オプトイン(Opt-in)とは?オプトイン(Opt-in)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、オプトインの意味を解説していきます。

オプトインとは、メルマガ(メールマガジン)の配信やダイレクトメールを受け取ることに
事前にユーザー自らが能動的なアクションを起こすことで、
メルマガ受信、ダイレクトメールの受け取りを許諾、承諾した状態を
意味するマーケティングの用語です。

特に、宣伝広告をメルマガ(メールマガジン)配信やダイレクトメールで送る場合には
オプトインによってユーザーの許可を取ることが重要になりますので、
配信者が宣伝広告の配信の許可を事前に求めること、
また、ユーザーが宣伝広告の受け取りに許諾、承諾の意思を示すことを表す場合もあります。

ちなみに、オプトインは英語にすると「Opt-in」というスペルになり、
日本語に直訳した場合、「選択」という意味になります。

ちなみに「オプトアウト(Opt-out)」という言葉も存在し、
オプトアウトは離脱や脱退、拒否、停止、中止など、
許諾、承諾とは反対の意味を示すアクションのことを指すマーケティングの用語です。

通信販売のサイトに新規会員登録、アカウント作成をする際に、
「このショップからのメールを受け取る」の項目にある
チェックボックスにチェックにユーザーがチェックを入れた場合、
メルマガ(メールマガジン)受信の許諾、承諾があったとして、オプトインとみなされます。

また、このオプトインの手続きをメールで行った場合、
手続きを行ったメールのことを「オプトインメール」と呼びます。

オプトインによってメルマガ(メールマガジン)、ダイレクトメールなどの
受け取りを許諾、承諾した顧客は
商品やサービスに対して高い興味や関心があると判断できるので、
販売促進活動やセールスによって高いレスポンスの獲得が期待できるようになります。

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法・特電法)で義務化されたオプトイン

インターネットが普及し、
電子メールを使った広告が盛んになった時期である2002年頃、
特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法・特電法)
という新しい法律が制定されました。

特定電子メール法(特電法)では、
企業や個人が電子メールを使って
広告内容を含むメルマガ(メールマガジン)、ダイレクトメールを送信する場合、
事前にユーザー(メルマガの受信者)から
許諾・承諾を得ることが定められています。

以前はメールの件名に「未承諾広告※」と書けば
オプトインがなかったユーザーにも
宣伝広告を含むメルマガ(メールマガジン)を送信できましたが、
2008年の改正によって、原則的に宣伝広告を含むメールは
オプトインのあったユーザーにしか遅れなくなってしまいました。

つまり、ユーザーからのオプトインがない状態で
宣伝広告を含むメール、メルマガ(メールマガジン)を送ることができなくなりました。

もしユーザーからのオプトインがない状態で宣伝広告を含む
メール、メルマガ(メールマガジン)を送信した場合、
いわゆる「迷惑メール」として扱われ、処罰の対象になってしまいます。

オプトインとセットで覚えておきたい「オプトアウト」

オプトインと反対の意味を示すマーケティングの用語に
「オプトアウト」という用語があります。

先述したように、オプトアウトには離脱や脱退、拒否、停止、中止など、
許諾、承諾とは反対の意味を示すアクションのことを意味する場合がありますが、
「オプトイン」なしのお受胎でメルマガ(メールマガジン)を配信し、
配信後にメルマガの受信者、ユーザーが能動的に
メルマガを拒否、停止、中止する仕組みを表す場合もあります。

この場合のオプトアウトには、
「事前オプトアウト」「事後オプトアウト」の2種類があります。

オプトインと同じような意味の事前オプトアウト

事前オプトアウトとは、登録フォームや送信フォームに
「メルマガ(メールマガジン)配信を希望する」というチェック項目を表示しておき、
あらかじめチェックを入れておき、ユーザーが配信を希望しない場合に
チェックを外す行動を取ることを意味します。

また、チェックを入れておかず、ユーザーが配信を希望しない場合に
能動的にチェックを入れる行動をとらないことを意味する場合もあります。

そのため、事前オプトアウトについては
オプトインの仕組みとほとんど同じと考えることができます。

オプトインが曖昧な事後オプトアウト

一方、事後オプトアウトとは、メルマガ(メールマガジン)が配信された後に
受信を拒否、停止、中止することを意味します。

分かりやすい例で言うと、会員登録をすると、
メルマガ受信に許諾、承諾したものとみなされ、
後からメルマガ受信を拒否」、停止、中止する手続きを取らなければ
メルマガの配信が続いてしまうことを意味します。

この事後オプトアウトの場合、オプトインが曖昧になってしまうため、
ユーザーからするとあまり良い印象を受けません。

メルマガやダイレクトメールを利用したマーケティングが盛んになっている現代では
このオプトインを正しくユーザーから得ることが重要になってきています。

オプトインなしでのメルマガの配信は顧客満足度を下げるどころか、
処罰の対象になってしまう場合もありますので、
メルマガをマーケティングに利用する場合には
オプトインをユーザーから得ることは非常に重要になります。

以上が、マーケティングの用語、オプトインの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP