AARRRとは?AARRRの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、AARRRの意味を解説していきます。

AARRRとは顧客行動の変化を5つのステップに分けた場合に
その5つのステップを組み合わせたデータ分析の
フレームワークです。

米国のマーケッターDave McClure 氏が提唱する理論の一つです。

特にグロースハックにおいて欠かせないフレームワークで
顧客行動の分解モデルとしてAARRRがりようされます。

グロースハックとは
製品やサービスを利用しているユーザーの動向から
数値やフィードバックなどのデータを解析し、
製品やサービスの改善をしていくマーケティングの課題解決の手法です。

このグロースハックにおいて
AARRRによるステップ、考え方が必要になるのです。

顧客行動の5つの段階、ステップがそれぞれ、

Acquisition(誘導:ユーザー獲得)

Activation(活性化:顧客情報の提供)

Retention(継続:リピーター化)

Referral(紹介:シェア)

Revenue(収益:優良顧客化)

これらの単語であることこら、
単語の頭文字を組み合わせてAARRRと省略されます。

AARRRの読み方は「アー」となっています。

AARRRは製品やサービスの成長が目的のマーケティング

これまでのマーケティングでは、
Acquisition(誘導:ユーザー獲得)やRevenue(収益:優良顧客化)だけに
注目したマーケティングが行われてきました。

しかし、これらの利益だけを求めるマーケティングから脱し
製品やサービスの成長も目的としていくことが
AARRRでマーケティングを展開する大きな目的となります。

たとえば、一つ、AARRRにおける具体的なステップを紹介すると、
最初にユーザーの獲得として初回訪問があり、
初回利用や会員登録につなげていきます。

そして、継続利用をしてもらうことで、
さらなるサービスの共有や紹介をしていきます。

それが結果的に、優良顧客化へとつながっていく流れになるのです。

AARRRによるマーケティングは
このような一連のフローによって表すことができるのです。

AARRRにおける5つのステップを具体的に解説

ではグロースハックにおいて重要になる
AARRRの5つのステップを具体的に解説していきます。

以下の情報を分析していくことによって
グロースハックに必要なAARRRができるようになります。

AARRRのステップ1:Acquisition(誘導:ユーザー獲得)

最初のステップとして、新規のユーザー獲得、
Acquisition(誘導:ユーザー獲得)を行っていきます。

自社のWebサイトやランディングページ(LP)へのアクセスを
分析していきます。

他にも自社サイトで複数ページの閲覧や10秒以上の滞在など、
初回のアクセスをさらに分析していくこともできます。

AARRRのステップ2:Activation(活性化:顧客情報の提供)

ステップ1のAcquisition(誘導:ユーザー獲得)で
アクセスしてきたユーザーが積極的な行動を行うステップです。

実際にメルマガに登録したり、
無料で提供しているソフトウェアのインストール、
他にもアカウントの作成など、
ユーザーが個人情報を分析したり、
リピートにつながる行動を分析していくAARRRのステップになります。

AARRRのステップ3:Retention(継続:リピーター化)

初回訪問やアカウント作成などの行動以降に
ユーザーが継続的にサービスを利用したのかどうか、
それを計測していくAARRRのステップになります。

初回のアクセス後、一ヶ月以内に何回サービスを利用したか、
送信したメルマガを開封したか、
メルマガの中のURLはクリックされているのか、
これらの情報を分析していきます。

AARRRのステップ4:Referral(紹介:シェア)

Webメディア、ソーシャルメディアが発展した現代では
ユーザーによる紹介もマーケティングにおいて
非常に重要な用途となっています。

紹介されたユーザーはWebサイトへのアクセスしか行わなかったのか、
それとも何かしらアカウント開設などを行ったのか、
紹介されたユーザーの分析を行っていきます。

また、紹介に利用されたメディアについて
SNSメディアでの紹介なのか、他の方法なのかも
分析を行っていきます。

AARRRのステップ5:Revenue(収益:優良顧客化)

実際に収益が発生するステップです。

金額にかかわらず、収益へとつながったユーザーの数、
コストを上回った収益の割合、
他にも売れ筋商品など、
収益に関する分析を行っていきます。

まとめ:AARRR

製品やサービスの成長を長期的に考えた場合、
AARRRによる分析は非常に重要になっていきます。

単に新規顧客の獲得や収益の大きさに目を向けるのではなく、
AARRRの5段階での分析を行っていくことによって
企業の成長につなげていくことができるのです。

AARRRを分析することで
製品やマーケティングに関する課題を
明確にしていくことが必要となっていくでしょう。

以上が、マーケティングの用語、AARRRの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP