プロダクトコーンとは?プロダクトコーンの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、プロダクトコーンの意味を解説していきます。

プロダクトコーンとは、商品の特性、性格を明確に定義するために
商品を表す3つのタイプを指したマーケティングの用語です。

プロダクトコーンのタイプ1:規格(企業側による商品定義)

プロダクトコーンのタイプ2:ベネフィット(生活者の得するコト・モノ)

プロダクトコーンのタイプ3:エッセンス(商品が持つ性格・擬人化)

プロダクトコーンではこれら3つのタイプを明確にして
商品の特性、性格を明確に表していきます。

単にプロダクトコーンと呼ばれる場合もあれば、
プロダクトコーン理論と呼ばれる場合もあるマーケティングの用語です。

プロダクトコーンを利用したプロダクトコーン理論でマーケティングの手法を考える

プロダクトコーンを利用して商品や企業の特性、性格を理解して、
次に取るべきマーケティングの手法を考えていくことがプロダクトコーン理論です。

プロダクトコーン理論では
商品や企業を3つの要素から成り立っていると考えていきます。

規格、ベネフィット、エッセンス、
この順番にしたから積み上がり、円錐形(コーン型)に見立てます。

では、プロダクトコーンを構成する3つの要素、
規格、ベネフィット、エッセンス、この3つを詳しく解説していきます。

プロダクトコーンを構成する要素1:規格

まず、プロダクトコーンの一番下に来る「規格」とは、
企業側による商品の定義です。

商品やサービスを提供するための定義と呼ぶこともでき、
例えば、食品の場合なら容量や生産に必要な材料を決めることになります。

市場の消費量が旺盛であれば、プロダクトコーンの規格通りに
商品・製品を生産していくことでモノを売ることが可能になっていきます。

プロダクトコーンを構成する要素2:ベネフィット

プロダクトコーンにおいて、規格の1つ上にある要素が
「ベネフィット」です。

商品や製品を生産していく上での規格が決まったら、
次に魅力的な商品にするための「ベネフィット」を加えていく必要があります。

商品を利用する消費者、顧客が求めるニーズ、
生活者が得するコト・モノがプロダクトコーンの2番目に来る要素、
「ベネフィット」ということになるのです。

プロダクトコーンを構成する要素3:エッセンス

そして、プロダクトコーンの三角錐の一番上に来る要素が
「エッセンス」です。

エッセンスは商品の特性や性格のことを表していて、
商品のブランド力がエッセンスによって決まってくることになります。

プロダクトコーンによって自社の商品やサービスの開発を進める

プロダクトコーンによるプロダクトコーン理論をしっかり理解することで、
企業は自社が提供している商品やサービスにおいて、
新たな開発をしていくことができるようになります。

時代の流れによって、プロダクトコーンの要素、
規格、ベネフィット、エッセンスは次々に変化していくことになります。

消費者・市場の消費力が旺盛な時代ならば
規格が優れている商品・サービスを提供することができれば
それだけで商品やサービスが売れていくことになります。

しかし、同じようにプロダクトコーンを理解して
「規格」の優れた商品が市場に溢れてきた場合には、
消費者の得を考えた「ベネフィット」の優れた商品が抜け出て売れることになります。

さらに、ベネフィットも一般的になってきた場合、
最終的に商品やサービスが消費者に選ばれるかどうかを決めるのは
「エッセンス」つまり、商品の特性や性格ということになるのです。

プロダクトコーンの事例:花王「ビオレU毛穴すっきりパック」

最後に、プロダクトコーン理論を利用してヒット商品を生み出した
事例を紹介していきます。

花王のビオレU毛穴すっきりパックはプロダクトコーン理論を理解することで
大ヒット商品を生み出した1つの事例になります。

商品の内容としては、シートを顔に貼り付け、
そのシートを剥がすと同時に毛穴の汚れも落とすことができるものです。

この商品の規格は、顔の毛穴の掃除をする
シート状のパックになります。

しかし、プロダクトコーンで言う規格の
「毛穴の汚れを取るパック」という商品は他のメーカーからも
複数の商品が出されています。

そこで、次に重視されるのが、ベネフィット、
プロダクトコーンの2番目に来る「消費者の得」ということになります。

ビオレU毛穴すっきりパックのベネフィットは、
シートを剥がした時に毛穴の汚れがどれだけ取れたかが
確認できることです。

つまり、消費者は毛穴の汚れが取れたのを確認することで
「スッキリして、綺麗になった」と感じることができるのです。

そして、このベネフィットから考えられる
プロダクトコーンの次の要素、エッセンス、商品のイメージは
「すがすがしい」ということになります。

ビオレU毛穴すっきりパックはベネフィット、エッセンスを
ネーミングやパッケージ、広告宣伝でそのまま利用したことで
大ヒットを生み出した商品です。

「スッキリして綺麗になったと感じる」というベネフィット、
「すがすがしい」というエッセンス、
これらはプロダクトコーン理論によって商品の特性や定義を
明確にしていたからこそ出てきたのです。

つまり、花王のビオレU毛穴すっきりパックは
プロダクトコーンをしっかりと理解していたからこそ
成功することのできた商品の事例になるのです。

以上が、マーケティングの用語、プロダクトコーンの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP