SOA(サービス指向アーキテクチャ)とは?SOA(サービス指向アーキテクチャ)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、SOA(サービス指向アーキテクチャ)の意味を解説していきます。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)とは、
大規模なシステムを構築する際の
考え方、概念のことを指すマーケティングの用語です。

考え方、概念になるので、
製品やサービスのことを指してはいません。

システムやソフトウェアの機能を部品化することによって、
その様々な部品をネットワーク上で連携させ、
システムを構築していく考え方のことです。

SAOという単語は、Service Oriented Architectureの頭文字を取り、
省略したマーケティング用語になっていて、
Service Oriented Architectureを直訳した場合は
「サービスを最優先に考えた設計」という日本語になります。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)が再注目されている理由

実は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)という考え方や概念は、
目新しい考え方や概念ではなく、
もともと古くから存在する考え方・概念だと言われています。

しかし、ITが普及した現在になって、再び注目されるようになってきました。

その理由には、企業の統廃合や事業の再編が相次ぎ、
市場競争が激化した市場環境に対して、
企業のシステムが柔軟に対応する必要があるという状況が関係しています。

しかし、現代の企業のシステムは、
同じ企業内だとしてもさまざまな環境、システムが乱立している
複雑なITの環境になってきています。

それに加えて、企業合併や再編があれば、
企業同士のシステムを統合する必要も出てきます。

ソフトウェアの統合技術の考え方もありましたが、
IT環境やインターネットが普及したこともあり、
今になって再びSOA(サービス指向アーキテクチャ)の考え方や概念が
注目されるようになってきたのです。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)の特徴と具体例

SOA(サービス指向アーキテクチャ)では、コンピュータのソフトウェア機能を、
独立した「サービス」という単位で扱うことにより、
複数のサービスを組み合わせてシステムを作っていくことになります。

そんなSAOの特徴は主に3つです。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)の特徴1

アプリケーションが業務処理などの単位でサービス化されていること。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)の特徴2

オープンで標準的なインターフェースでサービスが定義され、呼び出すことが可能であること。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)の特徴3

サービスを組み合わせてアプリケーションを構築すること。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)の具体例

この特徴の説明だけでは抽象的ですので、
「在庫管理」「在庫照会」という具体的なサービスを例にして
さらに詳しく説明していきます。

物販に関するビジネス、業務を行っている場合、
商品発注プロセス、オーダー受注プロセス、倉庫管理プロセスという
3つの業務プロセスが必要になりますよね。

しかし、この3つがそれぞれ別のサービスを利用して行われる場合、
サービスの数が増えて複雑になってしまいます。

そこで、「在庫管理サービス」「在庫照会サービス」という
2つのサービスでシステムを構築します。

「在庫管理サービス」「在庫照会サービス」2つのサービスをつなぎ合わせ、
在庫照会サービスを呼び出して利用した後に在庫管理サービスを呼び出すなど、
1つの業務プロセスを行っていくこともできます。

また、他の業務プロセスを行う必要が出てきた場合には、
さらに別のサービスを追加して既存の「在庫管理サービス」「在庫照会サービス」に組み込むなど、
柔軟にサービスを取り入れ、業務プロセスを行うことができます。

その結果、複数の業務プロセスで同じサービスを利用できるので、
ITリソースを効率化していくことが可能になるのです。

SOA(サービス指向アーキテクチャ)を利用する価値・メリットとは?

最後にSOA(サービス指向アーキテクチャ)を導入・利用することによる価値やメリットです。

SOAのもともとの目的は、刻々と変化するビジネスニーズに対して
ITシステムを以下に柔軟に、効率的に対応させるか、という点にあります。

システムを市場の変化に合わせて迅速に対応させることができますし、
特定のインフラに依存しないサービスを利用することによって
ベンダー、プラットフォームの選択肢が大きく広がります。

さらに、開発者側からしても、システム開発が容易になることや、
サービスが再利用しやすいというメリットがあるため、
開発生産性の向上が図れるという大きな利点があります。

そして、システムの修正箇所が局所化されることによって、
システムを構築したり、変更したり、運用するためのコストを下げるメリットもあります。

以上がマーケティングの用語、SOA(サービス指向アーキテクチャ)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP