データベースとは?データベースの意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、データベースの意味を解説していきます。

データベースとは、
複数のアプリケーションやソフトウェア、
またはユーザーによって共有される
データの集合体を意味するWebマーケティングの用語です。

データベースは情報を一括管理するためにも使われる

データベースとはデータの集合体のことを指していて、
複数のアプリケーション・ソフトウェア、
またはユーザーによって共有されるデータの集合体です。

たとえば、顧客情報などのデータを保管しておく
サーバーなどのことをデータベースと呼びます。

データベースに情報を集め、それを複数のアプリケーション、
ソフトウェア、ユーザーで共有して使うので、
一括で情報を管理することができます。

また、データベースを外部から閲覧できなくすることで、
関係のないアプリケーションやソフトウェア、ユーザーによる
アクセスを遮ることもできます。

現在ではさまざまな形態のデータベースが存在し、
広く利用されています。

データベースでは大量のデータを集め、コンピュータで扱いやすいように整理する

データベースには複数のアプリケーション・ソフトウェア、
ユーザーによって共有されるデータが蓄積されるので、
大量のデータが蓄積されていきます。

この大量のデータをデータベースでは
コンピュータがデータの追加や削除、検索など、
データを扱いやすい状態に整理します。

また、蓄積したデータを管理するための
ソフトウェアのことを指してデータベースと呼ぶ場合もあります。

データベースに蓄積されたデータは、
情報を検索したり、蓄積された情報をデータ分析、
マーケティングへの利用など、
さまざまな方法で利用されます。

インターネットコンテンツではデータベースの利用が必要不可欠

現在、データベースはインターネットコンテンツ、
Web上のコンテンツで利用されていて、
インターネット上では必要不可欠なシステムになっています。

インターネット検索では、検索のための
膨大なデータを蓄積、整理するために
データベースの利用が必要不可欠になりますし、
チケットの予約システムやオンラインショッピングでも
データベースへのアクセスが必要になります。

ブログやWebサイトの運営をする場合にも、
記事や画像などのコンテンツを保管し
取り出せるようにするためのデータベースが必要になります。

このように、インターネット上のコンテンツ、
Webサイトでのコンテンツを管理するためのは、
データベースとの連携が不可欠になるのです。

データベースにもさまざまな種類が存在する

データベースでは大量のデータを格納し、
コンピュータを利用して
データの提供や収集、更新を行っていくシステム。

このデータベースによる情報の提供、収集、更新には
ゆっくり、時間をかけて行われるものがあれば、
即時、迅速に行われる必要があるものも存在します。

たとえば、百科事典や文献の情報の場合は
ゆっくり、時間をかけて情報の収集、提供を行う
データベースということになります。

しかし、その一方で、
銀行口座や切符・チケットの場合、
情報が即時反映される必要がありますので、
即時、迅速にデータベースの更新や情報提供が必要になります。

データベースは汎用性のあるものである必要がある

データベースは一般的にコンピュータに入っているデータのことであり、
そのデータはコンピュータのファイル構成などに関係なく、
汎用性のあるものである必要があります。

たとえば、
人名簿、住所録、政治・経済に関する新聞記事、
各種経済データ、専門用語の辞書、
技術設計データ、物理・化学の各種定数表などが
データベースで管理されるデータにあります。

他にも、マーケティングに関するデータなら、
顧客情報、過去の購買履歴、製品に関する情報などが
データベースに格納され、管理されることになります。

データベースでは、これらのデータを活用しやすい形に整理し、
コンピュータに記憶させ、
必要な時に取り出し、情報を更新したりしながら
使っていくことになります。

まとめ:データベースは今後も活用される場面が増えていく

現在は情報化社会ということもあり、
IT技術の発展が進み、扱う情報量が膨大になっています。

また、今後もインターネットやテクノロジーの進化で、
私たちが扱うことになる情報量は
さらに増えていくと考えることができます。

そのため、大量の情報・データを管理し、扱いやすい状態で保存できる
データベースは今後も活用される場面が増えていくと
考えることができます。

マーケティングにおいても、
顧客に関するあらゆる情報をデータベースにし、
適切なマーケティングを行っていく
データベースマーケティングという手法も存在します。

特にWebマーケティングを利用している場合には、
このデータベースの概念が非常に重要になり、
また、データベースを活用できるかどうかによって
マーケティングの成功が左右すると言うこともできます。

以上が、マーケティングの用語、データベースの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP