DMPとは?DMP(データマネジメントプラットフォーム)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
DMP(データマネジメントプラットフォーム)の意味を解説していきます。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)とは
インターネット上に蓄積されている
さまざまなデータを統合管理し、さらに分析を行うプラットフォームです。

ユーザーに対して最適化された広告を配信して
効果的なマーケティング活動の実現を目指すのが
DMP(データマネジメントプラットフォーム)です。

他にも、DMP(データマネジメントプラットフォーム)では
インターネットを使ったオンライン、使わないオフライン問わず
取得できたあらゆる顧客データを統合管理・分析を行い
マーケティング活動に活用していくこともあります。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)は膨大な顧客データを分析して広告配信を効果的にするためのプラットフォーム

DMPとは、Data Management Platform(データマネジメントプラットフォーム)の
3つの単語の頭文字を取り省略したマーケティングの用語で、
インターネット上に蓄積された、また、
自社がオンライン・オフライン問わず集めた
膨大なデータを統合管理し、分析するプラットフォームです。

データマネジメントプラットフォームの名前の通り、
DMP(データマネジメントプラットフォーム)は
データをマネジメント、つまり管理するためのプラットフォームです。

インターネットに接続されている様々なサーバー、
それに自社のログデータや顧客情報など、
自社が収集することができるあらゆる顧客の情報を集め、
統合・分析していくのがDMP(データマネジメントプラットフォーム)です。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)で
顧客情報を分析していくことによって
自社のマーケティング活動における最適な広告の配信プランを決定したり、
効率的な広告配信に役立てていくことができます。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)は2種類に分類される

DMP(データマネジメントプラットフォーム)は
大きく2種類に分類することができます。

1つは、オーディエンスデータなど、
他社にも提供される広告配信先を格納した
オープンDMPです。

そして、もう1つが企業が自社で蓄積したWebログや顧客データを
利用するためのDMP(データマネジメントプラットフォーム)である、
プライベートDMPです。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)の種類:オープンDMP

オープンDMPはWebサイトにアクセスしたユーザーの興味関心などの
情報を集めたオーディエンスデータなど、
Cookieを使ったターゲティング広告にも利用される
データを統合管理し、分析するためのDMP(データマネジメントプラットフォーム)です。

オーディエンスデータなど、他社と共有する
「オープンな」情報を集め、管理し、分析するDMP(データマネジメントプラットフォーム)だから
オープンDMPと呼ばれています。

他社やWebサイト上のサーバーにある情報を共有する必要があるので、
クラウド型のDMP(データマネジメントプラットフォーム)になっています。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)の種類:プライベートDMP

もう一つのDMP(データマネジメントプラットフォーム)が
企業が広告配信やマーケティングの施策に利用する
プライベートDMPです。

オープンDMPが扱う、
インターネット上にあるサーバーが保管しているデータの他にも、
企業が独自に収集した顧客情報なども含まれたデータを扱う
DMP(データマネジメントプラットフォーム)です。

オープンDMPが扱うデータに加え、企業が独自に扱う、
購買情報、ユーザープロファイル、各種プロモーションの結果など
マーケティングデータを集約することで、
外部のオーディエンス情報、自社の持っているデータを組み合わせて
マーケティング戦略に利用していくことができます。

オープンDMPはクラウド型のDMP(データマネジメントプラットフォーム)ですが、
プライベートDMPの場合は企業独自のデータも扱うことから
企業側にデータの格納先がある、という特徴を持った
DMP(データマネジメントプラットフォーム)になります。

プライベートDMPを扱う場合、企業内でデータを統合・分析できるように
データを整備していく必要があるので、
導入の敷居がオープンDMPよりも高くなります。

その分、マーケティング活動においては
非常に有効なデータを扱うことができるというメリットもあります。

まとめ:DMP(データマネジメントプラットフォーム)とは?

DMP(データマネジメントプラットフォーム)は
インターネット上に存在しているオーディエンスデータや
企業が保持する膨大な顧客データを統合管理するための
プラットフォームです。

情報化社会となり、マーケティングにおいても
膨大な情報、ビッグデータを扱う必要性がある現在では
非常に重要なシステムの1つであると考えることができます。

以上が、マーケティングの用語、DMP(データマネジメントプラットフォーム)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP