プロダクトマーケティングとは?プロダクトマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、プロダクトマーケティングの意味を解説していきます。

プロダクトマーケティングとは、
商品やサービス別に行うマーケティングのことを指す言葉です。

企業によっては製品やサービスの開発、ブランディング、
販促ツールの作成まで、幅広い業務のことを指して使われることもあります。

企業全体のビジネス戦略やマーケティングではなく、
特定の商品やサービスに特化してマーケティングを行います。

マーケティング本来のきめ細かな戦略などは
製品ごとのマーケティング、つまりプロダクトマーケティングでないと
設計することができません。

つまり、プロダクトマーケティングが正統なマーケティングであり、
プロダクトマーケティングを扱う部門が
正統なマーケティング部門であると考えることもできます。

プロダクトマーケティングは会社全体での横断的なプロジェクトになる

プロダクトマーケティングでは、
たとえば家電メーカーやソフトウェアを扱う企業など、
自社の商品やサービスを抱える企業において、
商品やサービスごとに
プロモーションプラン、販売促進の施策などを行います。

プロダクトマーケティングでは、
企業によっては1人で1つの商品やサービス、ブランドを担当したり
複数の商品やサービス、ブランドを担当する場合もあります。

そのため、プロダクトマーケティングは
会社全体での横断的なプロジェクトとなるので、
企画力があればいいというのではなく、
社内外での均衡・調整能力が求められる業務でもあります。

プロダクトマーケティングが機能しない、弱いと言われる原因

現在のIT企業やソフトウェア開発をする企業では
「マーケティングが弱い」「マーケティングが機能しない」
このように、プロダクトマーケティングがうまくいっていない事例が多く存在します。

IT企業やソフトウェア開発をする企業で
プロダクトマーケティングがうまくいかない原因は、
「強烈な印象の華やかな広告やキャンペーン」こそが
プロダクトマーケティングの価値だと評価していることにあります。

「強烈な印象の華やかな広告やキャンペーン」は
IT企業の提供するサービスやソフトウェアの場合には
必ずしも正しいプロダクトマーケティングになるとは限りません。

プロダクトマーケティングを実践する力がマーケティングチームにない

他にも、マーケティングチームにプロダクトマーケティングを
実践していく力がないことも
プロダクトマーケティングがうまくいかない原因になります。

プロダクトマーケティングを実践していく力とは、
「基本に忠実に」実践していく力のことになります。

プロダクトマーケティングでは論理や計算も非常に重要になりますが、
「基本を忠実に」実践するためのマインドも求められます。

つまり、プロダクトマーケティングをうまく実践できる人、
マーケティングのプロとは、
基本に忠実に実践することができる能力とマインドがある人なのです。

プロダクトマーケティングの基本の「4P」

では、プロダクトマーケティングの基本とは
一体どのようなものになるのでしょうか?

プロダクトマーケティング、およびマーケティングでは、
4Pと呼ばれる要素が基本となり、非常に重要になります。

では、プロダクトマーケティングおよびマーケティングの基本となる
4Pを1つずつ紹介していきます。

プロダクトマーケティングの基本1:商品(Product)

最初に、商品、
つまり、顧客や消費者に対して提供する
製品やサービスのことです。

どのような製品やサービスを作っていくのか、
プロダクトマーケティングにおいて「商品戦略」が重要となってきます。

プロダクトマーケティングの基本2:価格(Price)

次に、製品やサービスの価格です。
高価格戦略をとるのか、低価格戦略でいくのか、など、
「価格戦略」を決めることもプロダクトマーケティングでは重要になります。

プロダクトマーケティングの基本3:プロモーション(Promotion)

製品やサービスの存在、そして特徴などを
どのように市場、消費者に発信していくのか、
「プロモーション戦略」を考えていくこともプロダクトマーケティングでは重要になります。

プロダクトマーケティングの基本4:流通(Place)

顧客や消費者にどのような方法や手段で売るのか、
どのようにして製品やサービスを届けるのかを考えます。

このような流通における戦略を考えることを
プロダクトマーケティングにおける「販売チャネル戦略」ともいいます。

プロダクトマーケティングについてまとめ

プロダクトマーケティングは
企業全体ではなく、製品やサービスごとの
マーケティングを行うことになります。

しかし、プロダクトマーケティングの基本は
他のマーケティング活動と同じ4Pになります。

いかに基本に忠実なマーケティング活動を行うことができるか、
それがプロダクトマーケティングを成功させるためのカギとなるでしょう。

以上が、マーケティングの用語、プロダクトマーケティングの意味になります。
ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP