アクイジション(acquisition)とは?アクイジション(acquisition)の意味を丁寧に解説

マーケティング用語、アクイジション(acquisition)を解説していきます。

acquisitionという英単語には「取得・獲得」という意味があります。

その意味から派生して、マーケティングやビジネスを語る際には
アクイジション(acquisition)といえば、一般的に、
新規顧客を獲得する費用「顧客獲得費用」を意味し、
また、そこから新規獲得した見込み客を差す場合もあります。

アクイジション(acquisition)は受動的な意味の「取得」よりも
能動的な、積極的な意味を持つ「獲得」という意味で使われる場合が多い言葉です。

現在では一般的なマーケティング用語となった
M&A(エムアンドエー)、merger and acquisition(合併と買収)という言葉がありますが、
M&A(エムアンドエー)のAがアクイジション(acquisition)なのです。

新規顧客の獲得には既存顧客へのアプローチの5倍のコストと時間がかかる

アクイジション(acquisition)、つまり、新規の顧客を獲得するには
既存顧客へアプローチするよりも5倍のコストと時間がかかることになります。

いわゆる「1:5の法則」と呼ばれているものです。

新規顧客の獲得、アクイジション(acquisition)には、
最初に自社のことを知ってもらうところから始める必要がありますので、
自社のことを知っていて、興味を抱いている既存顧客へのアプローチよりも
コストも時間もかかってしまうことになるのです。

それに対して、既存顧客の場合、すでに1度自社商品を購入したことがあり
購買意欲や欲求、興味を持っている顧客ということになりますので、
少ないコストで再度商品を購入する可能性の高い属性なのです。

そのため、生涯顧客となる可能性の高い既存顧客に対して、
キャンペーンやメールマガジン(メルマガ)の配信によって、
再購入、リピートを促すマーケティングが重要とされています。

このような既存顧客との関係性を維持し、
安定的な関係を築いていくためのマーケティング手法を
新規顧客獲得を意味するアクイジション(acquisition)に対して
リテンション(retention)、「維持・保持」という単語で表されます。

では、私たちはコストや時間のかかるアクイジション(acquisition)
つまり、「新規顧客の獲得」よりも、
低コストで時間もかけずに生涯顧客となる可能性の高い既存顧客へのマーケティング、
リテンション(retention)を重視するべきなのでしょうか?

事業の拡大、将来的な利益のためにアクイジション(acquisition)はかかせない

既存顧客を活かし、安定的な利益を生み出していくためにリテンション(retention)が大切な一方で、
新規顧客の獲得、アクイジション(acquisition)も大切なマーケティングになります。

そもそも、新規顧客、新しいお客さんを集客しなければ
現状よりも事業を拡大したり、現状以上の利益を見込むことができません。

事業を拡大していったり、将来的な利益をもたらすのは
既存顧客、リテンション(retention)ではなく、
新規顧客、アクイジション(acquisition)の方になります。

そのため、リテンション(retention)で既存顧客へのアプローチばかりしたり、
アクイジション(acquisition)、新規顧客獲得にばかりコストや時間を割くのは
経営を考える上では得策とはいえません。

自社の状況を把握した上で、本当に必要な施策、マーケティングが
アクイジション(acquisition)なのか、リテンション(retention)なのか、
新規顧客の獲得と既存顧客との関係性の維持を考えながら、
バランスの取れたマーケティングを仕掛けていくことが重要になるのです。

外資系企業で使われる言葉「アック」の意味

リテンション(retention)、既存顧客との関係性維持と比較することで、
アクイジション(acquisition)、新規顧客の獲得の意味や重要性が見えてきたと思います。

最後に、1つ覚えておくと便利なのが、外資系の企業でよく使われる言葉、
「アック」という言葉の意味です。

外資系の企業で使われる「アック」には「獲得した見込み客」の意味があり、
つまり、アクイジション(acquisition)と同じ意味で使われるのです。

グローバル化が叫ばれている現代では、
外資系の企業と取引をしたり、ビジネスでの関わりを持つことも増えてくると思います。

その際に、「アック」の意味を覚えておかないと、
話についていけなかったり、混乱してしまう可能性があります。

アクイジション(acquisition)、アック、
ともに同じ「獲得した見込み客」をい表す言葉として使われるので
まとめて覚えておくと便利でしょう。

以上が、マーケティング用語、アクイジション(acquisition)の解説になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP