ダイレクトマーケティングとは?ダイレクトマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ダイレクトマーケティングの意味を解説していきます。

ダイレクトマーケティングとは
ダイレクトメール(DM)やEメール、
FAXや電話などのダイレクトメディアを使って
顧客とコミュニケーションを取る
マーケティングの手法です。

テレビや雑誌、新聞などのマスメディアで不特定多数に対して
一方的に情報発信を行うマスマーケティングに対し、
ダイレクトマーケティングは
直接的に顧客とコミュニケーションを取ります。

ダイレクトマーケティングは
アメリカのレスターワンダーマンが提唱した
マーケティングの概念、戦略と言われていて、
コミュニケーションの無駄を最小限に抑えることのできる
マーケティングの手法とされています。

DMA(アメリカダイレクトマーケティング協会)が
世界最大のダイレクトマーケティングの団体で、
ダイレクトマーケティングに関する非常に多くの資料などを
所有していると言われています。

ダイレクトマーケティングでは顧客ひとりひとりとコミュニケーションを取る

ダイレクトマーケティングでは
顧客ひとりひとりと直接的なコミュニケーションを取ることで
注文や問い合わせ、購入などの成約(コンバージョン)を
狙っていくマーケティングの手法になります。

そのため、マスメディアを使ったマスマーケティングよりも
より効率的に、それぞれの顧客に対して最適な情報を届けられる
無駄の少ないマーケティング手法として
ダイレクトマーケティングは注目されています。

また、ダイレクトマーケティングという名称から、
インターネット販売や通信販売で
メーカーが小売店を通さずに直接「ダイレクトに」顧客・消費者に対し
製品やサービスを販売するケースのことを指す場合もあります。

ダイレクトマーケティングでは顧客との双方向のコミュニケーションが取られる

ダイレクトマーケティングは
不特定多数を対象に販促を行うマスマーケティングと違い、
最初にターゲットとなる顧客を設定します。

ターゲットとして選ばれた顧客に対して
直接メッセージを届けて販売を行うのが
ダイレクトマーケティングになります。

また、ダイレクトマーケティングでは、
メッセージを一方的に届けるだけでなく、
顧客からのメッセージも受け取る
双方向のコミュニケーションを行っていきます。

双方向のコミュニケーションを行うことによって、
ダイレクトマーケティングでは
顧客の反応を測定しながら販促活動を行っていきます。

具体的なダイレクトマーケティングの例としては、
テレマーケティング、ダイレクトメール、
通信販売、ネットショッピングなどが含まれます。

ターゲットとなる顧客の反応を測定しながら
次に取るべきマーケティング戦略、コミュニケーションを
考えていくことができるので、
ダイレクトマーケティングは効果的なマーケティングを
行うことができる手法だと言われています。

ダイレクトマーケティングはレスポンスの計測で効果を測定できる

ダイレクトマーケティングの特徴に、
販促活動などのプロモーションの結果を
消費者・顧客からのレスポンスで測定できることがあります。

従来の一般的なマスマーケティングでは
顧客が商品認知をしたり、興味喚起をすることを
期待してマーケティングを行いますが、
本当に効果があったのかを測ることが難しいとされています。

多くの場合、マスマーケティングでは
統計的な結果しか得ることができず、
本当にその宣伝広告に効果があったのかどうかを
測定することは難しいとされています。

しかし、その一方で、ダイレクトマーケティングは
消費者・顧客と双方向のコミュニケーションを取ることから、
レスポンスによって結果、効果を測定することができます。

そのため、ダイレクトマーケティングでは、
本当に効果があった宣伝広告、マーケティング施策に絞り込み、
ビジネスを継続していくことができます。

マスマーケティングでは本当に効果があるのかどうか、
明確な答を得られないまま続けなくてはいけませんが、
ダイレクトマーケティングなら
確実に効果のある戦略のみを継続し、
効率的に利益・収益を上げていくことにつなげることができます。

まとめ:ダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングはもともと
アメリカで普及していたマーケティング戦略ですが、
現在では日本でも広く普及している
マーケティングの手法になっています。

多くの企業で成功事例があり、また、
低いコストで高いマーケティングの効果が期待できることから
ダイレクトマーケティングは
重要なマーケティングの概念、戦略といえます。

また、ダイレクトマーケティングは
マスマーケティングと違い、
大企業だけでなく、個人や中小企業でも
簡単に取り入れて効果を期待できるマーケティングの戦略です。

本当に自社のマーケティング戦略で効果が出ているのかが
不明瞭になっている場合には、
特にダイレクトマーケティングを取り入れる価値があると
考えることができるのです。

以上が、マーケティングの用語、ダイレクトマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP