TSR企業コードとは?TSR企業コードの意味を丁寧に解説

TSR企業コードとは何か、検索方法のやり方はどうするのか、
今回はTSR企業コードについて解説していきます。

TSR企業コードは
株式会社東京商工リサーチ(TSR)が提供している
企業識別コードです。

他にも企業識別コードは存在しますが、
TSR企業コードの大きな特徴として、
世界最大の企業識別コードである
DUNSナンバーとリンクしているという特徴があります。

では、TSR企業コードとは何か、
詳しい解説とTSR企業コードの検索方法を紹介していきます。

TSR企業コードは株式会社東京商工リサーチ(TSR)が提供する企業識別コード

TSR企業コードは株式会社東京商工リサーチ(TSR)が
独自に管理している数字9ケタで構成される
企業識別コードです。

現在では約260万社に付与・提供されていて
厳格に管理されている企業識別コードです。

TSR企業コードは情報の重複などがないように
1社1コードという原則を厳格に管理していて、
非常に精度の高い企業識別コードになっています。

また、TSR企業コードの大きな特徴として
世界最大の企業識別コードである
DUNSナンバーとリンクしているということがあります。

TSR企業コードとリンクしている世界最大級のDUNSナンバー

TSR企業コードとリンクしているDUNSナンバーは
世界最大級の規模がある企業識別コードだと呼ばれています。

1962年にD&Bが9ケタの企業識別コードを発行し始め、
現在では全世界200ヶ国以上の国でDUNSナンバーが付与されています。

DUNSナンバーのDUNSとは
The Data Universal Numbering Systemの略になっています。

民間企業だけでなく、
国際連合をはじめ、多くの国際機関でも
世界標準の企業識別コードとして
DUNSナンバーを採用・推奨しています。

TSR企業コードはこの世界最大級の企業識別コードである
DUNSナンバーともリンクしています。

TSR企業コードを使うメリットとは?

では、TSR企業コードを利用する場合、
どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでTSR企業コードのメリットを3つ紹介していきます。

TSR企業コードのメリット1:グローバルな汎用性がある

先述したように、TSR企業コードは世界最大級のDUNSナンバーとリンクしています。

そのため、海を渡ってのグローバルな取引の際にも
汎用性を有していて非常に利用しやすい企業識別コードになっています。

厳格に1社1コードで管理されていますので、
データ更新の際のキーとしても大きな役割を果たせます。

TSR企業コードのメリット2:企業内のデータを集約できる

通常、企業内には複数の部門があり、
それぞれの部門によって異なるデータベースを利用しています。

そのため、顧客企業の企業コードが
それぞれの部署のシステム独自のものになっていて
たとえ同じ企業だとしても部署ごとに異なるコードが付与されて
違う企業だと認識されてしまう可能性もあります。

TSR企業コードに企業全体としてのコードを統一していくことで
同じ企業に対して複数の企業コードが付与される重複を防ぎ、
部署ごとではなく、企業全体で1つのデータベースに統一していくことができます。

TSR企業コードのメリット3:データベースを常に最新の情報に保つ

TSR企業コードには株式会社東京商工リサーチ(TSR)が
独自にリサーチ・調査した情報が紐付いています。

株式会社東京商工リサーチ(TSR)による毎日の更新作業、
データのマッチング処理など
企業データの重複を常に排除し、さらに、データベースが最新に保たれます。

特に、審査業務などがある場合には最新の企業情報が
必要になってる業務でもあるので、
TSR企業コードに紐付いた最新企業情報は非常に重要なものになるはずです。

まとめ:TSR企業コード

TSR企業コードの大きな特徴は、
世界最大級の規模を持つ企業識別コードの
DUNSナンバーとリンクしていること。

そして、株式会社東京商工リサーチ(TSR)による
TSR企業コードに紐付けされた最新のデータベースにあります。

DUNSナンバーとのリンクにより
TSR企業コードは世界的な汎用性のあるグローバルな
企業識別コードとして利用されています。

また、データ統合サービスを利用することによって
株式会社東京商工リサーチ(TSR)が更新している
最新の企業情報と自社データベースの紐付けができます。

ITの発展、インターネットの普及によって
情報は特に重視される企業の資産になってきました。

自社が持つデータベースの企業情報を最適化したり、
海外との取引がある場合には
TSR企業コードが必要になってくると考えられます。

自社にとってどの企業識別コードを導入するのが最適化、
しっかりと検討して選択していく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、TSR企業コードの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP