レイトマジョリティとは?レイトマジョリティの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、レイトマジョリティの意味を解説していきます。

レイトマジョリティとは
イノベーター理論における
消費者の5つの分類のうちの1つと言われています。

新製品やサービスが市場に普及した後に
購入を決断するグループがレイトマジョリティです。

イノベーター理論において、レイトマジョリティは
アーリーマジョリティと並んでメインの市場を形成していますが
レイトマジョリティは保守的なグループです。

レイトマジョリティはイノベーター理論の中のグループ

レイトマジョリティとは、
1962年にアメリカ、スタンフォード大学の社会学者、
エベレット・M・ロジャース教授が提唱した
イノベーター理論におけるグループの一種です。

イノベーター理論とは、市場全体を
新製品・新サービスが投入されてからの購入までの順番が早い順に
5つのグループに分類する理論のことになります。

レイトマジョリティはその中でも
最も多くの割合を占めるグループの一つで、
市場全体に製品やサービスが普及してから購入を決断する
比較的導入の遅い消費者グループになります。

では、イノベーター理論では
レイトマジョリティ意外にどのようなグループがあるのか、
残り4つのグループを開設していきます。

レイトマジョリティ以外のグループ1:イノベーター

革新者とも呼ばれるグループで、
積極的に新しい製品やサービスを採用し、
イノベーションを導入するグループです。

市場全体に対する割合は2.5%と非常に少ないと言われていて、
製品やサービスにベネフィットよりも革新性を求めるなど、
世間一般の価値観とズレていることがあります。

レイトマジョリティと比較した場合には、
かなり早い段階で製品やサービスの購入を決めるグループです。

レイトマジョリティ以外のグループ2:アーリーアダプター

イノベーターの次に早く新製品や新サービスの購入を決断するグループです。

流行に敏感であり、また、情報収集を自ら行えることから
他の消費者グループへ大きな影響があると言われています。

そのため、オピニオンリーダーとも呼ばれる人たちのグループです。

市場全体の13.5%を占めているグループで、
マーケティングにおいては最も重視される消費者層であり、
アーリーアダプターを取り込めるかが成功のカギとも呼ばれています。

レイトマジョリティは影響を受けて購買を決めるグループですが、
アーリーアダプターの場合はどちらかというと
影響を与える側の消費者グループになります。

レイトマジョリティ以外のグループ3:アーリーマジョリティ

レイトマジョリティとともに市場の中で
最も多くの割合を占める消費者グループです。

市場全体の34.0%を占めていて、
ブリッジピープルとも呼ばれる消費者グループになります。

比較的慎重な消費者のグループではありますが、
平均よりは早く新製品、新サービスを採用する消費者のグループになります。

このアーリーマジョリティに新製品や新サービスが普及するかで
レイトマジョリティに普及するかどうかが決まることもあり、
マーケティングにおいて非常に重要なポジションを占める
グループだとも考えられています。

レイトマジョリティ以外のグループ4:ラガード

イノベーター理論における5つの消費者グループの中で
最も保守的なグループになります。

流行や世の中の動きに関心が薄く、
新製品や新サービスが当たり前に普及してから使い始める、
または最後まで使わない人も中にはいます。

そのため、遅滞者や伝統主義者とも呼ばれるグループです。

レイトマジョリティはこのラガードと
アーリーマジョリティの間に入るグループになります。

市場全体の16.0%を占めているグループですが、
最後まで買わない人もいるグループですので、
このグループに向けてのマーケティングやセールスは
効果が薄くなってしまう可能性があります。

後期追随者、後期多数採用者と呼ばれるレイトマジョリティ

では、レイトマジョリティとはどのような
消費者のグループになるのでしょうか?

レイトマジョリティは懐疑的な消費者のグループで、
周囲の多くが新製品、新サービスを購入したのを
確認してから購入を選択するグループです。

後期追随者、後期多数採用者とも呼ばれていて、
アーリーマジョリティと同様に市場の34.0%を占める
最も割合の大きなグループになります。

ただし、レイトマジョリティは
アーリーマジョリティでの新製品、新サービスが
普及してからようやく採用を始めるグループとなりますので、
まずはアーリーアダプターやアーリーマジョリティへの
新製品や新サービスの普及が大切になってくると考えられます。

ちなみに、日本人の場合には、
このレイトマジョリティのグループが
イノベーター理論の分類では最も大きなグループになると言われています。

レイトマジョリティを含め、
イノベーター理論における5つのグループの特徴を理解しておくことが
マーケティングを成功させるためには
非常に重要であると考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、レイトマジョリティの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP