データエントリーとは?データエントリーの意味を丁寧に解説

好きなこと・趣味を活かして毎月収入が安定する会員制ビジネスを作る方法、教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

マーケティングの用語、データエントリーの意味を解説していきます。

データエントリーはデータを入力して電子化すること、
またはその作業を行う仕事・業務を指す場合もあります。

データエントリーを
正確に、短時間で行うためのデータエントリーシステムも存在し、
データエントリーと一口に言っても
様々な情報が存在しますので、
今回はデータエントリーとは何か?
データエントリーの意味、データエントリーシステムについて
解説をしていきます。

データエントリーとは紙媒体などのデータを入力して電子化すること

データエントリーとは、簡単に言えば、
紙媒体やPDF、音声に存在する数値などのデータを
パソコンを使って電子化し、扱いやすい状態にすることです。

Excel(エクセル)などの表計算ソフトや
データエントリーシステムと呼ばれるシステムに、
紙媒体に記載されているデータやPDFファイルに記載されているデータ、
会議の録音などの音声や顧客との電話のやり取りなど、
まだ電子化されていないデータを入力していき、
業務で扱いやすい形式で保存していきます。

他にも、USBメモリや外付けHDDなどの記録媒体・記憶媒体から
パソコンにデータを読み込むことを指して
データエントリーと呼ぶこともあります。

パソコン・コンピュータを使ってデータを管理・分析する現在では
データエントリーは必要不可欠な業務・作業になっています。

データエントリーに必要なデータエントリーシステムとは?

データエントリーで数値などのデータを電子化する場合、
Excel(エクセル)をはじめとした表計算ソフトなど
一般的なビジネス用のソフトウェアを使うこともあれば、
データエントリー専用に開発されたデータエントリーシステムという
専用のシステムを利用してデータエントリーを行う場合もあります。

Excel(エクセル)などの一般的なソフトウェアを使うよりも
データエントリーシステムを使う場合には
さまざまなメリットがあるからです。

たとえば、このようなメリットがあります。

データエントリーシステムを利用するメリット1:精度の高いデータ入力

データエントリーシステムを利用すれば、
入力の際に様々な機能を利用してデータエントリーの支援を行います。

データエントリーで扱うデータの中には
取引先のデータや重要な顧客情報など、
入力ミスが許されない案件がほとんどです。

そのため、データエントリーの業務では
正確な、高精度なデータ入力は最も重要なことになります。

データエントリーシステムを利用するメリット2:業務の高速化

データエントリー業務で企業にとって最も大きなコストは
「人件費」になります。

データエントリーシステムを導入することによって
同じ時間ないでもより多くのデータ入力ができるようになりますので、
人件費を削減できて、企業の利益につながります。

データエントリーシステムによる
業務の高速化にも大きなメリットがあるのです。

データエントリーシステムを利用するメリット3:生産性・効率の維持

データエントリーは人間が行う作業になるので、
長時間の業務・作業となれば生産性や効率が低下してしまいます。

様々な入力支援のシステムがあるデータエントリーシステムを使うことで
少しでも生産性を維持し、業務の効率を保つことができます。

データエントリーの業務内容とは?

データエントリーの業務を行うスタッフを募集する場合、
アルバイトとしての募集が多くなりますが、
事務スタッフとしてフルタイムでの業務となる場合もあります。

アルバイトの場合、コールセンター業務としての勤務となり
お客様からの電話に対応しながら
付随業務としてデータエントリーの入力となる場合が多いです。

他にも、データエントリーを中心として
事務作業全般をこなす業務も存在します。

その場合、データエントリーの業務を重点的にとらえている企業が多く、
パソコンに関するスキルが必要となる場合があります。

具体的に言えば、タイピングのスピードがあります。

正確に、素早くタイピングすることができれば、
それだけデータエントリー業務の効率化につながるので、
タイピング能力はデータエントリーでは重要視されるスキルの1つです。

他にも、データエントリーシステムを扱うことになるので、
一般的なパソコンの知識、スキルは必要になってきます。

まとめ:データエントリー

現在では多くの企業が顧客データをはじめ、
あらゆるデータをデータベースで管理し、
パソコンを使って検索、分析などを行っています。

そのため、
アナログ媒体や会話・音声などから
必要なデータをデータベースに入力していく
データエントリーは非常に重要な業務になります。

自社のデータエントリー業務は
Excel(エクセル)などを使った簡単なものでいいのか、
それともデータエントリーの導入や
専門のスタッフが必要になるのか。

データエントリー業務についても
見直していく必要性があるのではないでしょうか。

以上が、マーケティングの用語、データエントリーの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

追伸.メルマガ及びリストマーケティング成約率97%超も可能な自動化ノウハウをこっそり教えてます


無料でちょっとだけ覗いてみる

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP