IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)とは?IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)の意味を解説していきます。

IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)とは、
インテグレーテッドマーケティングコミュニケーション
(Integrated Marketing Communication)の頭文字から名付けられた
マーケティングの用語で、統合型マーケティングコミュニケーションともいいます。

テレビやラジオ、雑誌、新聞などのマスメディア広告だけでなく、
電話やFAX、インターネットなどのさまざまなメディアを融合して
マーケティングコミュニケーションの効果を最大化しようという考え方です。

さまざまなコミュニケーションチャンネル、メディアを統合することから、
統合型マーケティングコミュニケーションと呼ばれています。

マスメディア広告、インターネット広告、セールスプロモーション、
ダイレクトマーケティングなど、多様化したコミュニケーションチャンネルやメディアを統合し、
標的となる消費者に説得力があり、一貫したマーケティングをしたり、
メッセージを届けるための考え方がIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)です。

メディアやコミュニケーションチャンネルが多様化した現在では、
チャンネルの使い分け、統合管理を担うIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)の
必要歳が高まってきています。

IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)誕生の歴史背景

1990年代前半、マスメディア広告費の現象や
SP(セールスプロモーション)の費用が急速に伸びたことから
マスメディア広告やセールスプロモーション、ダイレクトマーケティングなどを
戦略的に統合することを重視して提唱された考え方、概念です。

アメリカのノースウェスタン大学のシュルツ教授を中心に、アメリカがで提唱され、
広がっていった概念です。

企業が発信に利用するメディアを、
消費者のメディアへの接点から戦略的に考え、統合し、
経営のトップに報告する責任を重要視しています。

つまり、消費者の立場からコミュニケーションを再構築していくことが
IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)の目的にあります。

インターネットの登場で双方向のコミュニケーションが重視されるようになった

他にも、IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)の考え方が重要視されるようになった理由に、
インターネットやWebメディアが登場、普及したこともあります。

ソーシャルメディアも普及して、人々のコミュニケーションが自由になり、
フラットなつながりが広がっていく中で、
「ブランド」というのは、従来の企業が一方的に発信、訴求するだけでなく、
消費者同士のコミュニケーション内の情報からも作られていくもになりつつあります。

そのため、消費者の立場からコミュニケーションを再構築していく
IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)の概念、考え方が必要なのです。

IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)成功の2つのカギ

企業がIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)を実践し、
マーケティングを成功させるためには2つのカギが必要になります。

マーケット・イン思考

1つ目のカギは、マーケット・イン思考です。

商品の開発、製造、そして販売と広告まで、
すべてのマーケティングの戦略を顧客の視点から見た場合に
最も勝ちがある形で構築していくことです。

マーケット・イン思考でビジネスを展開していけば、
優れた商品、質の良いサービスが生まれますので、
消費者は自然とその企業を自分の満足を優先してくれる企業だと考えます。

その結果、消費者自らが口コミで拡散してくれるので、
わざわざ大げさな宣伝をする必要がなくなるのです。

戦略と戦術の統合

戦略と戦術の統合とは、
マーケット・イン思考で構築したマーケティング戦略に対して、
顧客に対して実際に展開していく戦略が全て一貫して統合されることです。

具体的には、

製品開発・製品デザイン・パッケージデザイン・店舗デザイン
従業員のユニフォーム・販促プロモーション・営業マンのセールストークや態度
広告メッセージ・アフターサービス体制・従業員の態度

これら全てが一貫していること、統合されていることです。

しかし、実際には顧客第一のマーケティング戦略を貫くことができず、
多くの企業ではIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)がうまくいきません。

企業の都合で商品が開発されたり、
ピント外れのセールストークによる営業、
商品から大きくかけ離れたイメージの広告など、
顧客第一ではなく、企業視点のマーケティングになってしまうのです。

いかに顧客第一のマーケティングを貫けるか、
それがIMC(統合型マーケティングコミュニケーション)成功のカギになります。

以上がマーケティングの用語、IMC(統合型マーケティングコミュニケーション)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP