マスマーケティングとは?マスマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、マスマーケティングの意味を解説していきます。

マスマーケティングとは
テレビやラジオ、雑誌、新聞など、マスメディアを利用した
マーケティングの手法です。

不特定多数の消費者、顧客を対象として
大量の情報を送るマーケティングの手法です。

マスマーケティングの対義語に
消費者・顧客と個別に双方向のコミュニケーションを行う
ダイレクトマーケティングがあります。

マスマーケティングは大量生産・大量消費を前提としたマーケティングの手法

マスマーケティングでは、
大量生産・大量消費・大量販売・大量プロモーションを
前提としたマーケティングを行います。

全ての消費者・顧客を対象にして
同一の方法で行うマーケティングの手法が
マスマーケティングなのです。

市場全体、一般大衆を対象として
テレビやラジオ、新聞、雑誌など
マスメディアを利用して大量広告を行います。

マスマーケティングは市場の成長期において
マーケットリーダー(業界トップの企業)が
利用するマーケティングの手法だとされています。

少数の製品を大量流通させる
マーケティングの手法であることから
マスマーケティングは大量生産・大量消費を
前提としたマーケティングの手法で、
大量生産時代、大量消費時代を象徴する
マーケティングの手法だともされています。

マスマーケティングは規模の経済によるマーケティング手法

マスマーケティングでは自社の製品・サービスにおける
平均的な顧客を対象として、
標準化された製品を大量生産・大量流通することで
顧客に届けていくマーケティングです。

大きな市場全体に対して
単一、大量なマーケティングミックスを展開します。

大量生産によるコストダウン、
単一製品を扱うことによる流通の効率化、
市場全体に向けた単一的な広告によって
市場シェアを一気に確保するマーケティング戦略です

そのため、マスマーケティングは
規模の経済によるマーケティング手法だと言うことができます。

世界的にも有名なマスマーケティングの成功事例に
コカコーラのマーケティングがあります。

セグメント・マーケティング、One to Oneマーケティング、
他にもダイレクトマーケティングと
対比されることの多いマーケティングの手法になります。

マスマーケティングから1人に向けたダイレクトマーケティングへの変化

大量消費や大量生産を前提とした
これまでのマーケティングでは、
ターゲットとなるセグメント(グループ)が異なっても
マス、つまり市場全体へのマーケティングを行っていました。

しかし、消費者のニーズや潜在的な欲求が
多様化した現在では、
市場全体、マスを対象としたマーケティングではなく、
1人の消費者や顧客を対象としたマーケティングが
求められる時代となってきました。

そこでマスマーケティングに代わって
求められるといわれているのが
ダイレクトマーケティングです。

市場全体を対象とするマスマーケティングに対して
1人を対象とするダイレクトマーケティングとは?

ダイレクトマーケティングでは
マスマーケティングとは対照的に、
顧客や消費者と個別・直接的に
双方向のコミュニケーションを行うマーケティングです。

ターゲットとなる顧客、消費者の反応(レスポンス)を測定し
ニーズや嗜好など、顧客目線の顧客本位のプロモーションを
展開していくマーケティングの手法となります。

データベースマーケティング、
インターネットマーケティング、
CRM(顧客関係管理)、
One to Oneマーケティングなど、
マスマーケティングに取って代わって
現在ではマーケティング手法のベースとして
非常に重視されているマーケティングの手法になります。

マスマーケティングから個人を意識した
ダイレクトマーケティングが求められる時代へ

ソーシャルメディアなど、
インターネットやWebメディアの発展によって
企業と消費者がダイレクトに双方向のコミュニケーションを
取れるようになってきました。

そのため、全ての顧客・消費者を対象とする
マスマーケティングから
顧客への直接的なアプローチ、
継続的なコミュニケーション、
データの獲得・分析を重視していくダイレクトマーケティングが
顧客中心の価値創造をしていく現代のマーケティングにおいて
非常に重視されるようになってきています。

もともと通信販売での
電話や郵便による注文(ダイレクトオーダー)を
獲得するための手法と呼ばれていた
ダイレクトマーケティングですが、
現在では顧客との関係性を深めたり、
継続的な売上を目指すための
マーケティングの手法として注目を集めています。

自社の製品やサービスを展開する場合に有効なのは
マスマーケティングなのかダイレクトマーケティングなのかを
検討する必要があるのが現在のマーケティングとなっています。

マスマーケティング、ダイレクトマーケティング、
両方の特徴を捉え、理解していくことで
自社のビジネスを成功に導くマーケティングへとつながるのです。

以上が、マーケティングの用語、マスマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP