マーケットセグメンテーションとは?マーケットセグメンテーションの意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティングの用語、マーケットセグメンテーションの意味を解説していきます。

マーケットセグメンテーションとは
企業がマーケットをセグメントする、
つまり、市場を細かくグループ分けしていくことで
企業が戦いやすい、勝てる土俵を見つけたり
創り出していく戦略を指すマーケティングの用語です。

マーケットセグメンテーション、
または単にセグメンテーションと言われる場合もあります。

マーケットセグメンテーションでは
市場をある性質によって分類・グループ化し、
それぞれに対して適切な戦略や施策を立案、実施していきます。

例えば、企業が持つ顧客データを
マーケットセグメンテーションできるように管理していると
戦略的なアプローチを仕掛けることができます。

「1都3県」「製造業」「売上500億円以上」
「情報システム部門」「部門長・役員クラス」に
新製品の告知ダイレクトメールを発送する、
このようなアプローチが
マーケットセグメンテーションによって可能になるのです。

つまり、製品やサービスに適した、戦いやすい土俵で
戦えるようになるということになるのです。

マーケットセグメンテーションによって経営資源を有効活用する

マーケットセグメンテーションでは
企業が自社製品やサービスの対象となる市場や消費者を
一定の基準を持って分類・グループ化していきます。

市場を細分化(セグメンテーション)し、
その製品やサービスにとって効果的な部分にだけ
資源を集中することによって、
限られた経営資源を有効に活用することができるようになります。

マーケットセグメンテーションで
市場や消費者・顧客を分類する場合には
次のような基準が利用されることが多くなります。

■製品・サービスの特性(性能・使用方法・属性・価格など)

■消費者の特性(ニーズ・購買態度・デモグラフィック・サイコグラフィックなど)

つまり、マーケットセグメンテーションでは
製品や消費者にフォーカスして分類の基準を定めるのです。

マーケットセグメンテーションはターゲット・マーケティングとも呼ばれる

マーケットセグメンテーションによって
市場や消費者・顧客を細分化していくことによって
効率的なマーケティング活動を展開することができます。

具体的な方法として
顧客の属性や趣味・嗜好で分類を行い、
企業が市場を絞り込んでいきます。

顧客の分類や市場の絞り込みによって
市場規模、自社の強み、製品特性を考慮し
自社の製品やサービスにとって最も魅力的なセグメントを
標的市場として選択、マーケティングを展開します。

つまり、自社にとって戦いやすい土俵を見つけたり、
創り出すことによって効率的なマーケティングを展開するのです。

そのため、マーケットセグメンテーションは
ターゲット・マーケティングと呼ばれることもある
マーケティングの手法でもあります。

マーケットセグメンテーションはマスマーケティングの対義語

現在では大量生産、大量消費の時代が終了したと言われていて
顧客のニーズが複雑化、多様化していると言われています。

そのため、すべての顧客のニーズに同時に応えられる
製品やサービスを開発したり生産するのは
難しくなっていると言われています。

そこで、同じニーズを持っていると
考えられる特定のセグメントに絞り込み
製品やサービスを提供するターゲットとする
マーケティングが必要となってきたのです。

このように、マーケットセグメンテーションは
ターゲットを選定した上で
絞り込まれたセグメント向けの製品やサービスを
開発・生産していくことになるので、
ターゲット・マーケティングとも呼ばれます。

そのため、全てのユーザーのことを考え、
市場全体、万人向けの製品やサービスを開発・生産する
マスマーケティングの対義語として
マーケットセグメンテーションは使われることもあります。

マーケットセグメンテーションについて、まとめ

顧客のニーズが複雑化、多様化した現在、
全ての顧客、市場全体のニーズに応える
製品やサービスを提供することはほとんど不可能で、
また非効率的なマーケティングと言えるようになりました。

そこで市場を相対的に同質なニーズをもった
いくつかの顧客集団(セグメント)に分類し、
ターゲットとすべき市場設定を行うのが
マーケットセグメンテーションなのです。

市場に存在するさまざまな顧客個人が持つ
類似性にしたがって市場を小さなグループ・セグメントに
分類していくプロセスがマーケットセグメンテーション
ということになるのです。

この時の類似性は共通の特徴やニーズ、欲求であり、
これらを基準にしてマーケットセグメンテーションを行い
市場を細かく分類していくのです。

企業がマーケティングを成功させ、
事業を進めていくためにもマーケットセグメンテーションで
市場・顧客を細かく分類していくことは
非常に重要な戦略と言うことができるのです。

以上が、マーケティングの用語、マーケットセグメンテーションの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP