが、会員制のWebサイトなどを利用して
マーケティングをおこあぬ手法です。

あらかじめ顧客からWebサイトの会員になることへの許諾を得て、
その上で、会員制のWebサイト内で顧客への
情報提供などを行っていく
パーミッションマーケティングの手法になります。

会員制のWebサイトにアクセスできる顧客は
既に会員となることを許諾しているので、
Webサイト内で行われる情報提供に関しては
比較的顧客から受け入れられやすいという特徴があります。

パーミッションマーケティングは古くから使われていた手法

パーミッションマーケティングという
言葉が使われるようになったのは最近ですが、
実はパーミッションマーケティングの概念は
古くから多くのマーケティングに取り入れられていました。

たとえば、店舗が発行しているポイントカードや会員制のサービスは
希望した顧客にのみポイントカードを発行したり会員証を渡します。

そのため、インターネットを使ってはいませんが、
パーミッションマーケティングと同じ仕組みであり、
これらのマーケティング手法は古くから使われていたことになります。

このように、パーミッションマーケティングは
言葉時代はインターネットの普及により使われるようになりましたが、
実際にはもっと以前、古くから使われていたマーケティングの手法になります。

まとめ:パーミッションマーケティング

パーミッションマーケティングは
古くから同じ概念が使われていたように、
長期間使われている非常に効果の高い
マーケティングの手法の一つになります。

特に、現在では個人情報保護法の施行など、
個人情報の扱いが重要視されるようになってきました。

メルマガをはじめ、顧客の個人情報を利用する場合には、
パーミッションマーケティングによって
あらかじめ顧客の許諾を得ておくことが必要になるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、
パーミッションマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP